1. TOP
  2. 犬の膵炎の死亡率はどのくらい?症状や原因を紹介
Sponsored Links

犬の膵炎の死亡率はどのくらい?症状や原因を紹介

    膵炎とは、胃の側にある膵臓という臓器が
    炎症を起こす病気です。

    この膵臓は他の臓器にくらべ刺激に弱く、
    ちょっとしたことで炎症を起こします

    機能はインスリンを分泌したり消化酵素を
    出したりするので、生物にとってはすごく大事な
    臓器のひとつです。

    ヒトでもたまに芸能人の方が急性膵炎になった
    などのニュースを聞くことがありますが、
    この病気はもちろん動物にもあるんです。

    糖尿病だったりストレス過多だったりと
    様々な原因で発症するので、完璧に
    防ぐのが難しいんです。

    でも重症化すると命にかかわるので、
    飼い主さんにとっては早めに見つけたい

    そこで、わんちゃんの膵炎の症状、原因、死亡率
    などについて説明していきます。

    Sponsored Links

    犬の膵炎の症状とは?

    慢性と急性で症状の進み方が違いますが、
    よくあるのは嘔吐、下痢、元気・食欲低下、
    発熱、腹痛などです。

    慢性膵炎の場合は軽い食欲不振から始まって、
    断続的に急性膵炎のような症状を
    繰り返します。

    急性膵炎の場合には発熱や腹痛でわんちゃんが
    最初からぐったりしていることも多いです。

    他の病気にも当てはまる症状ではあるので、
    血液検査やエコー検査を素早く行い、
    治療をスタートする必要があります。

    たかが腹痛と思ってはいけませんよ。

    重症化すると、命にかかわることがあります。

    Sponsored Links

    膵炎になりやすい犬とは?

    膵炎とは色々な刺激で膵臓が自分を
    溶かしちゃう
    病気です。

    そのきっかけは
    食事、肥満、盗食、薬剤、ストレス、糖尿病、
    事故
    など色々です。

    肥満や脂っぽいものの盗食など飼い主さんの
    注意で防ぐことできるものもあるので、
    気を付けましょうね。

    ハッキリ「これ」という原因がないので、
    防げるものだけでも防ぐというのが予防法です。

    比較的多い犬種や要因を下に書いていますが、
    まだ挙げきれないくらいあります。

    犬種

    あらゆる犬種に可能性はありますが、
    比較的発症しやすいのはトイ・プードル、
    ミニチュア・シュナウザー、
    ミニチュア・ダックスフンドなどです。

    遺伝性とも言えます。

    性格

    ストレスを感じやすい子や盗み食いが
    癖になってる子。

    ストレスの場合は猫ちゃんに多いんですが、
    緊張しすぎてお腹が動きすぎてしまうのです。

    盗み食いする子はなんとなく分かりますね?

    脂そのものやカップラーメンなど、
    お腹に重いものを食べてしまうためです。

    また、異物が詰まった場合にも、
    十二指腸あたりの炎症が膵臓にまで
    行ってしまうことがあります。

    環境

    身体へ何かしらのストレスがあると、
    わんちゃん自身が気にしてなくても
    膵臓には負担がかかっていることが
    あります。

    よくあるケースだけご紹介。

    高脂肪食や無分別な食事

    膵臓はリパーゼやアミラーゼなどの
    消化酵素を分泌します。

    そのため、急に頑張りすぎると疲れて
    炎症を起こしてしまうんです。

    持病があって、長期で薬を飲んでいる

    内服治療を長期間続けている子も、
    今まで大丈夫だった薬が原因で膵炎を
    発症することがあります。

    しかし、
    「膵炎になるかもしれないから薬を止めよう」
    とは思わないでくださいね。

    絶対なるとは言えませんし、今あなたの
    わんちゃんに必要なお薬を飲ませたほうが
    わんちゃんは元気で過ごせます。

    Sponsored Links

    犬が膵炎になった場合の死亡率とは?

    もしおうちの子が病気になったら、絶対に
    回復してほしいと思いますよね。

    でも、病気の重さによってはそれが叶わない
    ときもあるのです。

    膵炎でわんちゃんが死んでしまうことは
    あるのでしょうか。

    軽症のとき

    適切な治療をすればほとんどが回復します。

    慢性膵炎の場合は膵臓にダメージが残ることが
    ありますが、ごはんに気を付けたりしていけば
    元気に過ごせます。

    急性膵炎の場合には、膵臓への後遺症もなく
    回復することが多いです。

    重症のとき

    個体差が大きく一概には言えません。

    ただしDICという炎症性疾患の末期状態
    なってしまうと、死亡率は90%ほどに
    跳ね上がります。

    犬の膵炎の治療方法とは?

    わんちゃんの膵炎の治療は、基本的には
    対症療法をやります。

    急性の場合は、とにかくスピード勝負!

    嘔吐や下痢の程度にもよりますが点滴、
    抗生物質、吐き気止め、痛み止めを使って
    わんちゃんの苦痛を取り除いていきます。

    ほとんどは静脈からの点滴をするので、
    入院治療になります。

    胃腸を十分休ませて吐き気がなくなったら、
    ゆっくりお腹に優しいごはんを
    あげていきます。

    安定したらお薬を内服に切り替えます。

    Sponsored Links

    犬の膵炎の治療期間はどれくらい?

