1. TOP
  2. 1.健康
  3. 吐く
  4. 2.吐く 対処法
  5. 犬が吐くなら病院へ!治療法や費用をまとめてご紹介!

犬が吐くなら病院へ!治療法や費用をまとめてご紹介!

 2018/11/10 2.吐く 対処法
この記事は約 7 分で読めます。

犬が吐く原因はさまざまですが、

犬の吐くのを繰り返す場合や元気がない時、
また嘔吐以外にも症状がある場合はすぐに
動物病院へ連れて行く必要があります。

そして犬が吐くので病院に連れていく際、
費用はどのくらいかかるのか、
またどんな治療をするのか、
やはり不安になるのではないでしょうか。

私は以前動物看護師をしていましたが、
実際に費用面での相談をよく受けたこと
がありますよ。

また私自身も犬を飼っているため、
治療方法や費用が気になる気持ちは
良く分かります。

そこで今回は、
犬が吐くので動物病院に連れて行く際、
治療法やかかる費用についてまとめて
ご紹介
したいと思います。

事前にチェックし準備しておくことで、
安心して診察を受けることができますよ。

動物病院に連れて行く前に確認して、
スムーズに受診できるようにしましょう!


犬が吐く時に病院へ行くとどんな事をするのか

犬が吐く症状で動物病院に行くと、
まずはどのような症状なのか
看護師や獣医師から聞かれます。

  • いつから
  • 頻度
  • 嘔吐物の状態
  • 犬の様子
  • 食欲の有無
  • 他に気になる症状
  • 既往歴(カルテがない場合)

