1.ドックフードランキング

低脂肪のドッグフード!シニアおすすめランキングTOP5【口コミ】

私達人間も年老いていくように愛犬も
年を取っていきますよね。

愛犬がシニア期に入ると、若い時期と
比べ、睡眠時間が長くなったり、毛色が
薄くなってしまったり、食欲が低下したり
します。

運動量が少なくなることや、消化器の
働きも衰えてしまい代謝が落ちてしまいます。

ですので、アンチエイジングをして老化を
遅らせるという方法を取る方もいますよね。

そこで今回はシニア期の食生活に視点をあて

  • シニア用と成犬用フードの違いは?
  • シニア用フードの選び方
  • シニア期って何歳から?

についてご紹介しますね♪

シニア用フードのおすすめランキング
しますので、是非参考にしてくださいね。







シニア向け低脂肪ドッグフードおすすめランキングTOP5!

シニア期の犬に向けたフードで人気が
あり、おすすめしたいと思うフードを
ランキング形式で発表したいと思います!

口コミもあるので見て行ってくださいね♪

第1位「犬心」~糖&脂コントロール

出典:http://dog-to.com/

年齢と共に高くなる病気へのリスクを
毎日のフードでケアできたら嬉しい
ですよね。

そこで一番にオススメしたいのが
「犬心」ドッグフードです。

命に関わる7疾患を全てケアしてくれる
低糖・低脂のナチュラル療法食ですが、
もちろん予防食としても有用です。

◎互いの併発リスクが高い7疾患

  • クッシング症候群
  • 膵炎(すいえん)
  • 甲状腺機能低下症
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • メタボ・肥満
  • 脂質代謝異常症

添加物や穀物も不使用で自然素材を
使用し、人間でも食べられる安心の
手作り製法となっています。

【7疾患ケアのヒミツ~4つの特徴】

  1. ダイエット・体重管理
  2. 血糖値コントロール
  3. コレステロール・中性脂肪ケア
  4. 腸の健康+免疫力キープ

犬心の口コミは?

犬心の口コミと見てみると・・

5才のときにクッシング症候群を発症。そのわずか1ヶ月後に糖尿病を併発していると聞いて、本当にショックでした。
「犬心」の存在を知り、試したところ、とても良く、口にも身体にも合っていると感じています。

甲状腺機能低下症を患い、首からはじまり、お腹や背中にかけて毛が抜けてしまったときは、本当にショックでした。
「犬心」で、状態をキープできているように思います。

膵炎・糖尿病・高脂血を併発し、本当にショックでした。ダメかもしれないと思ったこともありました。
犬心は、食いつきが良く、便質が程なく変わりウチのワンコに合っているなと思いましたね。

併発した病気にもひとつのフードで
対応できる有難さが伝わってきますね。

シニアや老犬となると食も細くなり
運動量も減るのでドッグフードで
しっかりと食事管理と病気予防
できるのが理想的と言えます。

気になるその他の口コミや商品の魅力を
是非公式サイトで確認してみて下さい。

⇒「犬心」を公式サイトで確認

 

まとめ買いや定期コースを利用すると
食いつきチェック用サンプル200g
ついてキャンセルOKなので気軽に
お試しできる所もオススメポイントです。


Sponsored Links





第2位オリジン シニア

引用:http://www.appledog.jp/orijen/orijenfood/orijen_senior.html

オリジンは筋肉を維持するための
たんぱく質が豊富で、健全な体重を維持
できるように、肉の割合が85%も使用
されているフードです!

オリジンはペットフードに与える国際的な
賞であるペットフード・オブ・ザ・イヤー
2009年から3年連続で選ばれている安心
のメーカーです。

オリジンのポイントは以下のようになります。

  • 穀物不使用
  • 動物性たんぱく質が豊富
  • 新鮮なチキンとニシン、サーモンを
    豊富に使用
  • グルコサミン、コンドロイチンが豊富
  • 海産オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
    が豊富

オリジンの口コミは?

では口コミを見てみましょう♪

コスト的には多少高いかな、と思いましたが、シニア期の愛犬のために購入しました。 消化がいいのか、嘔吐がなくなり、毛ヅヤが良くなってきました!

オリジンは初めて与えた瞬間から、排便状態から、評判がじゅうぶん納得できました。 これからも与えていきたいと思います♪

などの声が挙がっていました!

価格は2.27㎏で5,700円なので若干
高いかなという印象を受けますが、
フードの質を考えると、適正と言えるの
でしょう!

