1. TOP
  2. 0.わんちゃんといっしょ
  3. 日常
  4. 犬と赤ちゃんの同居は危険?注意するべき10の事とは?

犬と赤ちゃんの同居は危険?注意するべき10の事とは?

日常
 

    犬と赤ちゃんが仲良くしている姿は、
    とても微笑ましいものですね。

    我が家では大型犬7歳と娘3歳が、
    同居しています。
    ひとりっこの娘にとって、
    愛犬は本当の兄弟のようで、
    たまに小競り合いをしながらも、
    毎日一緒に楽しくすごせています。

    ですが娘を妊娠したときは、
    犬と赤ちゃんの同居がはじまることに
    不安もありました。

    今回はそんな筆者の経験を交えて、
    犬と赤ちゃんの同居について注意すべき事を、
    お伝えしていきます。




    犬と赤ちゃんが同居する場合に注意するべき10の事とは?

    犬と赤ちゃんが同居するために注意すべきこと
    要点ごとにあげてみましょう。

    アレルギー

    「生まれてくる赤ちゃんが
    犬アレルギーだったらどうしよう。」

    出産前の対策も難しく、
    心配になってしまう大きな要因ですよね。

    アレルギーの度合いによって、
    様々な対応方法があり、
    犬と赤ちゃんの生活空間をわける、
    直接の触れ合いを避けるなど、
    うまく付き合っているご家庭も多くあります

    犬アレルギーについては、
    こちらの記事も読んでみてくださいね。
    ⇒犬による喘息も!赤ちゃんとペットが一緒に暮らす注意点は?

    感染症

    犬から赤ちゃんに
    感染してしまう病気もあります。

    ノミ・ダニを介して
    感染する病気もありますので、
    犬のノミダニ予防は、確実に行いましょう。

    また、狂犬病は一年ごとに予防接種が必要です。

    こちらの記事でも詳しく説明していますよ。
    ⇒犬のノミダニ予防の飲み薬!効果やリスクを徹底調査してみた

    衛生面

    赤ちゃんのすごす部屋は、
    定期的に掃除を行い、清潔に
    しておきましょう。

    我が家は、大型犬で抜け毛の量が多いので、
    1日2回ロボット掃除機に頼っています。

    犬のシャンプーもこまめにできるといいですね。
    トリミングサロンに相談して、
    手入れしやすいよう、
    カットしてもらうこともおすすめですよ。

    シャンプーについては、
    こちらも参考にしてみてください。
    ⇒犬のシャンプーの頻度は?やり方から嫌がる時の対処法まで!

    犬のストレス

    大きな声や音が苦手な犬にとっては、
    赤ちゃんの泣き声
    ストレスに感じることでしょう。

    また、ゆっくりとくつろいでいる時に、
    耳やしっぽを引っ張られるなど、
    かわいい赤ちゃんの行為も犬にとっては、
    ストレスの要因となってしまいます。

    対策として、ケージやベッドなど、
    犬専用のくつろげるスペース
    用意してあげましょう。


    犬のしつけ

    最低限の犬のしつけがきちんとしておくことは、とても重要です。

    たとえば、
    人にとびつかないようにしつけておくことで、
    赤ちゃんにとびついて
    転倒させてしまう事故を防げます。

    散歩中のリードの引きをなくしておくことで、
    一緒にお散歩を楽しめます。

    赤ちゃんがきたその日からでなく、
    事前に赤ちゃんとの生活を考えて、
    犬のしつけをしておきましょう。

    犬の赤ちゃんに対する嫉妬

    犬にとって赤ちゃんは、
    大好きな飼い主をとられる驚異的な存在
    かもしれません。

    赤ちゃん中心な生活になってしまいがちですが、
    犬との時間も大切にしてあげてくださいね。

    筆者はよく娘をベビーベッドで寝かせた後に、
    愛犬を呼んで抱きしめながら、
    ソファで自分も仮眠していました。
    癒し効果もあり、おすすめですよ。

    噛む

    犬が赤ちゃんを噛んでしまう事故は、
    もっとも注意したいことの1つです。

    ただ犬にも噛みつく際には理由があります。

    乱暴な触れ方をされて驚いた、
    エサやおやつの時間に手を出されたなど。
    犬と赤ちゃんの触れ合いは、
    大人が必ずついて見守るようにしましょう。

    寝る場所の環境

    赤ちゃんは夜中に泣いて起きることも多く、
    一緒に寝ていると犬も落ち着きません。

    また抜け毛など衛生面からも、
    犬には専用の寝床を用意してあげることを
    おすすめします。

    こちらもチェックしてみてくださいね。
    ⇒犬と一緒に寝ると病気になるリスクが高い!?その理由とは?