これらは問診で必ず聞かれるので、
しっかりと把握しておくようにしましょう。

吐く原因に心当たりがある場合には、
ここでしっかりと伝えるようにしましょう。

診察では
聴診器で心音や腹部の確認を行い、
肺や胃腸の音に問題がないか確認
します。

口内や目も確認され、犬の全身の
状態から疑われる原因を判断します。

そしてエコー検査や腹部のレントゲン、
血液検査や糞便検査など、医師の
判断で検査の必要があると判断され
れば、詳しい検査を行います。

1.検査

疑われる原因により
検査内容は異なります。

ここではよく行われる検査、

  • 腹部レントゲン
  • 血液検査
  • 糞便検査

について詳しく見ていきましょう。

●腹部レントゲン

犬の体の内部を、
レントゲンや超音波(エコー)を使って
画像診断します。

異物の誤飲や内蔵などの病気が
疑われる場合に行います。

麻酔は必要なく、犬の体を傷つける
こともなくすぐにできる検査です。

異物によってはレントゲンやエコーで
写りやすいものと、そうでないものが
ありますが、

画像を目で見て判断できるため
よく選択される方法です。

●血液検査

血液の状態や、血液に含まれる
酵素や電解質等の数値を見ます。

血液の中には、からだの状態に関する
様々な情報が含まれているため、

動物の体調を把握するのには
とても重要な検査になります。

血液中に含まれるウィルスや
それに対する抗体(免疫)を調べて、
感染症でないか検査するこもあります。

●糞便検査

嘔吐の症状に加えて
下痢や軟便がある場合には、
糞便検査を行います。

もし便に異常がない場合でも、
正確な病気の診断のために行う
こともあります。

糞便検査ではウイルスや細菌の有無、
寄生虫感染や消化不良の有無など、
様々な原因を調べることができます。

これらで原因が分かれば良いですが、
はっきりと原因が分からなかったり
さらに検査が必要と判断されると、

バリウム検査や内視鏡検査が行われます。

より詳しい内部の検査ができるため、
適切な治療へと役立ちます。

2.治療

検査をしたあとは、疑われる原因
に合わせて治療が行われます。

ここでは

  • 絶食
  • 絶水
  • 病気の治療

についてご紹介します。

●絶食

検査で何も異常がなく、
犬も元気で問題ない場合は
24時間の絶食が勧められます。

嘔吐の原因が食べ過ぎやストレス、
疲れや胃腸炎などにも効果的です。

元気なのに吐くということは、
胃腸が弱っているサインですので、
絶食をし休ませてあげる必要があります。

また、食べた物の消化に費やされる
エネルギーを、弱った器官を癒すため
に使う事が出来るので、

胃炎を繰り返すような
元から内臓が弱い犬にも勧められます。


●絶水

合わせて絶水も治療法の一つです。

嘔吐が一過性で、吐いた後に元気や
食欲があるようならば、

しばらくは絶食絶水で安静にして
様子を見ることになります。

症状がぶり返さないか確認し、
ぶり返したら再度検査が行われます。

●病気の治療

検査で病気が分かった場合には、
すぐに病気の治療が施されます。

手術や入院になることもありますし、
薬の処方のみの場合もあります。

また、嘔吐がひどい場合には
吐き気どめや整腸のお薬、

脱水症状を防ぐための
皮下点滴が施されます。

胃内異物が確認された場合には、
麻酔を使わないで吐き出させる
催吐処置、

異物を取り除くための内視鏡検査、

内視鏡で取り除けない場合には
開腹手術を行います。

犬が吐く時に病院へ行く場合の費用

犬が嘔吐で病院に行く時の診察や
治療内容のご紹介をしてきましたが、

もう1つ気になるのが、
その際の治療費についてですよね。

だいたいの目安にはなりますが、
必要な検査の項目ごとにご紹介します。

犬が吐く時に病院でかかる費用
  • 診察料・・・初診1500円~3000円/再診500円~1000円
  • 検便検査・・・1000~2000円程度
  • 血液検査・・・簡易検査3000円程度/詳しい検査8000円程度/さらに詳しい検査10000円以上
  • 皮下点滴・・・3000円~6000円程度
  • 腹部レントゲン・・・6000円~10000円程度
  • 薬(吐き気止めや整腸剤など)・・・1種類1週間分で1000円~3000円程

もちろん検査や薬の種類、量が増えると
それに伴いかかる費用も増えていきます。

また犬の体格でも異なるのはもちろん、
動物病院によっても違いがありますよ。

詳しい費用については診察時に
看護師や獣医師に聞きましょう。

また気になる症状や考えられる可能性
を診察時にはっきりと伝えておくことで、
必要最低限の検査で済むこともあります。

適切な診断と処置のためにも、しっかり
確認し伝えられるようにしておきましょう。

病院に行く程ではないけれど犬が吐く
とき、自宅でできる対処法をご紹介した
記事があります。

⇒犬が吐く場合はどう対処する?自宅でできる応急処置を伝授!

こちらでは、絶食での対処方法
について詳しくご紹介していますよ。

⇒犬が吐く時は絶食させた方が良い?期間や注意点も解説!

吐く原因に合った対処方法を
行うようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は
犬が吐くので動物病院に連れて行く際、
治療法やかかる費用についてまとめて
ご紹介してきました。

事前にチェックし準備しておくことで、
安心してスムーズに診察を受けることが
できますよね。

治療法や費用は症状でも異なります
ので、大体の目安にしてくださいね。

また犬が履く原因は様々ですので、
中にはドッグフードが原因で吐いて
しまう犬もいます。

こちらの記事では、
犬の嘔吐を予防・改善できるドックフード
をご紹介していますので、是非合わせて
ご覧くださいね。

⇒犬が吐くならこのフードがおすすめ!改善や予防にも効果的なTOP5!

またドックフードと合わせて、
サプリを与えるのもおすすめです。

⇒犬の嘔吐はサプリで改善できる!?効果的なランキングTOP5!

サプリで胃腸の調子を整えて、
嘔吐を予防・改善してあげましょう。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
人間と同じようにわんちゃんにも
アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
そんな愛犬の

  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥、湿疹
  • 肌荒れ

などで悩みを抱えている飼い主さんに
おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
「AVANCE(アヴァンス)」
です。

AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。



    【関連する人気記事】




    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    ももこ

    ももこ

    初めまして
    わんちゃんといっしょ編集部のももこです。

    専門学校にて動物のことを学び、
    卒業後は動物看護士として働いていました♪

    ・動物看護士
    ・ペットトリマー
    ・ドックトレーナー
    ・愛玩動物飼養管理士
    ・ホリスティックケアカウンセラー

    の資格を持っております。

    また動物大好きで
    猫4匹と犬2匹と賑やかに暮らしています♪

    時間があるときには
    里親ボランティアなどに参加したり♫

    いま一緒に暮らしている
    わんちゃん,ねこちゃんは皆引き取った子達です♪

    学んできたことや経験・専門知識を生かし
    皆様に良い記事をお届けできればと思います(^-^)

    宜しくお願い致します。

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 犬の歯周病にはサプリが効果的!?口内環境を整えてくれるTOP5!

    • 犬の歯周病用ドッグフード!予防やケアに有効なランキングTOP5!

    • 犬の歯周病を歯磨きで改善!?やり方と使えるグッズ5選をご紹介!

    • 犬の歯周病の手術は?麻酔ありORなしのメリットや3つの注意点!

    関連記事

    • 犬が吐く場合はどう対処する?自宅でできる応急処置を伝授!

    • 犬が吐く!異物を食べてしまった場合の対処法を解説!

    • 犬が吐く時は絶食させた方が良い?期間や注意点も解説!