1. TOP
  2. 1.健康
  3. 皮膚病 症状
  4. 犬の皮膚病の症状リスト!皮膚の状態でどの病気か見分けられる!?

犬の皮膚病の症状リスト!皮膚の状態でどの病気か見分けられる!?

皮膚病 症状
 

    愛犬が皮膚を痒がっている、発疹が見られる
    などといった皮膚に異常が見られた場合、
    どのような病気が考えられるのでしょう。

    また、フケが出たり、膿が出るといった
    症状も、皮膚病なのか気になるところです。

    犬の皮膚病にはどのような種類があるのか、
    どのような症状が出るのか知りたい。

    そんな飼い主さんのために、この記事では、
    犬の皮膚病リストを症状別にまとめました。




    犬の皮膚病を症状で解説!

    犬の皮膚病には、どのような種類が
    あるのでしょう。

    皮膚病かなと思っても、病名までは
    なかなか出てこないものですよね。

    そこで、ここでは症状別で
    見ることのできる皮膚病の
    種類を紹介します。

    1.かゆみ、掻きむしる

    ・脂漏症
    ・乾性脂漏症
    ・接触性皮膚炎
    ・疥癬
    ・毛包虫症
    ・細菌性皮膚炎
    ・真菌性皮膚炎
    ・ノミ
    ・アレルギー
    ・ストレス性

    犬の皮膚病はかゆみを伴う症状が
    多く見られます。

    原因もノミやダニ(疥癬)などの寄生虫や、
    真菌(カビ)、細菌感染によるもの、
    アレルギーやストレスなど様々です。

    かゆみが酷くなると、患部を噛んで
    傷をつけてしまったり、化膿する、
    脱毛するなど重症化するケースも
    見られます。

    犬の脂漏症について詳しく知りたい方は
    こちらの記事がおすすめです。

    ⇒犬の皮膚病の脂漏症とは?最も大切な予防方もご紹介

    脂漏症の症状や予防法、原因などを
    詳しく紹介しています。

    ⇒犬の皮膚病の疥癬(ヒゼンダニ)とは!初期にあらわれる症状を解説

    2.膿が出る

    ・細菌性皮膚炎
    ・膿皮症
    ・疥癬
    ・ケガ

    膿が出る皮膚病には膿皮症や疥癬のほかにも、
    怪我などの外傷によるものが挙げられます。

    怪我や掻きむしるなどして、
    傷口から細菌が入り炎症を起こし
    化膿すると、膿が発症します。

    膿の内容物は、主に死んだ細菌
    (ブドウ球菌や連鎖球菌など)や、
    細菌と戦って壊れた白血球です。

    犬の皮膚病で最も多いのが
    「膿皮症」です。

    膿皮症とはどのような病気か
    知りたい方はこちらの記事が
    おすすめです。

    ⇒犬の皮膚病の膿皮症とは!発症しやすい年齢があるって本当!?

    膿皮症の症状や発症しやすい年齢
    などが紹介されていておすすめですよ。

    3.発赤、発疹

    ・細菌性皮膚炎
    ・真菌性皮膚炎
    ・膿皮症
    ・ツメダニ症
    ・アレルギー
    ・毛包虫症
    ・疥癬
    ・アトピー

    犬の皮膚病の症状として、発赤や発疹も
    多く見られる症状の一つです。

    患部が炎症を起こしている場合、
    赤みを伴います。

    炎症が起きて弱った皮膚に、細菌感染などで
    さらに強い炎症が起こること、発疹が現れます。

    発疹は飼い主さんも気が付きやすいため、
    皮膚病では発疹をきっかけに動物病院を
    受診される方も多く見られます。

    犬の目の周りが赤い場合、どのような
    病気が考えられるのでしょう。

    ⇒犬の皮膚病で目の周りが赤いのはなぜ?気になる原因をご紹介!

    こちらの記事では、犬の目の周りが
    赤くなる原因について詳しく
    紹介してあります。

    ⇒犬が皮膚病で赤い!体をかゆがる場合に注意したい病気とは?


