1. TOP
  2. 犬の視力は白黒しか見えないって本当?目の仕組みを徹底解明
Sponsored Links

犬の視力は白黒しか見えないって本当?目の仕組みを徹底解明

 2017/08/07 8.わんちゃんQ&A
  844 Views

    人間は色鮮やかな世界をいつも
    みていて刺激が絶えませんよね♪

    では、犬の場合はどうなのでしょう?

    私達、人間と同じように見えているのか?
    どんな世界が見えているのか?
    気になりますよね♪

    そこで今回は犬の目について

    • 犬に見えている世界はモノクロ?
    • どんな風に見えているの?
    • 犬は視力が悪い?近視?遠視?
    • 夜でも見えているの?

    などについてお話していきます♪

    最後に犬にとって見やすい色についても
    お話しますので、参考にしてくださいね♪

    Sponsored Links

    犬の視力では白黒に見えているって本当?

    犬にとって、見える世界は白黒と言う
    お話を聞いたことがありませんか?

    実際に犬目線の映画などを見るとモノクロで
    表現されていることが
    多いですよね♪

    しかし、実は近年の研究の結果、
    実は3色の色を認識できていることが
    明らかになりました!

    なので白黒の世界ではないのですよ♪

    犬の色の見え方

    犬は3色の色を認識していることが
    明らかになったと先程書きましたね♪

    その3色とは、

    1. 緑、黄色、オレンジ
    2. 紫、青

    です。

    3色じゃないじゃん!と思ったでしょう?

    実は犬は人間の目の作りとは全く異なる
    のですよ♪

    なので

    1. 赤、オレンジ=暗いグレー
    2. 緑、黄色、=くすんだ黄色
    3. 紫、青=青

    で見えているということなのです!

    特に赤と緑の色別が苦手とされており、
    例えば、私たちから見ると赤と緑が色鮮やかなスイカは
    犬から見ると赤と緑がほぼ同じ色に見え、
    全体的に黄色くくすんでいるように見えている
    のですよ~!

    ちょっと犬の視界を覗いてみましょう♪

    引用:http://toypoodleblog1.blog.fc2.com/

    全体的に黄色っぽいですよね♪

    赤と緑は、やはりほぼ同色に
    見えているのですね!

    ちなみに色とは、光の波長の違いによって
    できているもので、波長の短い順に
    紫>青>水色>緑>黄色>オレンジ>赤
    となるのですが、この配置はまさに虹。

    光が水に反射して、
    人間が見ることができる部分だけが
    見えているものが虹なのですね。

    犬の場合は、この虹の七色のうち、
    紫がかった青から黄色までを認識できる
    とされているのです♪

    Sponsored Links

    犬は目が悪い?人間に例えると視力はどのくらい?

    では犬の視力は一体どのくらいなのでしょう?

    実は犬の視力を人間で例えると
    0.2~0.3なのです!

    筆者も視力が悪く、0.2~0.3です!

    日常生活では、メガネやコンタクトレンズが
    無いと全く見えません(笑)

    まるでのび太君です。。。

    目が良い人からすると見えないということが
    分からないとよく言われるのですが、
    ぼやけたり、滲んだような視界で、
    物の形が分かりづらいと言えば、
    いいでしょうか…。

    大雨の日に車のワイパーを動かさないで
    フロントガラスを眺めている感じと
    言えばわかりやすいですかね?

    引用:http://www.koinuno-heya.com/index.html

    筆者の視力と犬の視力が同程度だったとは
    驚きですが、筆者は犬のように素早く
    動けません^^;

    これはどうしてなのか?についてですが
    犬は視力が悪くとも、動体視力が
    非常に優れているからなのです!

    動体視力とは動いているものを素早く
    認識する能力です♪

    なので、
    私たちには流れるように見えている
    テレビ番組は犬にとって、まるで
    パラパラ漫画のように見えている
    のです!

    そして人間の視界範囲は180度に対し、
    犬は250~270度もあることも関係しています!

