1. TOP
  2. 2.ごはん
  3. ごはんコラム
  4. 犬の食べ物!実は危険が潜む果物10選【決定版】

犬の食べ物!実は危険が潜む果物10選【決定版】

    犬を飼い始めてから、ふと、
    「この子は毎日
    なにを楽しみに過ごしてるのかな?」
    と思うことがあります。

    犬の毎日の楽しみ』って
    なんなんでしょうか?

    お散歩、ご飯、おやつ、
    お昼寝、日向ぼっこ、
    飼い主さんとの時間、
    ボール遊び・・・・・・

    などなど思い浮かびますが、
    やっぱりご飯とおやつ
    毎日楽しみにしている子が
    多いんじゃないかなーって思います。

    飼い主心としては、
    『わが家の犬になったからには、
    あれもこれも、おいしい食べ物なら
    全部食べさせてあげたい!!』
    ですよね(#^.^#)

    でも、ちょっと待ってください。

    その食べ物、本当に安全ですか?

    ほっぺが落ちるほどおいしくても、
    犬に危険な食べ物もあります。

    今回は、そんな危険な食べ物の
    果物編”をお送りします。

    • 犬に与えてもいいけれど、
      注意が必要な果物
    • 犬に絶対禁止の果物

    を詳しくまとめました。

    犬に食べ物を与える時は
    安全性をよく確認することが大切です。

    安全確認のバイブルとして、
    ぜひこの記事をご活用ください♪


    犬に与えてもいいけれど、注意が必要な果物

    12086750cd24ddd222ebf056550d45ed_s

    犬は結構甘党なので、
    果物好きな子が多いです。

    日本で身近に手に入る果物なら、
    だいたいは犬も食べることができます。
    (絶対NGな果物もあります。
    後でご説明するので、ご注意ください)

    しかし中には、
    注意が必要な果物もあります(>_<)

    ≪注意が必要な果物10個≫

    1. ぶどう
    2. りんご
    3. アボカド
    4. いちご
    5. メロン
    6. スイカ
    7. 桃 
    8. みかん
    9. バナナ

    それぞれ注意が必要な点を、
    ひとつずつご説明しますね。

    中毒の危険がある果物

    果物の中には、

    • 嘔吐
    • 下痢
    • けいれん
    • 意識障害
    • 腎不全
    • 死亡

    といった中毒症状を起こすものがあります。

    ≪中毒症状を起こす果物の代表≫

    • ぶどう・・・急性腎不全のおそれ
    • りんご・・・種が青酸系の毒に
    • アボカド・・・下痢や嘔吐のおそれ

    特に、ぶどうには注意が必要です。

    後で詳しくお話ししますが、
    どんなメカニズムで

    腎不全を招くのかがまだわかっておらず、
    許容量も犬によって大きく違います。

    詳しくは、
    犬がぶどうを食べると出る症状とは?中毒になる危険性も!?
    犬はりんごを食べていい?効果と注意点&おやつレシピの紹介
    をご覧ください☆

    アレルギーに注意が必要な果物

    毒はないけれど、
    犬の体質によっては
    ひどいアレルギーが出る果物もあります。

    ≪アレルギーに注意が必要な果物の代表≫

    • いちご・・・バラ科アレルギーのおそれ
    • メロン・・・ウリ科アレルギーのおそれ
    • スイカ・・・ウリ科アレルギーのおそれ

    初めての果物を与える時には
    ちょっこっとだけにして、
    異常がないか様子を見ることが大切です。

    詳しくは、
    犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

    犬もメロンを食べていい?その効果と適切な与え方・量を紹介
    犬にスイカを与えても大丈夫?種や皮もそのまま食べられるの?
    をご覧ください☆


    誤飲に注意が必要な果物

    果肉は安心だけれど、
    種を誤飲すると危険な果物もあります。

    ≪誤飲に注意が必要な果物の代表≫

    • 桃・・・種に青酸系の毒がある
    • 梅・・・種に青酸系の毒がある

    詳しくは、
    犬は桃を食べていい?与える時の注意点と簡単おやつレシピ!