    4.脱毛

    ・皮膚糸状菌症
    ・ツメダニ症
    ・疥癬
    ・毛包虫症

    皮膚病の中で脱毛が見られるのは、
    皮膚糸状菌症やツメダニ症などです。

    一概に脱毛といっても、病気の種類で、
    脱毛の仕方も異なります。

    皮膚糸状菌症は、真菌(カビ)によるもので、
    円形状に脱毛が広がっていきます。

    疥癬では、まだら状の脱毛が見られます。

    毛包虫症(アラカス及びニキビダニ)では、
    目や口の周り、足先に2cmほどの脱毛が
    見られます。

    ツメダニ症は脱毛のほかにも、
    大量のフケが生じることが特徴です。

    ⇒犬の皮膚病で脱毛!?症状からわかる病気の可能性とは

    5.フケが増える

    ・膿皮症
    ・脂漏症
    ・皮膚糸状菌症
    ・疥癬
    ・ツメダニ症
    ・アトピー性皮膚炎

    フケが生じる皮膚病には、
    疥癬やツメダニ症などがあります。

    フケは毛がある場所の皮膚が
    古くなって剥がれ落ちたものです。

    犬の皮膚は約3週間ごとに
    ターンオーバーしています。

    健康な状態であればフケは
    細菌によって分解されるので、
    目立つことはありません。

    しかし、炎症や感染、乾燥などの刺激を
    受けると、皮膚はターンオーバーを早め
    刺激から守ろうとします。

    フケが異常に増えることで、細菌の分解が
    追い付かず、結果フケが目立つようになって
    しまいます。

    6.かさぶたができる

    ・膿皮症
    ・脂漏症
    ・皮膚糸状菌症
    ・疥癬
    ・ツメダニ症
    ・アトピー性皮膚炎

    かさぶたを伴う皮膚病には、
    アトピー性皮炎や脂漏症などが
    挙げられます。

    通常かさぶたは外傷を負った際に
    見られることが多く、膿や血液が
    乾燥し、止血や傷の治りを促進する
    働きがあります。

    外傷の場合は傷の治癒と共に
    自然に剥がれ落ちますが、
    皮膚病の場合は何度も
    繰り返すことが特徴です。

    痒みを伴う場合が多いため、
    かさぶたが自然に剥がれ落ちる前に、
    掻いて剥がしてしまいます。

    かさぶた単体で起こる皮膚病は少なく、
    痒みや炎症、発疹、脱毛などを伴う場合が
    ほとんどです。

    犬のかさぶたについて詳しく知りたい方は
    こちらの記事がおすすめです。

    ⇒犬の皮膚病でかさぶたができる!色が違う理由とは?

    かさぶたは色で病気が異なり、症状によって
    できかたも様々です。

    犬の皮膚病は種類が多い!

    犬の皮膚病は非常に種類が多く、ダニやノミなど
    見た目で原因が分かるものから、ハウスダスト、
    埃、食物アレルギーなど分かりにくいものまで
    様々です。

    犬は皮膚が弱いため、症状が皮膚に現れる
    ことが多いことも特徴です。

    毎日のお世話でブラッシングをしたり
    皮膚の状態を確認したりするなどして、
    常に異常がないか確認することが大切です。

    異常が見られた際には、どのような症状が
    あるのかよく観察し、必要に応じて
    動物病院を受診しましょう。

    ⇒犬の皮膚病の種類は?軽症から重症まで全部解説します!

    ⇒犬の皮膚病はストレスが原因だった!?病気と見分ける3つの方法

    まとめ

    犬の皮膚病は種類が多く、皮膚に異常が
    見られたからと言って、すぐに病名を
    特定することは難しいでしょう。

    皮膚病はなかなか自然治癒が難しいため、
    動物病院で治療を受けることが
    多くなります。

    飼い主さんは獣医師が診断を下し
    やすいよう、症状を良く観察し正確に
    伝えることが大切です。

    痒みや炎症による痛みは、
    犬にとっても非常にストレスで
    苦痛なものです。

    飼い主さんは早期発見、早期治療を
    行ってあげることが大切です。

    ⇒犬の皮膚病の原因とは!生活習慣や遺伝は関係あるの?

    ⇒犬の皮膚病は人にもうつる!?人獣共通感染症の恐怖!


    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    【関連する人気記事】


    Sponsored Links


    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    原京子

    高校生の時からジャンガリアンとゴールデン計10匹と暮らしました。仕事も動物病院や動物園をはじめ、動物業界を中心に活動してきました。この経験を活かしみなさまによりよいハムスター生活の手助けができればと考えております。大好きなのはハムのクロワッサン(横になって眠っている姿)です!

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬の皮膚病の症状リスト!皮膚の状態でどの病気か見分けられる!?

      • 犬の皮膚病の膿皮症とは!発症しやすい年齢があるって本当!?

      • 犬の皮膚病でかさぶたができる!色が違う理由とは?

      • ポメラニアンの餌おすすめランキング!成犬・子犬に合う選び方とは?

      関連記事

      • 犬の皮膚病でかさぶたができる!色が違う理由とは?