1. TOP
  2. 5.病気
  3. 手術
  4. 犬が腸閉塞になってしまった!手術費用はどれくらいかかる?

犬が腸閉塞になってしまった!手術費用はどれくらいかかる?

手術
この記事は約 5 分で読めます。

    飼い犬がどうも元気がない・・・。

    食欲もないし、
    背中やお腹を触ると痛がる・・・。

    その症状、もしかしたら
    腸閉塞かもしれません。

    フィラリア13

    腸閉塞とは、
    誤飲や病気によって腸になにかが詰まり、
    消化機能が低下する病気のことです。

    放っておくと腸が壊死し
    最悪の場合は死に致るため、
    動物病院での治療が必要です。

     

    病院には明日すぐに連れて行くとして、
    手術になった場合は
    どれくらいの費用が必要なのでしょうか。

    手術の費用や成功率、
    後遺症などのリスクについて調べました。

    手術以外の治療法や腸閉塞の原因
    ご紹介します。


    犬が腸閉塞に!手術費用はどれくらいかかる?

    異物が腸に詰まったことが原因で
    犬が腸閉塞になった場合、
    異物を取り除く手術が必要です。

    手術費用はどのくらいかかるのでしょうか?

    a0002_003051

    犬種や動物病院によってまちまちですが、
    平均して7~15万円ほどかかります。

    レントゲンなどの検査に2万円ほど、
    手術と入院に5~13万円ほど必要です。

    入院が長引くと、
    30万円ほどかかる場合もあるようです。

    手術の成功率は?失敗や後遺症などのリスクはある?

    腸閉塞の手術の成功率は
    どのくらいなのでしょうか?

    正確なパーセンテージはわかりませんが、
    腸閉塞の手術自体は
    安全性の高いもののようです。

    もちろん手術ですから、
    犬種によらず失敗は起こりえます。

    しかしほぼ90%くらいの確率で、
    腸閉塞の手術は無事に終わるようです。

    安心してくださいね。

    imgp0014

    腸閉塞の手術では、
    腸に詰まった異物を取り除き、
    腸の壊死した部分を切除します。

    壊死した部分が大きいほど、
    術後の消化機能に後遺症が残ります。

    消化のよい処方食を続け、
    おやつの量を調整するなどの工夫が
    必要になります。


    手術以外にも治療法はある?費用も紹介!

    腸閉塞には、
    手術以外の治療法もあるのでしょうか?

    異物が原因の場合は外科手術が必要ですが、
    それ以外の原因の場合は
    原因自体を取り除くため
    手術以外の治療法がとられます。

    たとえば寄生虫が原因の腸閉塞の場合は、
    寄生虫を駆除する薬で治療します。

    ガンや腫瘍が原因の場合は、
    抗ガン剤などで治療します。

    a0006_000859

    手術以外の治療法の費用は、
    腸閉塞の原因や病院によって異なります。

    だいたい手術と同じく、7~15万円ほど
    心づもりしておきましょう。

    そもそも腸閉塞の原因は何が考えられる?

    そもそも腸閉塞の原因は
    何が考えられるのでしょうか?

    主な原因と治療法をご紹介します。

      • 異物の誤飲
        おもちゃやゴミなどを誤飲し、
        それが腸に詰まって
        腸閉塞になることがあります。
                  
        基本的に外科手術で治療します。
                  
      • ガンや腫瘍
        腸にガンや良性腫瘍ができ
        腸を塞いで
        腸閉塞になることもあります。
                  

        ガンや良性腫瘍を
        小さくする治療
        をします。

                  
      • 周辺臓器の炎症や肥大
        腸炎によるただれや
        前立腺の肥大によって
        腸がふさがり

        腸閉塞になることもあります。          

        消炎剤などを投与し、
        治療
        します。

                  
      • 寄生虫
        犬回虫などの寄生虫が
        腸に大量に詰まり

        腸閉塞になることもあります。          

        駆虫剤などで治療
        します。

                  
      • 血中電解質の異常
        ひどい嘔吐などが原因で
        カリウムやマグネシウムといった
        血中の電解質濃度が異常になると、
        腸の繊毛運動が低下して
        腸閉塞になることがあります。
                  
        電解質を補う点滴などで
        治療
        します。

    腸閉塞の原因の多くは異物の誤飲です。

    2年前に飲み込んだ梅の種
    腸閉塞を引き起こす場合もあるそうです。

    拾い食い防止のしつけ方
    動画でご紹介します。
    異物を食べないようしつけて、
    腸閉塞を防いであげましょう。
    (所要時間:1分29秒)

          

    まとめ

    いかがでしたか?

    愛犬が元気をなくすと、
    心配になりますよね。

    腸閉塞は早期治療が必要な疾患のため、
    できるだけ早く動物病院に連れていって
    適切な治療を受けさせてあげてくださいね。

    腸閉塞はたいていの場合手術が必要になり、
    必要な費用は7~15万円ほどです。

    腸閉塞の原因によっては
    手術以外の治療が必要になります。
    その場合も7~15万円ほど必要です。

    ※費用は症状や犬種・入院日数・
    動物病院などによって異なります。




    【関連する人気記事】


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    安田

    安田

    記事を読んでくださってありがとうございます!

    小さい頃から大の動物好きで、
    今は5才になる雑種犬と暮らしています。
    犬を飼うって、本当に楽しいです♪
    でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
    病気になったらどうしよう・・・とか、
    不安もたくさんあります。

    犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
    みなさんにお届けできたらと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬の健康管理に重要なポイントは?長生きさせる3つの秘訣!

      • 犬の栄養素!シニア向けの必要量を知って健康を維持する方法!

      • 犬のお腹のたるみは老化の兆候?病気との見分けかたとは?

      • 犬の寝る時間が増えた?老犬の平均睡眠時間と年齢ケアとは

      関連記事

      • 犬のヘルニア手術のリスクは?死亡や後遺症が残る可能性は?

      • 犬の白内障!手術の費用はどれくらい必要?

      • 犬の避妊はヒート前が安全ってホント?タイミングを紹介!

      • 犬の声のかすれ!手術が必要なのは?声帯切除も合わせて紹介

      • 犬は去勢すると性格はどう変わる?術後の変化を紹介!

      • 犬の緑内障!手術費用にはどれくらいかかるの?