1. TOP
  2. 2.ごはん
  3. アレルギー
  4. 犬がチョコレートを食べた!恐ろしい中毒の症状とすぐにできる対処法

犬がチョコレートを食べた!恐ろしい中毒の症状とすぐにできる対処法

 2019/01/11 アレルギー
この記事は約 5 分で読めます。

チョコレート・・・

それは
犬に食べさせてはいけない食べ物
として有名なもののひとつです。

みなさんも、
犬にチョコを与えないように
しっかり気を付けてらっしゃると思います。

でも、何事にもうっかりはつきもの。

うっかり出しっぱなしにしていた
チョコを犬がつまみ食い・・・

道に誰かがうっかり落としたチョコを
犬は拾い食い・・・

なんてアクシデントは、
どうしても起こってしまいます。

そこで今回は、

  • 犬がチョコレートを食べた時の対処法
  • 受診の目安

について調べてみました。

万が一のときに慌てないように、
対処法や判断の目安
しっかりと頭に入れておきましょう!


犬がチョコレートを食べた時に飼い主がすぐできる対処法とは?

77527c30fcfb6f19169eb178589678fa_s

犬がチョコレートを食べてしまったら、
飼い主はどう対処してあげれば
危険を減らせるのでしょうか。

食べてしまった量ごとに、
対処法をみていきましょう。

ひとかけら食べてしまっただけの場合⇒様子を見る

この場合は、
慌てないことが大切です。

犬がチョコレートを食べると
中毒を引き起こす場合があり、
たしかに危険です。

しかし
少量の摂取であれば
自然&安全に排泄されます

ひとかけらを食べた程度では、
中毒症状は起こりません。

安静にさせながら様子を見ましょう。

24時間以内に
なにかおかしな症状がでなければ、
問題はありません。

大量に食べてしまったor食べた量がわからない場合⇒吐き出させる

たくさん食べてしまった場合や
どのくらい食べたかわからない場合は、
吐き出させましょう

≪吐き出させる方法≫

  1. オキシドール:水=1:9
    程度に薄める。
  2. 薄めたオキシドールを飲ませる
    (体重5キロに対して1㏄)。
  3. オキシドールによって
    犬が嘔吐するのを待つ。

嘔吐が落ち着いたら、
動物病院へ急ぎましょう

「チョコを食べたので、
オキシドールで嘔吐させました」
「嘔吐させたけどチョコは出てこなかった」
など経緯を詳しく伝えると、
治療がスムーズになります。

他にも、誤飲してしまったときの方法を
こちらの記事で紹介しています。
ぜひご覧ください!

⇒犬が誤飲をしてしまった!プラスチックの場合はどうするべき?


犬がチョコレートを食べた時に病院を受診する目安とは?

2806dcd263b7da6b3161ca98e5a22248_s

さきほどもお話したように、
犬がチョコレートを食べたとしても
少量であれば心配はいりません

でも飼い主としては、
どんな症状がでるのか
どのくらいの量を食べたら危険なのか
きちんと知っておきたいですよね。

犬のチョコレート中毒の症状とは?

犬のチョコレート中毒は、
チョコレートに含まれる

テオブロミンという成分によって起こります。

デオブロミンは中毒をまねき、
多飲・多尿・嘔吐・下痢・痙攣・興奮
といった異常な症状を引き起こします。

さらに重症化すると、
呼吸困難や不整脈といった症状を起こし、
最悪の場合は死に至らしめます

 

少しグロテスクな動画ですが、
実際のチョコレート中毒の様子を
ご紹介します。

恐ろしいですよね・・・。

人間にとっては
おいしくて体にもいいチョコですが、
犬にはそうではありません。

甘くていい香りなため
チョコを欲しがる犬は多いですが、
絶対に与えないようにしましょう!

どのくらいの量を食べたら危険?

万が一犬がチョコを食べてしまったら、
どのくらいの量なら急いで
病院を受診すべきなのでしょうか?
目安が気になりますよね。

一般的に
チョコレート中毒を引き起こすのは、

  • 小型犬(5キロ):ミルク板チョコ2枚
  • 中型犬(15キロ):ミルク板チョコ6枚
  • 大型犬(30キロ):ミルク板チョコ11枚

が目安と言われています。

つまり
板チョコを何枚も食べてしまったら、
急いで動物病院を受診した方がいい!
ということですね。

※注意※
ビターチョコなど
カカオ含有量が多いチョコの場合は、
もっと許容量が少なくなります。

犬の誤食・誤飲を防ぐために必ずするべき対策

犬に辛い思いをさせないために、
チョコを誤食・誤飲しないよう
飼い主が対策してあげましょう

たとえば、

  • チョコは必ず冷蔵庫保存する
  • 散歩中の拾い食い癖を徹底的になおす

といった対策は、必ずするべきです!

ワンちゃんが食べ物を欲しがらないために
ドッグフードの適切な量と与える時間を
見直してみてもいかがでしょうか。

⇒犬の餌の量はどのくらいが良いの?計算の仕方を紹介!

⇒犬の餌の時間に決まりはある?回数の目安を紹介!

まとめ

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

いかがでしたか?

おいしいチョコレートですが、
犬には絶対に厳禁です!

恐ろしい中毒症状を引き起こし、
最悪の場合死を招きます。

しかし許容量は意外と多く
ひとかけらをつまみ食い程度なら
心配はいりません。

板チョコを何枚も食べられてしまった場合
急いで吐き出させて病院へ急ぎましょう!

他にも、愛犬に与えてはいけない
野菜や果物もあるんです。

⇒犬に絶対与えてはダメな野菜とは?

⇒犬の食べ物!実は危険が潜む果物10選【決定版】

おやつは市販のワンちゃん用のものや
手作りおやつもオススメです!

⇒犬のおやつは手作りできる?ジャーキーを無添加で作る方法!

愛犬の健康の為にも
うっかり・・。ということがないように
チェックしてくださいね。



ペットの『臭い』が気になる人必見!

ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
人間と同じようにわんちゃんにも
アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
そんな愛犬の

  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥、湿疹
  • 肌荒れ

などで悩みを抱えている飼い主さんに
おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
「AVANCE(アヴァンス)」
です。

AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。



    【関連する人気記事】




    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    わんちゃんといっしょ編集部

    わんちゃんといっしょ編集部

    はじめまして。
    わんちゃんといっしょ編集部です。

    このサイトは、わんちゃんに関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

    わんちゃんのお悩みやリアルタイムな情報など、わんちゃんを飼われている飼い主様へのお役立ち情報をわかりやすく記事にしています。

    悩みや疑問を解決して、わんちゃんと楽しい日々を過ごしましょ☆

    この人が書いた記事  記事一覧

    • 犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

    • 犬の食べ物!禁止なものは?果物編

    • 犬がバナナの皮を食べた!農薬の影響や腸閉塞の可能性は?

    • 犬が玉ねぎを食べてしまった!応急処置の方法と受診の目安とは?

    関連記事

    • 犬のアレルギー検査の費用はいくら?保険で調べる方法とは?

    • 犬もメロンを食べていい?その効果と適切な与え方・量を紹介

    • 犬にブルーベリーは白内障に良いって本当?その根拠と与え方

    • 犬もみかんを食べれる?消化不良をおこさない正しい与え方!

    • 犬もトマトを食べる?その効果と注意点&簡単レシピを紹介!

    • 犬が卵を食べるなら加熱が必須!卵の殻は食べても大丈夫なの?