1. TOP
  2. 犬が伸びをする意味は?嘔吐がある時は病気の可能性も

犬が伸びをする意味は?嘔吐がある時は病気の可能性も

病気
  4,203 Views
2016y02m17d_235842814

 
犬を飼っていれば病気などのトラブルはつきもの。
いつもと違うちょっとしたしぐさに

「どこか悪いのかしら?」

と不安になることってありますよね。

愛犬が嘔吐するというのも飼い主が不安になる原因のひとつでもあります。
また、犬が伸びをするのも一見かわいいしぐさですが、

「愛犬が嘔吐するんだけどそういえばよく伸びもするんだよね…」

そんな場合は病気の可能性もあります。

 

人間だったら眠いときや疲れたときに出るあくびと伸び。

「犬があくびや伸びをするのってどんな意味があるの?」

「病気の時、そうでないときの伸びやあくびってどう違うの?」

そんな疑問を解決していきますね!

 
犬の嘔吐に関する記事はこちら。
→犬が嘔吐!白い泡のサインとは?
→犬が吐く時は注意!黄色い泡の原因はなに?581

Sponsored Links

犬が伸びのしぐさをする時はどんな気持ち?

2016y02m18d_000151889

犬が伸びのしぐさをする時ってどんな気持ちなんでしょうか?

人間とは違う意味のある犬の伸び、あくび。
状況によって違う犬の気持ちを見てみましょう。

伸びと同時にあくびをしたり声を出す意味

2016y02m17d_235738259

緊張してたり不安な状態を落ち着かせようとする時にあくびや伸びをします。

犬がいたずらをしたので
「ダメでしょ!」
と怒ったら「ふわ~っ」と声を出して大きなあくびをした、という経験はありませんか?

人間からすると
「怒ってるときにあくびをするなんて馬鹿にしてるの!?」
なんて思いがちですが、犬にしたら
「もう怒らないで~」
と、怒られて緊張している自分を落ち着かせるという意味があるんです。

よその犬にあった時にあくびをする時は緊張を落ち着かせるとともに、

「僕は君とけんかをするつもりはないよ」

とアピールしていることもあります。

寝起きに伸びをする理由

動画のように寝起きに伸びをする時は、寝てる間に硬くなった体を伸ばすして
「さあこれから活動するぞ!」
と準備運動をしているようなものです。

寝起きにぐ~っと伸びをするのは人間と同じですね。

伸びが頻繁で回数が多い場合

ストレスを感じているときも伸びやあくびをします。

あくびや伸びをすることで自分をリラックスさせようとしているわけです。

あまり頻繁で回数が多い時はかなりストレスを感じている可能性があります。

環境が変わったとか、何か犬のストレスになるようなことに思い当たりませんか?

生活環境を見直して、それでもあくびや伸びの回数が減らなければ、体調不良で調子が悪いのかもしれません。

食欲がなかったり元気がなかったりいつもと様子が違うところはないか注意してみましょう。

Sponsored Links

嘔吐したり腹痛の様子がある時は病気の可能性も!?

「犬の祈りのポーズ」ってご存知ですか?
伏せの姿勢でお尻をあげた姿がお祈りをしているから祈りのポーズというのですが、これは犬が腹痛を我慢しているときのポーズといわれているんです。

2016y02m18d_000020550

犬はもともと我慢強いので、痛みがあったり調子が悪くても、じっと我慢していることが多いのですが、このポーズをする時はかなりの痛みに耐えている可能性があります。

嘔吐下痢などの症状がある場合も病気の可能性があるのでこの祈りのポーズをみたら、早めに病院を受診してみましょう。

まとめ

犬のあくびや伸びの意味についておはなししてきましたが、いかがでしたか?

犬はあくびや伸びをすることで緊張や不安をやわらげていたんですね~。

ただしあまりにもあくびや伸びの回数が多いときは体調が悪いのかもしれません。

そしてもう一つ見逃してはいけない愛犬のSOS!
「犬の祈りのポーズ」も覚えておいてくださいね。

何かおかしいな、いつもと違うな、と感じたらすぐに病院にかかるようにしましょう。

 

こちらの記事もおすすめです。

愛犬のトリミングに挑戦するなら…。
→犬がバリカン負け!?怪我をしないトリミングのやり方を紹介

毎日のお手入れ、正しい方法知ってますか?
→犬のブラッシング!出てくる白い粉の正体と原因は?

犬の貧血!手遅れになる前に…。
→犬の貧血に効く食べ物?レバーは改善に効果的?

愛犬の本当の年齢知ってますか?
→犬の年齢の見分け方!犬種によって違う?

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

2016y02m17d_235842814

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

結婚と同時に飼い始めた我が家のシーズー犬(♂)も6歳になりました。

子供が産まれると愛犬中心だった生活スタイルも変わりつつあり、小さな子供とワンコとの共同生活は大変なことも沢山ありますが、それ以上に毎日癒しをもらってます♪

子犬の頃から皮膚トラブルを始め、何かと病院にお世話になることが多かった我が家のワンコ。

その経験も活かしながら、ペットと楽しく暮らすために参考になる記事を書いていきたいと思います^^

コメントを残す

*

CAPTCHA