1. TOP
  2. 6.しつけ
  3. しつけコラム
  4. 犬が怒る原因&対処法!根本的に改善する3つの方法とは?
Sponsored Links

犬が怒る原因&対処法!根本的に改善する3つの方法とは?

    怒ってる犬って怖いですよね。

    成犬だと力も強いしいつ口が出てくるかと
    冷や冷やすることもあるかと思います。

    病院に行って威嚇しているのは仕方ないですが、
    おうちでも同じテンションだと人間との生活に
    支障が出てきます。

    飼い主さんも、子犬の時の時の可愛さを
    覚えていると余計にショックで
    悩んでしまいますよね。

    可能なら、また信頼関係を取り戻して
    犬と仲良くしたいのが望みなはず。

    そこで、犬が怒る原因とそれを改善する方法
    紹介していきます。

    また可愛いわんちゃんと仲良しに戻りましょう♪

    Sponsored Links

     

    犬がすぐに怒る!その原因とは?

    犬が怒るのには、様々な理由があります。

    理由を分析することで改善につながることも
    多いので、犬の性質や怒るきっかけ
    見ていきましょう。

    基本的には、犬はその場所が自分にとって
    安心じゃないと感じてイライラしている
    ことが多いです。

    自分が強いと思っている

    自分が人間よりも強いと思っている犬は、
    自分が強いことを相手に教えるために
    前を歩いただけで攻撃してきたりします。

    専門用語で言うと、権勢症候群です。

    犬が怒った時に、人間が怯えたり言うことを
    聞いてしまったりするとそれをしっかり
    覚えていて、怒ることで人間に言うことを
    聞かせようとします。

    おもちゃやエサ皿を取られまいと怒るのも、
    この派生系です。

    怒る対象に過度の恐怖を感じたことがある

    虐待されていたり元捨て犬だったりと、
    人間に対して恐怖を感じたことのある犬は
    恐怖心から威嚇や攻撃をすることがあります。

    社会化がうまくいかず愛情不足の子も、
    人見知りにより周りの生物全てに恐怖心
    抱くことがあります。

    人間なら誰でもという場合もあるし、
    男性だけ、女性だけ、子供だけというように
    対象を絞ることもあります。

    病気で調子が悪い

    脳の病気で情動障害になることもありますが、
    それはレアなケース。

    脳以外の病気で体調が悪い時でも、
    怒りっぽくなる時があります。

    例えば自分の体調が悪い時って、
    気持ち悪かったり痛かったり
    イライラすることありませんか?

    癌などの痛みは特に激しく、咬みたくなる
    気持ちも分かりますね。

    Sponsored Links

     

    犬に怒られた時にするべき対処法とは?

    自分の犬に攻撃されるとショックだし、
    どうすれば良いのか迷いますよね。

    飼い主さんに覚えておいてほしいのは、
    完璧に治そうとしないこと

    一緒に暮らしていくうえで支障がなく、
    その子が幸せそうならOKと思ってください。

    自分が強いと思っている

    犬が怒った時に言うことを聞かないのが第一。

    ビクビクして接している態度も、
    犬は敏感に感じ取ります。

    権勢症候群に陥ってしまう犬は飼い主さんの
    接し方も問題があることが多いので、
    こうならないためにも子犬の時に
    パピークラスに出て社会化としつけ
    双方が勉強することが大事です。

    しつけ教室は犬だけのためではなく、飼い主を
    教育するために存在しているんですよ♪

    また、権勢症候群になりやすいのは猟犬など
    自分の判断で動くことが多い犬種なので、
    その犬種の飼い主は犬の性質を
    覚えておくべきです。

    怒る対象に過度の恐怖を感じたことがある

    人間は怖くないことを、根気強く教えます。

    悲しいことに、この子たちは心を
    閉ざしてしまっている状態・・・。

    懐かなくてもイライラせず、ごはんをあげて
    愛情ある言葉をかけて、その子が近寄って
    きてくれたらこちらからも近寄って
    あげてください。

    時間がかかりますが、その子が幸せな気持ちを
    思い出せるように頑張りましょう。

    病気で調子が悪い

    病気が分かっている時には、痛いところを
    触らないようにしたりして気を使いましょう。

    急に特定の部位を触ると怒るようになったなら、
    早めに病院で診察してもらうことを
    おすすめします。

    痴呆でも怒りっぽくなったりするので、
    高齢の子は兆候を見逃さないようにしましょう。

    Sponsored Links

     

    すぐ怒る犬を根本的にしつけ直す3つの方法!【動画あり】

    怒る犬をしつけ治すには、その原因を
    分析することが大事です。

    原因、行動別の対処法の動画を紹介するので、
    これで基本を勉強しましょう。

    根本的にしつけ治すには素人だけでは
    難しいことが多く、可能ならしつけ教室に
    飼い主と一緒に通うことをおすすめします。

    はっきり言えば、「簡単に治る方法」は
    存在しません。

    1:権勢症候群の子

    権勢症候群(アルファシンドローム)の子に対する
    接し方を解説しています。

    飼い主さんの心構えなどをじっくり
    説明してくれて分かりやすいです。

    2:怖がりな子

    怖がっていることから、吠えたり咬みついたり
    する子の接し方を説明しています。

    同じトレーナーさんがしつけ動画を
    複数公開しているので、そちらも必見です。

    3:咬みつき癖のある子

    咬みつき癖のある犬が、本気咬みしてくる時
    対処を説明しています。

    怒る犬が起こす行動で1番問題になるのが
    咬みつきなので、基本を知っておくだけでも
    助けになります。

    まとめ

    人間の性格が中々変えられないのと同じで、
    怒りなどの感情が伴う行動は簡単には
    改善できません。

    改善したい場合は、根気が第一!

    ゆっくりゆっくり一緒に進んできましょう。

    怒るのなんて、犬にとっても良い気分じゃ
    ありません。

    飼い主さんは、犬にとって安心できる居場所
    なってあげてくださいね♪

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪




    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    比嘉 めぐみ

    比嘉 めぐみ

    動物が好きで好きでたまらず、5年間小動物の動物病院で勤務していました。

    発信した情報が、みなさんとわんちゃんのお役に立てば嬉しいです。

    今興味があるのは行動学と東洋医学で、どちらも動物だとまだ分からないことも多いので、日々勉強していきたいです。