1. TOP
  2. 犬の栄養剤は注射がおすすめ?点滴より効果のある5つの方法とは?

犬の栄養剤は注射がおすすめ?点滴より効果のある5つの方法とは?

日常
  1,437 Views

突然ですが、クイズです。

犬は人の何倍のスピードで
年をとるでしょーか??

……
答えは、なんと約7倍です(‘Д’)!

そのため、
老犬(シニア)期を迎える6~8才以降は
さまざまな老化現象が出てきます

数ある老化現象の中でも
特に心配なのが
食が細くなる”こと。

犬も年とともに、だんだん食欲が
なくなっていってしまうんですよね(>_<)

食べる量が減るだけでなく、
偏食が進んで
好みのおやつしか食べなくなり、
栄養が偏ってしまう子もいます。。

そこで今回は、
そんな老犬の食について調べてみました!

  • 老犬の食が細くなったらどうしたらいい?
  • 老犬の栄養補給5つの方法

をご紹介します。

食べることは生きること!

体に必要な栄養を
しっかりと摂取することこそ、
健康の第1歩です 💡

フードを見直すだけでなく
栄養剤やサプリも上手に活用して、
愛犬の健康と長生きをサポートしましょう♪

Sponsored Links

栄養がとれなくて心配!老犬の食が細くなったらどうしたらいい?

c81201c643ceb4204cd36bb4ef6b5d23_s

愛犬が年をとって、
だんだんフードを残すようになってきたら…

どうしたらいいのでしょうか?
栄養がとれなくて、心配ですよね(>_<)

そんなとき、動物病院では
ブドウ糖やビタミンなどの栄養剤
点滴してもらうことができます。

水分とともにカロリーを補給すれば、
体力が回復して
また食べられるようになる場合もあります。

ただ、これはあくまでも応急措置

老化による食欲不振を補うには、
やはり日常の食事での工夫が大切です。

Sponsored Links

老犬の栄養補給5つの方法を紹介!

de46bdd924a7ef05fae91b67390e6147_s

 

食事でしっかりと栄養をとるために、
どんな工夫をしたらいいのでしょうか??

効果が期待できる5つの方法
ご紹介します♪

シニア用フード

まずはシニア用のフード
切り替えてみましょう。

若い犬用のフードは、
シニア犬にとっては油っぽかったり
食後に気持ち悪くなってりするため、
あまり食べたがらない場合もあります。

シニア犬には

  • 低カロリー
  • 低脂肪

シニア犬用フードがおすすめです♡

通常の食事にサプリをプラス

最近のドッグフードは栄養満点ですが、
愛犬には普通よりももっともっと
元気でいて欲しいですよね(´ω`*)

とはいえ老犬に肥満は大敵なので、
あまりたくさん食べさせることはできません。

そこで 💡

おすすめなのが、
通常の食事にサプリをプラスする方法です。

サプリならカロリーを気にしなくて
大丈夫ですからね♪

 

さて、問題はどのサプリを選ぶか…
ということですか、
わたしなら犬康食ワン・プレミアムを選びます

犬康食ワン・プレミアム
老犬にいい霊芝や乳酸菌が配合された
こだわりのサプリ。

愛犬の元気を支えるサプリとして、
発売以来15 年、7 万頭以上のわんちゃんに
愛用されているロングセラー商品です♪

犬康食・ワンの公式サイトで詳細を確認する

  • これからも元気でいたい!
  • ストレスが溜まっている!?
  • そろそろ老化が気になる!?
  • キレイな毛並みでいたい!
  • 健康な皮膚でいたい!

という飼い主の願いをサポートしてくれます♡

流動食

起き上がる体力のない老犬には、
流動食がおすすめです。

普段のフードをヤギミルクなどでふやかして、
メープルシロップや栄養剤を加えて
シリンジで与えてあげれば、
寝たきりでもおいしく食べられます♪

おいしそうにぺちゃぺちゃ食べていて、
偉いですよね(*^^*)

りんごのすりおろしなども
喜んで食べる子が多いそうですよ~。

チューブ入りの栄養剤

切羽詰まったときにおすすめなのが、
チューブ入りの栄養剤を与える
という方法もあります。

なんらかの原因で

  • 食べられない
  • 飲めない

状況に陥った犬のために、
高エネルギーサプリメントの栄養剤
販売されています。

イメージでいうと
ゼリー状のカロリーメイトって感じで、
少量で必要なカロリーを
補えるようになっています。

これだけでは食物繊維などが不足しますが、
普段のフードにプラスすれば
食欲不振を補うことができますよ(´ω`*)

皮下輸液

水分さえも摂れない犬には、
皮下輸液をおすすめします。

生理食塩水を皮下点滴をし、
水分を補ってあげるのです。

高熱のある時や腎臓病の犬にとって
脱水は命取りになります。

獣医師と相談してみてくださいね。

まとめ

f82e172f9b8573c1763fb8cecd5f1df8_s

いかがでしたか??

老犬の食が細くなったら
栄養をとれないのでは!?と心配ですよね(>_<)

そんなときには、

  • シニア用フードに切り替える
  • サプリをプラスする
  • 流動食
  • チューブ入りの栄養剤を与える
  • 皮下輸液をする

という5つの方法がおすすめです。

最近はシニア用フードも
次々に新しい物が発売されているので、
愛犬に合うものを
探してあげてくださいね♡

Sponsored Links



今ならペット保険が月700円から入れる♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田

安田

記事を読んでくださってありがとうございます!

小さい頃から大の動物好きで、
今は5才になる雑種犬と暮らしています。
犬を飼うって、本当に楽しいです♪
でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
病気になったらどうしよう・・・とか、
不安もたくさんあります。

犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
みなさんにお届けできたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA