1. TOP
  2. 2.ごはん
  3. ごはんコラム
  4. 犬がガムを食べた!キシリトールの誤飲が危険な理由とは?

犬がガムを食べた!キシリトールの誤飲が危険な理由とは?

    うっかり人間用のガムを床に落としたら、
    目ざとい愛犬が飛んできて
    すかさず’’パクッ’’!!

    犬が人間用のガムを誤飲してしまったら、
    とても不安ですよね。
    「キシリトールが危険」とも聞きます。

    a0800_000418

    実際、犬がガムを食べた場合は
    注意が必要
    です。

    犬にとって、人間用のガムは
    とても危険なものなんです。

    犬が人間のガムを誤飲したときの
    危険性と対処法をまとめました。

    ガム以外の注意すべき誤飲も、
    あわせてご紹介します。


    犬が人間のガムを食べてしまった!消化されるの?

    犬が人間のガムを食べてしまった場合、
    どうなるのでしょうか?
    ガムは消化されるのでしょうか?

    調べたところ、犬はガムを
    完全には消化できないようです。

    しかし、健康な犬であれば
    1日~3日ほどで
    ウンチと一緒に出てきます。

    dog-1191676_640

    なかにはうまく排出できず、
    胃腸が消化不良を起こし
    嘔吐や下痢に苦しむ子もいます

    そのため、犬がガムを誤飲した場合は
    素早い対処が必要です。

    飲み込んだ時の対処法は?

    犬がガムを飲み込んだ時の対処法を
    ご紹介します。

    犬がガムを飲み込んだ時の対処法
    1.犬の体を固定する。
    2.口の奥まで手をつっこむ。
    3.オエーッとなって、
     ガムを吐き出す。
              
    だめなときは・・・
    4.オキシドール液を水で3倍程に薄めて飲ませる。
     水で3倍程に薄めて飲ませる。
    5.嘔吐してもしなくても、
     動物病院へ急ぐ。

     

    人間と同じで、
    口の奥まで手をつっこまれると
    犬も「オエーッ」となります。

    この反射を利用して、
    ガムを吐き出させることができます。

    この方法は、
    飼い主が噛まれるかもしれませんが
    犬には一番安全です。

    a1180_013247

    この方法でも吐き出せなかった場合は、
    消毒用のオキシドール液を飲ませて
    無理やり吐き出させましょう。

    オキシドール液は犬に有害ですが、
    胃酸と混じると酸素と水に変化するので
    比較的安全です。
    嘔吐作用も高く、
    ガムを吐き出してくれやすいです。

    上手くガムを吐き出したとしても
    オキシドール液を飲ませていますから、
    獣医さんの診察を受けてくださいね。

    a0006_000859

    ガムを吐かせることができなかった場合、
    動物病院で次のような処置を
    受けることになります。

    • 嘔吐を促す点滴
    • 内視鏡での手術
    • 開腹手術

    犬がキシリトールを食べてはいけない理由とは

    犬が’’キシリトール入りのガム’’を
    食べた場合は、
    普通のガムを食べた場合よりも
    より注意が必要です。

    犬は
    キシリトールを食べてはいけないのです。

    どうしてなのでしょうか?

     

    その理由は、
    ’’犬はキシリトールを食べると

    低血糖に陥ってしまう’’
    という点にあります。

    低血糖になると痙攣や肝障害を起こし、
    最悪の場合は命を落とします。

    キリシトールの摂取限界量は、
    10kgの犬で1.37g程度

    小さなガム1粒でも、犬には危険です。

    すぐに獣医師の診察を受けましょう。

    他にもよくある!こんな誤飲には注意して

    キシリトール入りガムの他にも、
    次のような誤飲には注意が必要です。

    特に、
    家庭で誤飲事故が起こりやすい3つ
    をご紹介します。

    • タマネギ
    • タバコ
    • 有害植物

    タマネギ

    犬がタマネギを食べると、
    貧血になる恐れがあります。

    タマネギは犬の手の届かない場所に保管し、
    ゴミ箱や台所の床に
    切りくずを残さないようにしましょう。

    タバコ

    タバコの誤飲は犬の誤飲事故の10%
    を占めており、
    注意が必要です。

    a1180_016486

    タバコを誤飲すると、
    15分ほどでよだれ・震え・嘔吐といった
    ニコチンによる中毒症状があらわれます。

    ニコチンの致死量は
    8~12mg/kgといわれていますが、

    個体差が大きいため
    すぐに動物病院にいってください。

    有害植物

    お庭や散歩道などの身近な場所にも
    犬には有害な植物
    生えていることがあります。

    たとえばスイセンは、
    道端によく咲いていますし、
    ガーデニングで人気の植物です。

    しかしリコリンという毒が含まれおり、
    食べると嘔吐や発熱などの
    中毒
    症状を引き起こします。

    散歩中にそのへんの草を
    食べささないように
    気を付けましょう。

    またガーデニングをする際は、
    犬にも安全な植物を選んであげましょう。

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    犬がガムを誤飲した場合は、消化されずに
    ウンチと一緒に出てくることが多いです。

    嘔吐や下痢に苦しむ子もいますから、
    ご紹介した対処法で
    できるだけ早く対処してあげましょう。

    特に、キシリトール入りガムは要注意です。
    キリシトールは犬にとっては毒で、
    低血糖や肝障害になる恐れがあります。

    できるだけ吐き出させて、
    すぐに動物病院へいきましょう。

     

    ガム以外にも、
    犬はあらゆるものを誤飲する可能性
    があります。

    うっかり針金を飲み込んでしまった
    犬の動画をご紹介します。
    ほんと、ありとあらゆるものに
    注意してあげないといけないんですね。
    (所要時間:1分9秒)

    誤飲事故はとても怖いですが、
    そのほとんどは
    飼い主の注意で防ぐことができます。

    また、万が一の場合も
    対処法を知っていれば大丈夫です。

    ぜひこの記事を参考に、
    愛犬の安全を守ってあげてくださいね。



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
    人間と同じようにわんちゃんにも
    アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
    そんな愛犬の

    • 脱毛
    • かゆみ
    • フケ
    • 乾燥、湿疹
    • 肌荒れ

    などで悩みを抱えている飼い主さんに
    おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
    「AVANCE(アヴァンス)」
    です。

    AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。



    【関連する人気記事】




    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    わんちゃんといっしょ編集部

    わんちゃんといっしょ編集部

    はじめまして。
    わんちゃんといっしょ編集部です。

    このサイトは、わんちゃんに関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

    わんちゃんのお悩みやリアルタイムな情報など、わんちゃんを飼われている飼い主様へのお役立ち情報をわかりやすく記事にしています。

    悩みや疑問を解決して、わんちゃんと楽しい日々を過ごしましょ☆

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

      • 犬の食べ物!禁止なものは?果物編

      • 犬がバナナの皮を食べた!農薬の影響や腸閉塞の可能性は?

      • 犬が玉ねぎを食べてしまった!応急処置の方法と受診の目安とは?

      関連記事

      • 犬が骨を食べた!鳥の丸呑みや骨付き肉は消化に問題あり?

      • 犬の高血圧の症状や原因は?食事で気を付ける3つのこと

      • 犬にいちごを与えても大丈夫?含まれるキシリトールが危険!?

      • 犬はさつまいもを皮ごと食べても大丈夫?正しい与え方とは?

      • 犬は塩分不足も取りすぎもダメ!塩の適切な摂取量とは?

      • 犬がエビを食べた時の対処法!アレルギー反応は起こるの?