1. TOP
  2. 5.病気
  3. 犬がぐったりして嘔吐もしている!どう対処するべき!?
Sponsored Links

犬がぐったりして嘔吐もしている!どう対処するべき!?

    特に持病もないのに、
    飼い犬が急にぐったりして
    嘔吐や下痢をし出した・・・。

    室内飼いパグ2

    少し家で休ませた方がいいのか、
    夜間救急に行った方が良いのか、
    心配ですよね。

    犬の急なぐったり・嘔吐・下痢には、
    どんな原因が考えられるのでしょうか?

    今回は、犬が急にぐったりして
    嘔吐もしているときに考えられる原因を、
    まとめました。

    Sponsored Links

    犬がぐったりしている!症状別で考えられる原因や病気の可能性は?

    下痢や嘔吐がみられる

    ぐったりに加えて
    下痢や嘔吐がみられる場合、
    感染症や炎症
    おこしているかもしれません。

    ぐったりして下痢や嘔吐をしている場合の原因
    ●感染症
     -犬パルボウイルス感染症
     -犬レプトスピラ症
     -犬コロナウイルス感染症
     -犬ジステンパーウイルス感染症
          
    ●内臓の炎症(胃腸炎・膵炎など)
          
    ●腸閉塞(異物の誤飲など)

     

    感染症はそれぞれ、

    • パルボウイルス
    • レプトスピラ細菌
    • コロナウイスル
    • ジステンパーウイルス

    というウイルスや細菌に
    感染することでおこります。

    ウイルスや細菌は、
    感染した犬やネズミなどの糞や尿に含まれ、
    それを舐めたり口にすることで感染します。

    感染した犬はぐったりと元気がなくなり、
    下痢や嘔吐を繰り返します。

    重症化した場合は命の危険もある病気です。
    動物病院に急ぎましょう。

    年1回の予防接種で予防できます。

    img_0

    内臓で炎症がおこっている場合、
    軽度であれば自然に回復します。

    しかし重症の胃腸炎や膵炎は
    投薬治療が必要なので、
    早めに獣医さんの診察を受けましょう。

    胃腸炎の多くは異物の誤飲が原因でおこり、
    膵炎を併発することもあります。

     

    Sponsored Links

     

    dog0011-018

    腸閉塞はなんらかの原因で腸が詰まり、
    重症の場合は命にかかわる病気です。

    多くの場合、おもちゃなどの
    異物の誤飲が原因でおこります。

    ※参考記事:
    犬が誤飲をしてしまった!
    プラスチックの場合はどうするべき?

     

    感染症や胃腸炎・腸閉塞について、
    詳しくは犬の病気事典 Petwellさんが
    大変参考になります。
    http://www.petwell.jp/disease/dog/

    熱があり震えている

    人間と同様に、
    犬も風邪をひいたり炎症をおこすと
    発熱します。

    犬の平熱は約38度なので、
    40度を超えると発熱状態になります。

    ※参考記事
    犬の発熱!どう対処する?
    熱の測り方や下げ方は?

    ぐったりして熱があり震えている場合の原因
    ●感染症
     -犬パルボウイルス感染症
     -犬レプトスピラ症
     -犬ジステンパーウイルス感染症
     -風邪
          
    ●内臓の炎症(胃腸炎・膵炎など)
          
    ●チョコレート中毒
          
    ●熱中症

     

    発熱した上に震えていると
    とても心配になりますが、
    たいていの場合は寒気による震えなので、
    あまり心配はいりません。

    あたたかくして、
    安静に休ませてあげましょう。

    脳震盪11

    しかし、
    チョコレート中毒による震えには
    注意が必要です。

    犬はチョコを食べると中毒になり、
    震え・下痢・嘔吐・昏睡をおこして
    最悪の場合死に至ります。

    「チョコ食べちゃったかも!?」
    と思ったら、
    すぐに病院に連れていきましょう。

    チョコレート中毒について、
    詳しくは↓こちら↓をご覧ください。
    チョコレート中毒について

    脳震盪10

    また、熱中症でも発熱することがあります。

    熱中症が疑われるときは、
    涼しい場所に移動させて水分補給をしながら
    病院に急ぎましょう。

    ※参考記事
    犬の脱水症状!
    老犬の場合に出やすい症状と治療法とは?