    治療期間は重症度によりますが、軽ければ
    1~2週間くらい、重症だと1ヵ月くらい
    かかることがあります。

    膵臓の炎症がきちんと収まってくれないと
    心配なので、元気でも定期的に通院して
    もらったりすることが多いです。

    犬が膵炎で入院した時の入院期間とは?

    入院する時は、大体1週間くらいかかることが
    多いです。

    入院治療になるということは膵炎が重症化
    している場合が多いので、炎症が収まってくる
    傾向が見えるまでは気が抜けないんです。

    あまりにも重症なときは
    もっとかかることもあります。

    犬の膵炎は完治できる?

    急性膵炎の場合には、重症化しなければ
    完治できることが多いです。

    原因が異物とか分かりやすいものも多いので、
    それを取り除けば治ります。

    慢性膵炎の場合には、元々膵臓が弱かったり
    ずっと炎症がくすぶっていたりということが
    あるので、また調子を崩したりしやすいです。

    そこで大事なのは、食事管理です。

    Sponsored Links

    犬の膵炎におすすめな食事は?

    膵臓に負担をかけないためには、
    何よりも低脂肪なことが大事!

    専用の療法食も販売されているので、
    病院ではそれを入院しているときに
    与えることがほとんどです。

    手作り食で極端な低脂肪にしようとすると
    必要な栄養素が不足してしまいがちなので、
    一般食でも療法食でも総合栄養食を与えることが
    おすすめです。

    グルメな子は手作り食でしばらくしのぐのも
    ひとつの手です。

    飼い主さんは作るのが大変ですが、
    やっぱり手作りごはんは
    わんちゃんにとっては美味しいみたいですよ♪

    天ぷらとか豚バラなんてあげちゃだめですよ。

    がんばってわんちゃんの視線を
    無視してください。

    犬の膵炎!ドックフードを見直してみる

    肥満傾向の子であれば、ちょっと
    ダイエットしても良いのではないでしょうか。

    低カロリーフードにしてみれば、食べる量は
    そのままでもカロリーだけカットできます。

    既に膵炎を経験済みの子は、二度と起こさない
    ように低脂肪・高たんぱくを徹底しましょう。

    たんぱく質は高消化性であるとなお良いです。

    酸化した脂質も身体にはダメなので、なるべく
    良質な脂質が配合されたフードを選ぶのも
    ポイントです。

    味が薄めなので食べない子も多い療法食ですが、
    最近は療法食でも美味しいものが
    多数開発されています。

    その中のひとつがこれ。

    犬心(いぬこころ)というフードで、
    低脂肪・高たんぱく、低GIに
    配慮したフードです。

    ⇒犬心の詳細を公式サイトで確認する

    膵炎、糖尿病、クッシングなど代謝異常の病気に
    対応しているので、グルメなわんちゃんには
    嬉しいフードです♪

    犬の膵炎のケアにおすすめなマッサージをご紹介

    ストレスも膵炎の原因のひとつなので、おうちで
    やりやすいのはわんちゃんをリラックスさせる
    マッサージです。

    ただしひとつ注意点があって、ぐったりのときに
    行うと余計に悪化することがあるので、
    わんちゃんの体調が良い時にやってくださいね。

    特にツボ押しは、急性の症状を発症している時に
    やると影響が大きいのでよしましょう。

    押す強さはわんちゃんの体重1kgあたり100g
    くらいですが、わんちゃんの表情を見て
    気持ちよさそうにしているかが基準です。

    それでは、おすすめのマッサージを
    4つ紹介しますね♪

    眉間のツボ押し

    神門というツボが眉間にあるので、そこを
    ゆっくり押します。

    緊張緩和やイライラ解消の効果があり、
    普段撫でているときにもそこを撫でると
    わんちゃんが気持ちよさそうにすること、
    ありませんか?

    背筋のマッサージ

    背骨の周りには太い神経が出ているので、
    五臓六腑に関するツボが集まってます。

    背骨の両側を、10~15秒ずつゆっくり
    押していきます。

    足のマッサージ

    液門というツボが前足の第3、4指間にあります。

    甲側からくるくると円を描くように回す
    気分を落ち着かせる効果があるので、わんちゃんが
    嫌がらない強さで押してあげてください。

    お腹のマッサージ

    便秘改善にも使われるものです。

    わんちゃんをあおむけにして、
    おへその下あたりをスタートに
    時計周りに大きく円を描いて2~3回マッサージ
    していきます。

    お腹が痛い状態ではやらないでくださいね。

    調子が良いときにお腹の流れを良くする
    マッサージです。

    このマッサージ、人間にもおすすめですよ。

    まとめ

    膵炎は一歩間違えると死んでしまうことも
    ある、恐ろしい病気です。

    ちょっと吐いただけだから大丈夫と思わずに、
    早めに対処できるようわんちゃんの様子をよく
    観察してあげてくださいね。

    吐いてて少し元気がないけどごはんは完食する
    という状況がしばらく続いて、いきなり
    ぐったりするわんちゃんも少なくないのです。

    お腹が痛くても我慢する子もいるので、
    小さなサインを見逃さないようにしましょう。

    こちらもチェックしてみてね♪↓

    ⇒犬の膵炎の食事療法!手作りレシピ&おすすめのドッグフードとは?

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    比嘉 めぐみ

    比嘉 めぐみ

    動物が好きで好きでたまらず、5年間小動物の動物病院で勤務していました。
    発信した情報が、みなさんとわんちゃんのお役に立てば嬉しいです。
    今興味があるのは行動学と東洋医学で、どちらも動物だとまだ分からないことも多いので、日々勉強していきたいです。