    舐める

    犬の舐める行為は、愛情表現の1つと
    言われています。

    ですが、必要以上に人を舐めることは、
    衛生上の観点からおすすめしません。

    舐めつづけるときは気をそらす
    舐めることをやめさせる指示を覚えさせるなど、
    妊娠中から対策しておきましょう。

    事故

    犬が赤ちゃんにとびついたり、
    寝ている時に踏んでしまったりして、
    赤ちゃんがケガをしてしまう場合

    逆に、赤ちゃんが小型犬の足を引っ張ったり、
    抱っこから落としてしまったりして、
    犬がケガをしてしまう場合もあります。

    赤ちゃんはベビーベッドや
    犬と別室に寝かせる
    ようにし、
    犬と赤ちゃんの触れ合いは
    必ず大人が付き添いましょう。

    犬と赤ちゃんが同居するメリットとは?

    ここまで注意点をあげてきましたが、
    ここでは犬と赤ちゃんが同居することで
    得られるメリットをご紹介します。

    我が家で1番にメリットに感じたことは、
    赤ちゃんと2人きりの密室育児に
    ならないこと
    でした。

    引きこもりがちになる赤ちゃんと2人の時間。
    お散歩に出るだけでも、気分転換になりますよ。

    犬と赤ちゃんが上手に同居するための育て方のコツは?

    元々犬を飼っていて赤ちゃんを迎える場合は、
    犬にとって、できるだけ環境を変えないように
    心掛けましょう。

    赤ちゃんが来たから、
    犬を外に出すなどは、絶対にNGです。

    赤ちゃんがいるときにおやつをあげるなど、
    「赤ちゃんがいるといいことがある」
    と犬に認識させることもおすすめです。

    犬と赤ちゃんで起こりやすいトラブルとは?

    我が家では、ありがたいことに、
    特に大きい事故やトラブルもなく、
    同居してこれました。
    しかし唯一頭を悩ませたのは、
    子供の食べこぼしを犬が食べてしまうことです。

    子供の成長とともに、
    食べこぼしは減っていきますが、
    玉ねぎなど、犬にとって危険な食べ物
    あるので、注意が必要ですね。

    まとめ

    犬と赤ちゃんが同居するために、
    注意すべきことはたくさんあります。

    ですが、1つ1つは難しいことはなく、
    赤ちゃんが来る前から
    犬と暮らすうえで気をつけたいポイントを
    きっちり守っておく
    ことが、
    大事なのだと思います。

    犬も大切な家族です。

    どんどん成長していく赤ちゃんにとって、
    犬は遊び相手になったり、
    精神的なより所になったりと、
    いい影響もたくさん与えてくれます。

    犬と赤ちゃんの同居、
    あまり気負いしすぎずに、
    楽しんで過ごしていけるといいですね。


    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
    人間と同じようにわんちゃんにも
    アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
    そんな愛犬の

    • 脱毛
    • かゆみ
    • フケ
    • 乾燥、湿疹
    • 肌荒れ

    などで悩みを抱えている飼い主さんに
    おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
    「AVANCE(アヴァンス)」
    です。

    AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。

    ⇒AVANCE(アヴァンス)の詳細を確認する


    【関連する人気記事】


    Sponsored Links


    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    きくち はな

    きくち はな

    初めまして
    わんちゃんといっしょ編集部のきくちです。

    今までペットショップやトリミングサロンで
    働いた経歴があります。

    また動物が大好きで
    犬、猫、フェレット、ハムスター、インコなど
    たくさんの動物たちと暮らしてきました。

    そんな仕事の経験を活かして
    わんちゃんとのタメになる情報を
    お伝えしていきます♪

    現在は、大型犬と幼児と
    共に生活するママライターです。

    子供と愛犬、一緒に楽しめる
    公園やスポットを探して
    お出かけを楽しんでいます。

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬のトイレのしつけグッズは効果的?飼い主おすすめのTOP10を紹介!

      • ミニチュアダックスにお手をしつける方法!3ステップで即マスター♪

      • ジャックラッセルテリアのしつけは難しい?噛む&トイレの失敗対処法!

      • ジャックラッセルテリアのしつけはいつから?時期&順番総まとめ!

      関連記事

      • 犬のマッサージの方法!腰痛・関節炎に使える方法とは?

      • 犬のせいでフローリングが汚れる…落ちない対処法や付けない方法5選

      • フローリングの犬の毛を簡単に掃除する!時短になる3つの秘策とは

      • 犬がいると床の掃除が大変!そのストレスを軽減する3つの秘訣とは?

      • フローリングに犬の尿シミが!?消すコツや今後汚れない3つの方法

      • 犬のフローリングの傷対策!簡単でコストがかからない方法とは?