1. TOP
  2. 犬のミックスはどれくらい寿命が短いの?遺伝子が関係していた!

犬のミックスはどれくらい寿命が短いの?遺伝子が関係していた!

 2016/02/08 コラム
  5,030 Views
2016y01m26d_231008930

見た目が可愛くて人気のミックス犬。
「ペットショップで一目ぼれしちゃった!」
という人も多いのではないでしょうか?

「可愛い愛犬といつまでも一緒にいたい」
飼い主であれば誰もが思うことですが、
「ミックス犬は寿命が短い」
なんて話を聞いたことはありませんか?

犬の種類によって寿命がかわってくるんでしょうか?

純犬種とミックスではどのくらい寿命に違いがあるのでしょうか?

Sponsored Links

ミックス犬と純犬種との寿命の違いは?

2016y01m26d_230836388

ミックス犬と純犬種ではどのくらい寿命が違うのでしょうか?
ミックス犬の平均寿命は体重が

5キロ以下で14歳。
5キロ~10キロで13歳。
10~20キロで12歳。
20キロ以上で10歳。

というのが目安のひとつになります。

一般的に犬の平均寿命が10歳~13歳くらいといわれているので、それほどミックス犬の寿命が短いわけではなさそうですね。
では、なぜミックス犬の寿命が短いといわれるのでしょうか?

ミックス犬が短命といわれるのは遺伝子が原因?

2016y01m26d_230939715

もともと犬は犬種によって遺伝子的になりやすい病気というのがあります。

ミックスはそれぞれの親の特徴を引き継いで生まれてきますが、遺伝子的な疾患も合わせて引き継いでしまうのが、短命といわれる原因ではないかといわれています。

ミックス犬は病気になりやすい?

ミックス犬はそれぞれの親の遺伝子疾患も受け継いでしまうことがあるとおはなししましたが、それではやはりミックス犬が病気になる可能性は純犬種より高いのでしょうか?

それは親犬の種類にもよるところで、親犬が
弱い犬種同士だと産まれる子犬も病気になりやすい可能性があります。

病気が発症する確率は?

ミックス犬は純犬種のように血統書がないのでそのデータ自体が少ないのが正直なところですが、ミックスだから病気が発症する可能性が高いとは一概に言えません。

親の遺伝子疾患を引き継いでしまう可能性もありますが、親のいい部分を引き継いで産まれる場合ももちろんあり得ます。

親犬の特徴を理解しておけばミックス犬の遺伝子疾患による病気の発症にも対処しやすくなるのではないでしょうか?

たとえば人気のチワックスはチワワとミニチュアダックスのミックスですが、ミニチュアダックスは胴が長いため椎間板ヘルニアになりやすいと言われていますが、その体型をチワワの華奢な骨格で支えるのだから、椎間板ヘルニアの発症リスクも高くなると言えますね。

Sponsored Links

飼育の仕方によっては長生きできる!

昔に比べて今は犬の寿命も長くなってきていますが、犬を飼育する環境が良くなってるのがその理由としてあげられます。
昔の犬は外で飼われるはあたりまえで、食事も人間の残飯だという事も珍しくありませんでした。

今は室内で飼われるのが一般的で、食事も犬の栄養を考えたペットフードがたくさんありますよね。

このことからも飼育環境によって犬の寿命は大きく変わってくるんだという事がいえますね。

やっぱり運動は重要!?

2016y01m26d_231107523

健康といえば運動の仕方が大きく影響しますが、犬の運動には毎日の散歩が欠かせませんよね?
ただ健康のためにとにかくたくさん運動させればいいのかというと、そういう事でもないんですね。
過度な運動は犬の体や心臓にも負担をかけてしまうのでくれぐれもやりすぎには注意してくださいね!

犬種や年齢によっても変わりますが、小型犬なら20~30分位。
大型犬なら30~60分位が目安になります。

犬の散歩についての記事はこちら♪
→犬の散歩に行かないとダメな4つの理由とは?

まとめ

ミックス犬は親犬の遺伝子疾患を引き継いでしまうので病気になる可能性もありますが、親犬の種類によってはいい部分を引き継いでくれる場合もあるので、一概にミックス犬=寿命が短いとは言えないようです。

それより犬の寿命には飼育環境が大きく影響するので、適度な運動と栄養管理のほうが重要なようですね。

参考になれば幸いです♪

 
こちらの記事もおすすめです。

犬のしつけに口輪は効果ある?
→犬の口輪はどれくらいストレス?それ以上の効果はあるの?

愛犬の気になるしぐさに関する記事はこちら!
→犬がなめるのには意味がある!手をなめる時は?

うちの子もしかして痴呆かも…?と思ったら…。
→犬の痴呆にサプリが有効?症状や治療法もくわしく紹介!

犬の予防接種の必要性についてはこちらをチェック♪
→犬の注射!ノミダニ予防薬やフィラリア予防って必要?

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

2016y01m26d_231008930

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

結婚と同時に飼い始めた我が家のシーズー犬(♂)も6歳になりました。

子供が産まれると愛犬中心だった生活スタイルも変わりつつあり、小さな子供とワンコとの共同生活は大変なことも沢山ありますが、それ以上に毎日癒しをもらってます♪

子犬の頃から皮膚トラブルを始め、何かと病院にお世話になることが多かった我が家のワンコ。

その経験も活かしながら、ペットと楽しく暮らすために参考になる記事を書いていきたいと思います^^

コメントを残す

*

CAPTCHA