1. TOP
  2. 1.健康
  3. 栄養
  4. 犬の栄養素!シニア向けの必要量を知って健康を維持する方法!
Sponsored Links

犬の栄養素!シニア向けの必要量を知って健康を維持する方法!

    「最近脂っぽい食事が辛い」
    「大トロよりも赤身の方がおいしく感じる」
    「霜降りステーキとか無理。フィレ肉がいい」

    …などなどお思いの方、
    いらっしゃいませんか??

    私はアラサーなんですが、
    最近めっきり脂身が苦手になりました。。

    赤身肉やあっさり和食などの
    ヘルシーな物の方がおいしく感じますし、
    体の調子もいいです(*^^*)

     

    実はこの感覚、犬も同じなんです。

    犬も人と同じく、
    年とともに合うフードが変化し、
    体が欲しがる栄養素も変わってきます

    愛犬がシニア犬(6~8才以降)になったら、
    フードの見直しが必要です。

    そこで今回は、

    • シニア犬にベストのフードとは?
    • シニア犬の健康維持に
      おすすめの栄養素と必要量
    • 老犬に効率よく栄養補給させる方法は?

    について調べてみました。

    年齢に合ったフードを与えることで、
    より犬の健康を守ることができます。

    うちの子に合ったフードを
    一緒に探していきましょう(*’ω’*)

    フードだけでは摂りきれない栄養素を
    手軽に補えるおすすめのサプリも
    ご紹介します♪

    Sponsored Links

    シニア犬にベストのフードとは?

    4d3c2fd06e4e717380a43e4b9a696785_s

    シニア犬には、
    どんなフードがベストなのでしょうか? 

    基本的には、

    • シニア用と書いているフード
    • 低カロリー・低脂肪のフード
    • 後でご説明する
      必要な栄養素を含んでいる

    を選べば、
    どのメーカーのものでも問題ありません

    獣医さんやペットショップの店員さんに、

    • 愛犬の味の好み(鳥肉ベースが好きなど)
    • ドライフード派かウェットフード派か
    • 粒の大きさの好み

    を伝えて、おすすめを聞いて見ましょう♪

    シニア犬は新しいフードで
    消化不良を起こすリスクが高いので、
    フードの切り替えは慎重に
    行ってあげてくださいね(*^^*)

    成犬とシニア犬のフードはどこが違う?

    成犬とシニア犬のフードは、
    カロリー・脂肪”が大きく違います。

    シニア犬は基礎代謝が落ちているので、
    フードも低カロリー・低脂肪にしないと
    肥満や生活習慣病になってしまうのです。

    また、シニア犬用フードには

    • ビタミン
    • フラボノイド
    • カロテノイド
    • コエンザイムQ10
    • セレン

    などの抗酸化栄養素が
    含まれている場合も多いです。

    犬だってアンチエイジングの時代なのです♡

    何歳からシニア向けのフードにしたらいいの?

    シニア向けのフードへの切り替えは、
    シニア期に入ってからにしましょう。

    一般的に
    7才以降はシニア期といわれていますが、
    犬種によって微妙に違います。

    小型犬は遅く、大型犬は早く
    シニア期を迎えます。

    「シニア用のフードにした方がいいですか?」
    と獣医さんに聞いてから変えれば安心です♡

    Sponsored Links

    シニア犬の健康維持におすすめの栄養素と必要量

    8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

    シニア犬の健康を維持するためには、
    必要な栄養素』をしっかり含んだフードを
    選んであげることが大切です。

    シニア犬に必要な栄養素を
    ひとつずつ見ていきましょう!

    良質なたんぱく質

    シニア犬には、
    良質なたんぱく質が欠かせません。

    低カロリーで高たんぱく

    • 馬肉
    • 赤身肉
    • 鳥ささみ肉

    などの食材がおすすめです。

    脂質

    シニア犬にも脂質は必要です。

    脂質が不足すると、

    • 皮膚がカサカサ
    • 被毛がパサパサ

    になってしまいます(>_<)

    アンチエイジング効果もある

    • サーモンオイル
    • シソ油

    などがおすすめです♪

    ミネラル

    ミネラルは代謝を正常に保つために
    欠かせない栄養素です。

    マグネシウムなどのミネラルが
    適度に配合されているフードを
    選びましょう。

    食物繊維

    シニア犬は運動量が落ちるため、
    便秘に悩みがちです。

    食物繊維配合のフード
    腸内環境を整えてあげましょう。

    おやつにサツマイモを与えるのも
    おすすめです♡

    乳酸菌

    こちらも腸内環境を整えるのに
    大切な栄養素です。

    フードだけでなく、

    • ヨーグルト
    • 乳酸菌錠剤
    • 乳酸菌配合のサプリ

    などで補ってあげましょう♪

    Sponsored Links

    老犬効率よく栄養補給させる方法は?

    少し長いですが、
    まずはこちらの動画をご覧ください。

    「飼い主さんの前では、
    老犬は若い時の同じような
    笑顔と元気さを
    見せようとする」
    だなんて…(´;ω;`)

    犬の健気さに、
    胸がぎゅっとなりますよね。。

    そんな健気な愛犬のために、
    わたしたち飼い主にできるサポート
    ないのでしょうか??

    わたしは
    サプリでの栄養補給をおすすめします 💡 

    おすすめのサプリの紹介

    老犬はサプリであれば
    カロリー過多になる心配はありませんし、
    とても手軽に栄養素を補えます♪

    • 良質なたんぱく質
    • 脂質
    • ミネラル

    を含んだフードに

    • さつまいもおやつ
    • 乳酸菌配合のサプリ

    が、わたしが思う
    シニア犬のベストメニュー”です!

     

    特におすすめのサプリが、
    犬康食ワン・プレミアム

    今話題のプロバイオテクス配合で、
    生きて腸まで届いて
    腸内環境をサポートしてくれます。

    しかも乳酸菌だけでなく、

    • 霊芝(免疫をサポート)
    • エゾウコギ(リラックスをサポート)
    • 田七人参(活力をサポート)

    も配合という人間顔負けの豪華さです。

    >>犬康食・ワンの口コミを公式サイトで確認する

     

    快食・快便は健康の基本ですからね!

    がんばってくれている愛犬を、
    犬康食ワン・プレミアムでこっそりと
    サポートしてあげましょう☆

    まとめ

    83a68a3d86e97b4dd5063b1cf35b7669_s

    いかがでしたか?

    犬は一般的に6~8才以降
    シニア期を迎えます。

    シニア犬になったら、
    シニア用のフードに変えてあげましょう。

    シニア犬には、

    • 良質なたんぱく質
    • 脂質
    • ミネラル
    • 食物繊維
    • 乳酸菌

    が欠かせません。

    栄養たっぷりのフードにプラスして、
    サプリで老犬にいい栄養を
    補給してあげましょう(´ω`*)♡

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪




    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    安田

    安田

    記事を読んでくださってありがとうございます!


    小さい頃から大の動物好きで、

    今は5才になる雑種犬と暮らしています。

    犬を飼うって、本当に楽しいです♪

    でも、私のしつけは正しいのかな?とか、

    病気になったらどうしよう・・・とか、

    不安もたくさんあります。


    犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を

    みなさんにお届けできたらと思っています。

    どうぞよろしくお願いします。