    Sponsored Links

    血便の下痢をしている

    血便の下痢は、体のどこかで
    炎症や病気がおこって出血している証です。

    特に黒っぽい色の血便の場合、
    ガンなどの重篤な病気が
    発生している可能性
    もあります。

    下痢自体、体力を消耗しますし
    出血が続くと貧血になって危険
    です。

    血便がでたら、
    すぐに獣医さんの診察を受けましょう。

    その際血便を持っていくと
    スムーズに原因がわかります。

    ぐったりして血便の下痢をしている場合の原因
    ●赤色の血が混じっている下痢
     -肛門付近で炎症がおきた
          
    ●うんちの表面に血液混じりの
     粘液が付着している下痢
     -寄生虫の感染(鉤虫)
     -タマネギ中毒
          
    ●水のような赤い下痢
     -犬パルボウイルス感染症
          
    ●黒色の下痢
     -消化管からの出血
          
    ●タール状の下痢
     -消化管からの出血
     -呼吸器からの出血

     

    予防接種を受けている犬の場合、
    もっとも注意すべきなのは
    タマネギ中毒です。

    犬はタマネギを食べると
    血液中の赤血球が傷つけられ、
    血便・血尿、下痢・嘔吐といった
    つらい症状をおこします。

    致死量は5Kgの犬なら1/4玉程度
    犬の体質によってはもっと少量でも
    命の危険があります。

     

    タマネギのほかにも、
    犬には危険な食べ物があります。
    こちらの動画をご覧ください。
    (所要時間:1分46秒)

    ※参考記事
    犬に絶対与えてはダメな野菜とは?

     

    Sponsored Links

    ぐったりして動かない

    下痢や嘔吐などの症状はないけれど、
    とにかくぐったりしているときには
    なにか痛みや病気を
    抱えている可能性
    があります。

    できるだけ早く、病院に行きましょう。

    ぐったりして動かない場合の原因
    ●低血糖
          
    ●腎不全
          
    ●膀胱炎
          
    ●子宮蓄膿症
          
    ●熱中症

     

    低血糖は子犬や老犬でおこりやすく、
    重症化すると命の危険もあります。

    応急処置として砂糖水を口内に塗りつけて
    動物病院に急ぎましょう。

    味覚14

    腎不全や膀胱炎は、
    細菌感染などなんらかの理由で
    腎臓や膀胱が障害をおこす病気です。

    どちらも初期段階では症状が外に出にくく、
    早期発見が難しい病気です。

    定期的な尿検査をおすすめします。

     

    子宮蓄膿症は子宮内に膿がたまる病気です。

    大腸菌などの細菌感染が原因で、
    重症化すると腎不全をひきおこしたり、
    死に至る危険もあります

    避妊手術で100%予防で可能です。

    ぐったりと元気がない・・・食欲がない時と食欲はある時の違いは?

    ぐったりとして元気はないけれど、
    食欲がない時と食欲はある時の違いは
    どこにあるのでしょうか?

    食欲がない時の原因
    ●感染症
          
    ●内臓の炎症
          
    ●子宮蓄膿症
          
    ●腎臓病・膀胱炎
          
    ●熱中症  など

     

    食欲はある時の原因
    ●風邪ぎみや退屈
          
    ●軽い熱中症や夏バテ
          
    ●病気の初期症状

     

    食欲がある時
    軽い風邪や病気の初期症状など、
    軽症な場合がほとんどです。

    診察は受けた方がいいですが、
    夜間の救急病院に行く必要はありません。

    しかし食欲がない時は、
    なんらかの病気の可能性が高いです。

    今すぐに獣医師の診察を受けましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    ぐったりしている上に、
    嘔吐と下痢をしているときは
    怖い病気の恐れがあります。

    食欲がある時は少し様子見でもOKですが、
    できるだけ急いで動物病院に連れて行き、
    一日も早く回復させてあげましょう。

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪




    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    安田

    安田

    記事を読んでくださってありがとうございます!


    小さい頃から大の動物好きで、

    今は5才になる雑種犬と暮らしています。

    犬を飼うって、本当に楽しいです♪

    でも、私のしつけは正しいのかな?とか、

    病気になったらどうしよう・・・とか、

    不安もたくさんあります。


    犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を

    みなさんにお届けできたらと思っています。

    どうぞよろしくお願いします。