    をご覧ください☆

     

    ✐誤飲しちゃったらどうしたいい!?
    桃の種に限らず、
    異物を誤飲した場合の対処法を
    知っておくことは大切です。
          
    万が一の時に
    慌てず対応できますからね♪
         
    普段から手を口に入れる練習を
    しっかりしておくと安心ですね♡

     

    消化不良に注意が必要な果物

    どんな果物にも食物繊維が含まれています。

    食物繊維は腸内環境を整えてくれる
    犬にとって良い成分ですが、
    何事も
    過ぎたるは及ばざるがごとし!」です。

    犬は食物繊維の消化が苦手なので、
    食物繊維が豊富すぎる果物を食べると
    消化不良を起こすことがあるのです。

    ≪消化不良に注意が必要な果物の代表≫

    • みかん・・・食べ過ぎるとお腹を壊す
    • バナナ・・・同上。果糖も多い

    詳しくは、
    犬もみかんを食べれる?消化不良をおこさない正しい与え方!

    をご覧ください☆


    犬には絶対に禁止!与えてはいけない果物

    0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_s

    果物の中には、
    絶対に犬には与えてはいけない!
    というものもあります。

    その代表格は、
    さきほども登場したぶどうです。

    「さっき与えてもいいって言ったじゃん!」
    というツッコミが聞こえてきそうです・・・。

    おっしゃる通りなのですが、
    ブドウについては賛否両論あるんです

    「体質的に大丈夫な犬ならOK」
    「1粒くらいOK」
    「1粒でも腎不全になる子もいるから
    絶対ダメ!!」
    「皮はダメだけど実はOK」

    などなど、獣医師でも意見が分かれます。

    なので後は飼い主さんの判断次第ですが、
    個人的には、
    万が一を考えて
    避けた方がいいと思います。

    ぶどうの他にも、アボカドも犬には危険です。

    詳しくは、
    犬の食べ物!禁止なものは?果物編
    をご覧ください☆

    まとめ

    puppy-1601232_640

    いかがでしたか?

    果物はおいしいので
    犬にもついおすそ分けしたくなりますが、
    安全確認はしっかり行いましょう!

    注意が必要な果物の代表例としては、

    • 中毒の危険⇒ぶどう・りんご・アボカド
    • アレルギーの危険
      ⇒いちご・メロン・スイカ
    • 誤飲に注意⇒桃・梅
    • 消化不良に注意⇒みかん・バナナ
    • 絶対禁止!⇒ぶどう・アボカド

    などがあります。

    初めての果物を与える時には、

    1. 事前に獣医師に相談する
    2. ちょっとだけ与えて様子を見る

    の2点を守りましょう。

    そうすれば、
    危険な中毒やひどいアレルギー反応
    避けることができますよ(#^.^#)



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
    人間と同じようにわんちゃんにも
    アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
    そんな愛犬の

    • 脱毛
    • かゆみ
    • フケ
    • 乾燥、湿疹
    • 肌荒れ

    などで悩みを抱えている飼い主さんに
    おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
    「AVANCE(アヴァンス)」
    です。

    AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。



    【関連する人気記事】




    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    わんちゃんといっしょ編集部

    わんちゃんといっしょ編集部

    はじめまして。
    わんちゃんといっしょ編集部です。

    このサイトは、わんちゃんに関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

    わんちゃんのお悩みやリアルタイムな情報など、わんちゃんを飼われている飼い主様へのお役立ち情報をわかりやすく記事にしています。

    悩みや疑問を解決して、わんちゃんと楽しい日々を過ごしましょ☆

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

      • 犬の食べ物!禁止なものは?果物編

      • 犬がバナナの皮を食べた!農薬の影響や腸閉塞の可能性は?

      • 犬が玉ねぎを食べてしまった!応急処置の方法と受診の目安とは?

      関連記事

      • 犬に酵素は効果あるの?その驚くべき力と正しい与え方を解説

      • 犬にヨーグルトを与える効果とは?種類や量・注意点も解説

      • 犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

      • 犬は塩分不足も取りすぎもダメ!塩の適切な摂取量とは?

      • 犬がエビを食べた時の対処法!アレルギー反応は起こるの?

      • 犬が玉ねぎを食べてしまった!応急処置の方法と受診の目安とは?