1. TOP
  2. 犬のお腹のたるみは老化の兆候?病気との見分けかたとは?
Sponsored Links

犬のお腹のたるみは老化の兆候?病気との見分けかたとは?

 2017/01/11 老化・老犬
  3,219 Views

    「最近お腹がたぷたぷしてきた。。
    ハリもないし、つまめば伸びるし、
    いやだわぁ…年かしら??」

    ↑みたいなこと、
    思ったことありませんか?

    いえいえ、
    お父さんのお腹ではありませんよ( *´艸`)

    愛犬のお腹で”のお話しです。

    人間だと『メタボ腹』なんて言いますけど、
    犬だって年とともに
    お腹がたるんだり膨らんだりします

    老化の仕方は、犬も人も同じなんですねぇ…。

    でも!
    安易に「もう年だから仕方ない」
    と放置するのは危険です。

    病気によるたるみ&ふくらみの場合も
    ときにはあるのです!

    今回は、

    • 犬のお腹のたるみや膨らみの原因
    • 老化現象と病気はどこで見分ける?

    についてご紹介します。

    たとえ老化が原因だったとしても、
    愛犬にはできるだけシュっとした
    若々しいお腹でいて欲しいですよね。

    そのために”犬の老化を防ぐ方法”も
    調べてみました♡

    お腹のたるみを防ぐ=犬の健康を保つこと
    につながります!

    愛犬の若々しさと健康を、
    しっかりと守ってあげましょう♪

    Sponsored Links

    犬のお腹のたるみや膨らみはどんな原因が考えられる?

    chihuahua-582319_640

    「病気によって
    お腹がたるんだり膨らんだりする場合もある」
    とお話ししましたが、
    具体的にはどんな原因が
    お腹をたるませたりするのでしょうか?

    調べたところ、

    • 老化現象
    • 腹水
    • クッシング症候群

    によるものが多いようです。

    老化現象

    老化にともなって

    • 筋力が低下
    • 脂肪の蓄積(基礎代謝の低下)

    するため、お腹に脂肪がたまって
    タプタプぷにぷに腹になってしまいます。

    愛犬の老化はショックですが、
    これもチャームポイントです。

    お腹をさわって、ぷにぷにを楽しみましょう♪

    腹水

    癌や子宮蓄膿症などさまざまな疾患により、
    腹水がたまってお腹が膨らむこともあります。

    全身は痩せているのに
    お腹だけ膨らんでいるのが特徴です。

    獣医師による治療をうけましょう。

    クッシング症候群

    ホルモンの異常によって腹筋が弱くなり、
    お腹がたるむ場合もあります。

    専門医による適切な治療が必要です。

    老化現象と病気はどこで見分けたらいいの?

    005e463a4fa1996583362c5ff6c2a78f_s

    ご紹介した病気と老化現象は、
    どこで見分けたらいいのでしょうか?

    これはもうずばり、
    獣医師に診てもらう”しかありません。

    一般的に、

    • 老化による膨らみ→
      ・ぷにぷにしたさわりごこち
      ・全体的にたるんでる
    • 病気による膨らみ→
      ・張っていて触ると痛がることも
      ・お腹以外は痩せている
      ・脱毛など他の症状もある

    ことが多いですが、
    素人判断は危険です!

    病気を見逃さないために、
    シニア期(6才以上)にはいったら
    定期的な健康診断をおすすめします。

    老犬は定期的な健康診断が必要

    老犬が病気になった場合は、
    できるだけ早い治療開始が大切です。

    老犬は体力がないため、
    大丈夫だろうと素人判断している間に
    病気に負けてしまうこともあるのです。

    ”なんだか元気がないから病院に行く”
    ではなく、
    元気だけど定期的に病院に行く
    という方針に切り替えましょう。

    まめに獣医師に診断してもらえば、
    病気を早期発見&早期治療できます(*’ω’*)

    Sponsored Links

    犬の老化を防ぐ方法はある?

    d993ff1e45a28bb7b410153ed9f9ac6a_s

    人間でも”アンチエイジング”が
    流行ってますが、
    犬の老化を防ぐ方法もあるのでしょうか?

    おすすめなのは、

    1. シニア用のフードへの変更
    2. 老犬用のマッサージを行う
    3. 老犬に必要な栄養素を与える

    という3つの方法です。

    1.シニア用のフードへの変更

    若い頃とシニア期では、
    日々の消費カロリーや
    必要な栄養素などが違います。

    若い頃と同じフードでは、
    肥満になってしまいます

    肥満は万病の元です!

    6才を過ぎたら、
    シニア用のフードに変えましょう。

    2.老犬用のマッサージを行う

    老犬用のマッサージをしてあげると、
    リンパや血液の流れがよくなります。

    うっとりしてますねぇ。

    優しい飼い主さんの手
    全身をなでてあげましょう♡

    きっとリラックスしてくれますよ(*^^*)

    3.老犬に必要な栄養素を与える

    老犬には、

    • 高品質なたんぱく質
    • たっぷりのビタミン
    • 適切量の脂肪分
    • 良質な水分

    が必要です。

    シニア用のフードに
    サプリやおやつをプラスして、
    老犬に必要な栄養素を
    しっかりと与えましょう。

    まとめ

    fd9c4e84d5ee6017bb4df9d94af12e70_s

    いかがでしたか??

    犬のお腹のたるみや膨らみは、

    • 老化現象
    • 疾患による腹水
    • クッシング症候群

    が原因の場合が多いです。

    「もう年だから…」と素人判断はせずに、
    必ず獣医師の診察をうけましょう

    老犬になったら、
    定期的な健康診断をおすすめします。

     

    犬の老化を防ぐには、

    1. シニア用のフードへの変更
    2. 老犬用のマッサージを行う
    3. 老犬に必要な栄養素を与える

    のがおすすめです。

    ペットショップや獣医師に相談して、
    愛犬に合ったフードに
    切り替えてあげてくださいね♡

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    安田

    安田

    記事を読んでくださってありがとうございます!

    小さい頃から大の動物好きで、
    今は5才になる雑種犬と暮らしています。
    犬を飼うって、本当に楽しいです♪
    でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
    病気になったらどうしよう・・・とか、
    不安もたくさんあります。

    犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
    みなさんにお届けできたらと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

      コメントを残す

      *

      CAPTCHA