1. TOP
  2. 犬の寝る時間が増えた?老犬の平均睡眠時間と老化防止策とは

犬の寝る時間が増えた?老犬の平均睡眠時間と老化防止策とは

日常
  419 Views

ふと気が付くと
いつも寝ている老犬。。。

気持ちよさそうな寝顔はかわいいですが、
「こんなに寝てて大丈夫なの!?」
と思いますよね(汗)

もしかしたらどこか痛いのかも…
病気でしんどくて寝ているのかも…

などなど、飼い主の心配は尽きません。

そこで今回は、
老犬の睡眠時間について調べてみました。

  • 犬の寝る時間が増える原因
  • 老犬の健康を保つための老化防止策

をご紹介します。

気になる、
「ぐーぐー爆睡してても、
散歩の時間になったら起こしてもいいの…?」
といった素朴な疑問にもお答えしますよ♪

老犬の健康を守るのに
おすすめのサプリもご紹介します♡

Sponsored Links

犬の寝る時間が増えたのは病気?老化?その原因とは?

dog-624951_640

犬がなんだか以前より
長い時間寝ている気がするとき…

一体何が原因なのでしょうか??

考えられる原因としては、

  • シニア期に入った
  • 関節などに痛みがある
  • 糖尿病や感染症にかかっている
  • 甲状腺ホルモン(元気ホルモン)の異常
  • ストレス

の5つが挙げられます。

痛みや病気を抱えているとき、
犬は本能的に睡眠時間を増やして
体力を回復させようとします。

また老化やストレスで
活力を失っているときには、
とにかく寝て過ごしたがります。

 

と、ここまで読んで、
「うちの子病気なの!?
ストレス感じてるの??(´;ω;`)」
と慌てないください。

もちろん素人判断は危険ですし
獣医師の定期検診は必須です。

が!
だいたい老犬は
めちゃくちゃよく寝るものなのです。

老犬の平均睡眠時間はどのくらい?

健康な若い犬の平均睡眠時間は、
12~15時間といわれています。

老犬は体力の低下によって、
これより長い睡眠時間が必要です。

活発に遊ぶこともなくなりますから、
トイレとご飯の時間以外は
ず―――っと寝ているように
感じる飼い主さんもいるかもしれません。

でも大丈夫です。

犬の睡眠の大半は浅いレム睡眠なので、
寝ているように見えて
あなたの動向はしっかり把握しています

おやつの袋をガサガサさせてみてください。

…ほら、すぐに起きてきたでしょう??

血液検査などで異常がない犬なら
ぼーっとしているだけですから、
なにも心配はいりません♪

散歩の時間になっても寝ていたら起こしていいの?

心配ないとはいえ、
気持ちよさそうだからと

好きなだけ寝かせていたら、
体内時計が狂って認知行動に繋がったり
運動不足になったりします

病院で異常がなかった老犬なら、
寝すぎて生活リズムを崩さないように
飼い主さんがときどき
起こしてあげることも必要です。

お散歩の時間になったら、
寝ていても声をかけて
外に連れ出すようにしましょう。

Sponsored Links

老犬の健康を保つための老化防止策を紹介

1ea9f068dc840983105b691244f8fcb1_s

老犬の健康を保つために、
生活リズムを守る以外にも
できることがあります(*^^*)

1.散歩は無理のないペースで継続する

足腰が弱くなっていても、
散歩は続けましょう

無理のないペースでかまいませんし、
ほんのちょっとの距離でも大丈夫です。

定期的に外出して
外のいろいろな匂いをかぐことが、
体力・認知力の維持に繋がります。

2.床の素材を滑りにくいものに変える

歩く力の弱った老犬にとって、
フローリングの床は滑って歩きにくいです。

床の素材を
滑りにくいものに変えてあげましょう

  • 絨毯
  • たたみ
  • コルクマット

が滑らなくておすすめです♪

 

「床材を変えるのはちょっと難しい…」
という場合は、
靴を履かせてあげるのはどうでしょうか??

最初は歩くのを嫌がっていたのに、
靴を履いたとたん
嬉しそうに歩いてますよね♡

感動です!

3.気温差が出ないように室温を調整する

老犬は気温の変化
体調を崩しやすいです。

部屋全体を暖かくして、
家中の室温を調整してあげましょう。

夏なら27℃、冬なら20℃前後
犬におすすめの気温です。

4.良質なシニア向けのフードに変更する

健康な体は良質な食べ物で作られる
といっても過言ではありません!

老犬に合った

  • 良質なたんぱく質
  • 低カロリー
  • 低脂肪

シニア用のフード
変更してあげましょう♪

 

さらにサプリをプラスすれば、
フードではとりきれない栄養を
簡単&手軽に補うことができます。

おすすめなのは、
元気に長生きしてほしい」という
飼い主の願いから生まれた
「犬康食・ワン」プレミアムです。

年をとるって、
きっとストレスやもどかしさの
連続だと思うんです。

足腰が痛い
思うように歩けない
なにをするにもおっくう…

ましてや犬は人間の7倍のスピード
年をとるといわれていますから、
昨日できたことが今日できなかったりして
活力もどんどん奪われていくと思います。

そこで、老犬に嬉しい成分が
ぎゅーっとつまった犬康食・ワンを
毎日の生活にプラスしてあげれば!

田七人参などの有効成分が
衰えがちな活力を
がっちりサポートしてくれるはずです(*^^*)

 

「犬康食・ワン」プレミアムの公式サイトを確認する

 

犬康食・ワンは薬ではないので、
副作用を気にせずに長期間継続できるのも
とても大きな魅力ですね♪

Sponsored Links

まとめ

683683791bb1300307ddc805c18e7537_s

いかがでしたか?

犬の睡眠時間が増える原因は、

  • シニア期に入った
  • 関節などに痛みがある
  • 糖尿病や感染症にかかっている
  • 甲状腺ホルモン(元気ホルモン)の異常
  • ストレス

です。

「うちの子最近寝すぎ…」
と気になる時は、
素人判断せずに獣医師に相談しましょう

 

老犬の平均睡眠時間は
15時間以上で、
若い頃よりもよく寝るようになるのは
自然な老化現象です。

老犬の健康を保つために、

  • 無理のないお散歩
  • 床の床材を滑らないものに変える
  • 室温調整
  • 良質なシニア向けのフードに変更する

という工夫をしながら、
愛犬が快適に老後を過ごせるように
サポートしてあげましょう(*’ω’*)

Sponsored Links



今ならペット保険が月700円から入れる♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田

安田

記事を読んでくださってありがとうございます!

小さい頃から大の動物好きで、
今は5才になる雑種犬と暮らしています。
犬を飼うって、本当に楽しいです♪
でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
病気になったらどうしよう・・・とか、
不安もたくさんあります。

犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
みなさんにお届けできたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

*

CAPTCHA