    250度~270度は犬の耳の付け根辺りまで
    見えていることになるんですよ♪

    更に犬は、嗅覚、聴覚も人間よりも
    遙かに優れているので、これらのことでも
    視覚をカバーしているのですよ♪

    筆者が要領が悪いわけではなかったので
    一安心です(笑)

    ちなみに、
    犬は近眼でもなく、遠視でもない
    正視であると言われています♪

    Sponsored Links

    夜・暗闇での見え方は?

    そんなにぼやけた視界で、
    夜間の暗闇でも平気で歩く犬…。

    どうしてそんなことができるの!?と
    思っちゃいますよね~!

    これは、
    網膜の裏にあるタペタム層と呼ばれる
    光の増幅装置
    があるため、
    少しの光でも良く見えているからなのです!

    このタペタム層なのですが、
    人間が夜間に必要とする1/4の光量でも
    増幅させて通常通りに視界をクリアにしている
    のですよ♪

    犬は薄明薄暮性で、薄暗い中で
    獲物をとらえて進化してきた動物なので、
    このように発達したと言われています。

    引用:http://www.koinuno-heya.com/index.html

    ここまでのことをまとめると、画像のように
    なります♪

    私達の視界とは全く違いますね!

    ちなみに夜間に犬を撮影すると
    目がピカーン!と光っている写真が撮れる
    ことがあります。

    これは、
    タペタム層にフラッシュが反射したもの
    なのですよ♪

    同じ状況でも、
    タペタム層を持たない人間の場合は、
    網膜上の血管が光で照らされて、
    いわゆる赤目になるのです。

    早速試してみよう!と思う飼い主さんも
    いると思いますが、
    犬にとってフラッシュ撮影は
    光量が多すぎたり、急激に光を浴びるため、
    刺激が大きすぎてしまい、
    網膜に炎症や剥離が起こってしまうので
    故意には、絶対にしないでくださいね!

    重症の場合は失明も有りうるので、
    愛犬の写真を撮る場合は、
    フラッシュ撮影はぜずに、
    部屋自体を明るくして撮影しましょう

    Sponsored Links

    犬は何色がよく見えるの?はっきりと見える色はある?

    では犬にとって、
    どんな色がよく見えるのでしょうか?

    それは初めにご紹介した見えている色に
    ヒントがあります♪

    犬は赤と緑が見分けが付かないと言ったように
    これらの色は、ほぼ同色に見えています。

    なので、それ以外の色ですね!

    犬は特に、青や黄色が特に見えやすい
    言われています♪

    芝生の上に赤いボールを投げても、
    ほぼ同色に見えるので、
    見分けが付きにくいようなのです。

    そこで、芝生に青や黄色のおもちゃを
    置いてみると…

    引用:http://www.dogplus.me/

    このように犬には見えているんですね♪

    青と黄色のみ、
    クッキリと色が付いていますね!

    よって、
    犬のおもちゃを選ぶ時には、青と黄色を
    第一候補にすることをおすすめします

    まとめ

    今回は犬の視界についてお話を
    しましたが、いかがでしたでしょうか?

    ちなみに犬は色の認識が乏しい一面、
    ビックリするようなものまで、
    見えているということが近年発見されました!

    ビックリするようなものとは、
    紫外線(UV波)です!

    ただし、紫外線を脳内において
    どのような色として処理しているかは
    定かではありません

    これからの研究に期待ですね!

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    長谷川まみ

    長谷川まみ

    現在、ポメとポメチー+猫を飼っているアラサー女子です。

    子供の頃から動物が好きで、特に犬は常に傍にいる生活を送ってきました!
    最近の日課は、愛犬を連れて色々なドッグランやドッグカフェを回ることです。
    現在はペットショップスタッフのお仕事の傍ら、こちらでワンコの記事を書かせていただいてます。動物看護士、繁殖指導員、小動物販売士の資格を所有しており、皆様と愛犬がより良い生活が過ごせるように分かりやすくアドバイスしていきます!

    よろしくお願いします♪