⇒オリジンシニアを公式サイトで確認

 

第3位アカナ ヘリテージ シニア

引用:http://www.green-dog.com/shop/products/detail.php?product_cd=ACANASD2-00

アカナは、カナダの豊かな自然が育んだ、
地元産新鮮原材料を使用したフードです!

地元農場産の放し飼い鶏肉や、バンクー
バー島の高品質天然カレイなどの肉原材料
が60%も入っており、低カロリー、
高タンパクのフードです!

アカナのポイントは以下のようになります。

  • 低GI穀類使用
  • 低アレルギー
  • 多彩なフルーツや野菜・ハーブを使用
  • 無冷凍・保存料不使用の状態で輸送

アカナの口コミは?

口コミはどうでしょうか?

美味しそうに食べてくれるのですが、粒が大きいので、砕いて与えています。 アレルギーの症状が緩和されてきたので、嬉しいです!

子犬の時からアカナを与えていたので、年齢に合わせてずっと愛用しています。 成長に合わせて豊富な種類の中から選べるので助かっています!

などの声が挙がっていました!

ストレスフリーで育てられた鶏たちの
お肉は、ステロイドなども不使用なので
安心できます♪

ただ、粒が他の商品と比較して大き目
のようなので、ふやかしたり砕くといい様子
ですね!

⇒アカナを公式サイトで確認

 

第4位ネルソンズドッグフード

引用:https://www.nelsonsdogfood.jp/

ネルソンズはイギリスのトップブリーダー
が開発したフードです!

ネルソンズは生後7か月~7歳までの
対応フードですが、成分がとても良いので
シニア期にも向いています。

シニア期になると偏食も多くなりがちで
シニアフードを食べてくれないという声も
多数聞くので、その場合は、通常のフード
を与えてもいいでしょう。

ネルソンズのポイントは
以下のようになります。

  • 穀物不使用
  • 添加物不使用
  • オリゴ糖配合
  • サーモンオイル、海藻成分配合

ネルソンズの口コミは?

ネルソンズの口コミはどうでしょうか?

涙やけの改善に購入しました! アレルギーの対策があるフードなので安心して与えられます。 毛並みもサラサラになってきました!

オリゴ糖が配合されているので、お通じが良くなりました! お腹の調子が整うと、いつにも増して元気いっぱいになりました!

などの声が挙がっています!

オリゴ糖の配合は、消化をサポート
してくれますし、お腹の調子を整えて
くれるのでシニア期に嬉しい成分ですね!

⇒ネルソンズを公式サイトで確認

 

第5位ナウフレッシュ シニア

引用:http://www.green-dog.com/brand/nowi.html

ナウフレッシュはカナダが原産のフード
です!

新鮮さに徹底的にこだわり、新鮮な
食材が持っている栄養素をできるだけ
活かした製造をしています♪

少量をゆっくり時間をかけて90℃で調理
し、新鮮素材のチカラを最大限発揮させて
いるフードです。

ナウフレッシュのポイントは以下のように
なります。

  • 100%フレッシュミート(七面鳥)
  • サーモンの生肉部分のみ使用
  • 新鮮な4種のベリー、
    野菜をふんだんに使用
  • ココナツオイル使用

ナウフレッシュの口コミは?

では口コミを見てみましょう♪

他のフードと比べて値段が比較的安いので、助かっています。 1ヶ月程与えているのですが、毛並みがよくなりました!

食いつきも抜群で、体調も超良好♪ 穀物不使用、原材料も安心できるものばかり。 うちの子たちにとって、とても良いフードに出会えることができました。

との声が挙がっています♪

ナウフレッシュはシニア用に2つの
種類を用意しているので選びやすいと
いう点もあります。

容量も454gで1,188円~と購入しやすく
お試し感覚で購入できるのも魅力です。

⇒ナウフレッシュを公式サイトで確認

 


Sponsored Links





シニア用ドッグフードとは?成犬用とどんな違いがあるの?

ドッグフードには子犬用、成犬用、シニア
用とそれぞれライフステージごとに販売
されていますが、何が違うかご存知で
しょうか?

子犬用は運動量や体の基礎を作るために
栄養価がとても高いものです。

では、成犬用とシニア用の違いは一体
どんなところなのか疑問に思いますよね!

