1. TOP
  2. 5.病気
  3. 犬の鼻水が透明でポタポタ垂れる!原因は風邪?

犬の鼻水が透明でポタポタ垂れる!原因は風邪?

 2016/01/26 5.病気
この記事は約 5 分で読めます。

他の犬に比べると、どうも愛犬は
鼻水が垂れることが多くて、
鼻の湿り具合が高いんじゃないかと、
不安を感じたことはありませんか?

鼻水が垂れっぱなしの顔では、
せっかくの
可愛い顔も台無し
なって
しまいます。

犬は寝ている時以外は鼻が湿っています
鼻水はどうして垂れるのでしょうか?

もしかしたら、風邪
それとも、何かの病気なの?と
愛犬の体調が心配になってしまいます。

ここでは、鼻水が垂れる原因
こんな鼻水には注意!という
お話を
していきたいと思います。

 


 

なにが原因?鼻水の色でチェック!

愛犬が垂らす鼻水の色で、鼻水が垂れる
原因やどんな病気の
可能性があるのかが
分かります。

愛犬が垂らす鼻水の色は、透明ですか?
黄色ですか?それとも、血が混じった
していませんか?

では、鼻水の色で分かる原因や病気について
一つ一つ見ていきましょう!

 

dog-813103_640

 

透明の鼻水が垂れるのはなぜ?

透明の鼻水が垂れるのには、様々な原因が
あります。透明の鼻水が
多く垂れるのは、
花粉やハウスダスト、食べ物など
アレルギーに
よる可能性があります。

その場合、動物病院でアレルギー検査
出来るので、
愛犬にどんなアレルギーが
あるのかを調べてみると良いですよ♪
えぇ~、こんなものが!?というものが
アレルギーだったりしますよ。

花粉症になった犬の動画を見つけました。
犬にも花粉症があるから驚きですよね!

愛犬がこんなくしゃみをしていたら、
花粉症なのかも!?

 

 

鼻の中に異物が入ったり、何かに鼻を
ぶつけてしまったときに、
鼻の中の粘膜を
刺激し、透明なサラサラした鼻水が出ます。
また、
香水やタバコなどの強いニオイを
嗅いだ時にも透明な鼻水が出ます。

注意が必要なのは、鼻の粘膜に腫瘍
出来た場合にも透明な
鼻水が出ることです。
風邪やアレルギーに間違われやすいことも
あるので、十分に注意しましょう。

もし、アレルギーを疑う場合は
検査費用などを調べてみました。

参考にチェックしてくださいね。

⇒犬のアレルギー検査の費用はいくら?保険で調べる方法とは?

鼻水が黄色だったら?

愛犬が垂らす鼻水が黄色だった場合は、
特に注意が必要です。
黄色の鼻水が出る
場合、ウイルスや細菌などの感染
歯周病の
可能性があるからなんです。

アレルギーや感染が悪化すると、透明だった
鼻水が
黄色や緑色になり、蓄膿症になって
しまうんです。蓄膿症になると、
治るのに時間がかかると言われているので、
なる前に気付いて
あげたいですね。


注意して!こんな症状は病気かも?

dog-548638_640

 

鼻水に血が混じってたら?

鼻血ではなく、鼻水に血が混じる場合は、
鼻の中が傷ついている
か、腫瘍が出来ている
可能性があるので注意しましょう。

コリーやシェルティのような長頭種は、
鼻の粘膜に腫瘍が
出来やすい犬種
言われているので、鼻水が出ていなくても
普段から、
鼻に異常がないかチェックする
習慣を作りましょう。

鼻水で苦しそうな時の対処法は?

pet-423398_640

 

愛犬が鼻水で苦しそうな姿を見るのは、
とても辛いですよね。犬は辛くても

言葉で伝えられないのですから、尚更です。

人間なら、ティッシュで鼻をかめるけど、
さすがに愛犬に鼻をかませることは
できませんし…。悩みどころですね!

そんなときには、犬用の鼻水吸引器
活用しましょう!鼻水吸引機だと、
愛犬の鼻水を安全に吸引することが
出来ますよ。

犬用の鼻水吸引器には、
手動や電動などの種類があるので、
使い勝手や価格で都合の
良いものを
選ぶと良いですね。

鼻づまりがある場合の対処法は、
室内の湿度を70%程度に上げたり、
愛犬が熱がらない程度に温めた
蒸しタオル
鼻と鼻の周りを拭いてあげると、
鼻づまりを和らげることが
できますよ!

 

いかがでしたか?
では、今回のまとめをしてみましょう。

  • 透明な鼻水は、鼻腔に入った異物や
    アレルギーなどが原因で出る
  • 感染や歯周病、蓄膿症の場合、黄色の
    鼻水が出る
  • 血が混じった鼻水は、鼻腔内に腫瘍が
    出来ている可能性がある
  • コリーなどの長頭種は、鼻腔内に腫瘍が
    出来やすい犬種である
  • 鼻水で苦しいときは、鼻水吸引器を
    活用したり、室内の加湿を調整する

もちろん、愛犬が垂らす鼻水だけで
病気の特定をすることは難しいです。

でも、愛犬が垂らす鼻水に異変がある時は、
何かの病気のサインだということを
忘れないでおき
ましょう!

【関連する人気記事】

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア


\ アンケートお願いするワン♪/
↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

ライター紹介 ライター一覧

中村 あゆみ

中村 あゆみ

私が初めて犬に出会ったのは、10代の頃でした。
シェットランドシープドッグ(通称シェルティ)の女の子です。
この子と出会って、私は命の重さや犬の素晴らしさを知りました。


今は亡きこの子に恩返しという訳ではありませんが、
」多くの人に犬の素晴らしさを知って欲しい!命の大切さを伝えたい!
そんな想いで、ホリスティックケアカウンセラーの資格を取得しました。

カウンセラーとしての知識や経験を生かして、
みなさんと愛犬のHAPPY LIFEに役に立てる記事を
書いていきたいと思います♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 犬がピーナッツを食べてしまった!アレルギーや消化不良になるって本当?

  • 犬に酵素は効果あるの?その驚くべき力と正しい与え方を解説

  • 犬もパンを食べる?与える時の注意点とメリット・デメリットとは?

  • 犬の食欲不振を改善するためにするべき5つのポイントを紹介!

関連記事

  • 犬の目に膜が!正常・異常の見分け方と考えられる病気とは?

  • 犬がむせるような咳をする!原因はもしかしたら病気かも?

  • 犬が水をよく飲む!抗生物質が原因かも?

  • 犬の注射!お風呂は接種前後に入っても大丈夫?

  • 犬が脳震盪を起こした!後遺症が残ったり死の可能性は?

  • 犬の痙攣の原因!歩けない程の震えの時に考えられる理由は?