実は、成犬用とシニア用のフードの違いは、
原材料の種類や成分のバランスに違いが
あるのですよ♪

例えば、消化能力が衰えてくるシニア期
には、消化吸収のよいタンパク源
中心にブレンドされたものや、運動量の低下
のため、低カロリーに作られているもの。

また、関節などのサポートをするために
コンドロイチンやグルコサミンの配合を
しているものもあります。

ライフステージごとに必要な栄養素を
食事の基本となるフードで摂取するため
にも、それぞれの年齢に合ったフードを
選んであげることが大切です♪


Sponsored Links





シニア用ドッグフードを選ぶ基準は?

シニア用フードと言っても、各メーカーから
たくさんの種類が販売されていて、どんな
ものを購入したらいいのか迷ってしまいます
よね!

そこで、シニア用フードを選ぶ基準なのです
が、愛犬のスタイルに合わせて購入すると
言う方が多いですね!

例えば、歯が抜けてしまい、硬いものを食べ
づらそうにしている犬には、モイストタイプ
半生フードを与える方もいますし、関節の
サポートのため、グルコサミンなどの成分が
入っている物を選ぶ方もいます。

なので、そのような体調面のサポート以外
で、基礎としてどのようなものを選べば
いいのかのポイントをお話しますね♪

シニア用フードを選ぶ基礎基準
以下のものが挙げられます。

  • タンパク質の質
  • 穀物不使用
  • 肉以外にも魚が含まれるもの
  • 低カロリーのもの

特に大切なのは、たんぱく質の質です。
たんぱく質は、体を維持するのに一番
必要となるもので、血や骨、筋肉、
皮膚、被毛などを作ります。

市販フードに含まれる4Dミートや副産物
などではなく、ヒューマングレードの動物
の肉や内臓などの割合が高く老犬が
消化・吸収し易いもの
を選んであげる
必要があります。

また、穀物類は犬は消化しづらく、シニア期
に入れば尚更、消化能力が衰えてしまい嘔吐
してしまったりするので、穀物不使用の
フード
を選んであげることも大切なポイント
です。

肉以外に魚も取り入れたフードは、脳の
働きをサポートするDHAや炎症の抑制
効果が期待できるEPAなどが含まれていま
すし、関節サポートのためのグルコサミン、
コンドロイチンが含まれるためです♪

そして、運動量が低下することにより
生活習慣病の抑制のために低カロリーの
ものを選んであげましょう。


Sponsored Links





何歳からシニア用に切り替えたらいい?

犬は人間とは異なるスピードで成長
しますよね。

よく、人間の年齢に置き換えてお話を
しますよね♪

犬の年齢を人間に置き換えると
小・中型犬は、1年で人間の15歳、
2年で24歳、3年目からは1年が
人間の4歳分です。

大型犬は、1年で12歳、2年目からは
7歳分とされています。

人間でいう還暦60歳は、小・中型犬
は約11歳、大型犬は約8歳ということ
になります♪

うーん、ちょっとわかりづらいですね(笑)
なので、産まれておおよそどれくらいで
シニア期になるのかを見てみましょう♪

  • 小型犬の場合は、生まれて10年~11年。
  • 中型犬の場合は、生まれて9年~10年。
  • 大型犬の場合は、生まれて7年~8年。

という感じになります♪

なので、この年齢に達する前後にシニア用の
フードに切り替えてあげる必要があります。

小型犬より、大型犬の方が、成長スピードが
早いということを覚えておきましょう♪


Sponsored Links





まとめ

出典:http://dog-to.com/

今回はシニア期のフードについてご紹介
しましたが、いかがでしたでしょうか?

愛犬には少しでも元気に長生きして
欲しいですよね。

病気が発症しやすいシニア期からは
毎日の体調チェックは勿論定期的に
病院で検査してもらうとより安心です。

毎日の食事管理で健康の維持ができる
なら愛犬や飼い主のお財布にも優しい
と言えますよね。

気になるドッグフード選びの参考に
なれば嬉しいです。(#^.^#)







【関連する人気記事】

あわせて読みたい

ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

ABOUT ME
わんちゃんとドッグフード編集部
わんちゃんとドッグフード編集部
犬の食に関する情報を提供している わんちゃんとドッグフード編集部です。 犬好きの私たち20~40代の男女4人チームです。 ドッグフードはどれがいいのか? 安く買える方法はあるのか? また食べてはいけない食材など わんちゃんを飼っているからこそわかる 犬の食べ物について、飼い主の皆様に情報をお届けします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA