1. TOP
  2. 1.健康
  3. 皮膚病 原因
  4. 犬の皮膚病の膿皮症とは!発症しやすい年齢があるって本当!?

犬の皮膚病の膿皮症とは!発症しやすい年齢があるって本当!?

皮膚病 原因
 

    「膿皮症」という病気をご存知
    でしょうか。

    名前を聞いたことはあるが、どういう
    病気なのかまでは知らない方も
    多いことでしょう。

    膿皮症は犬が発症する皮膚病
    の中で、最も発症率が高い
    いわれています。

    飼い主さんは愛犬が膿皮症になった際、
    早期発見ができるように、基礎知識を
    備えておくと安心です。

    この記事では、犬の膿皮症について
    まとめました。




    犬の皮膚病の膿皮症の症状

    犬の膿皮症とは、どのような症状が
    現れるのでしょう。

    まずは、膿皮症の症状から
    見ていきましょう。

    1.発赤、発疹

    膿皮症にも種類があり、最も軽度なものは、
    皮膚の表面に細菌が繁殖した
    「表面性膿皮症」と呼ばれるものです。

    表面性膿皮症では、皮膚の炎症により
    赤みやニキビのような小さな膿
    が見られます。

    2.かゆみ、膿が出る

    皮膚の浅い部分にまで細菌が繁殖した
    状態を「表在性膿皮症」と言います。

    赤いぶつぶつや膿が溜まった膨らみ
    見られます。

    痒みを伴うため、掻いてしまうと
    膿疱が破裂して膿が出たり、
    飛び散ります。

    3.かさぶた、脱毛

    症状が進行し、膿疱が破裂すると、
    リング状に剥がれたかさぶた
    見られます。

    また、毛包に炎症が起きると、
    脱毛する場合があります。

    4.重症化した時の症状

    膿皮症は重症化すると、皮下組織
    まで細菌が入り込んでしまいます。

    この状態を「深在性膿皮症」
    と言います。

    激しい痒みや炎症、発熱、元気、
    食欲の低下などが見られます。

    犬の皮膚病の膿皮症の原因とは

    犬の膿皮症の原因のほとんどは「ブドウ球菌」
    によるものです。

    健康な犬でも滞在菌としてブドウ球菌を
    持っています。

    しかし、犬は角質層が薄いなどといった
    理由で、ちょっとした体調不良や
    皮膚の
    バランスの乱れで、容易に
    膿皮症を発症してしまいます。

    ⇒犬の皮膚病の対策おすすめランキング!自宅で簡単にできるTOP5!

    ⇒犬の皮膚病はストレスが原因だった!?病気と見分ける3つの方法

    犬の皮膚病の膿皮症を発症しやすいのは子犬!

    膿皮症は犬の皮膚病の中で最も
    発症率が高い病気だとされています。

    その中でも特に気を付けたいのが
    子犬、そしてシニア犬です。

    子犬は特に免疫力や抵抗力が弱く
    皮膚も敏感なため、ブドウ球菌に
    負けてしまうことが多いのが
    理由です。

    夏場の暑い時期や湿気の多い梅雨、
    免疫力の落ちる冬場などは
    特に注意してあげることが大切です。

    まとめ

    犬の膿皮症は、犬の皮膚病の中で
    最もかかりやすい皮膚疾患です。

    滞在菌であるブドウ球菌が原因の
    90%を占めるといわれています。

    特に免疫力の弱い子犬に
    発症することが多い皮膚病です。

    皮膚を痒がっていたり、
    赤い発疹が見られたりした場合には、
    膿皮症を疑いましょう。

    膿皮症は放って置くと
    悪化してしまいます。

    膿皮症かなと思ったら、はやめに
    動物病院を受診しましょう。

    ⇒犬の皮膚病の原因とは!生活習慣や遺伝は関係あるの?

    ⇒犬の皮膚病が治らないのはなぜ?効果的に治療を進めるためのPOINT!


    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    【関連する人気記事】


    Sponsored Links


    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    原京子

    高校生の時からジャンガリアンとゴールデン計10匹と暮らしました。仕事も動物病院や動物園をはじめ、動物業界を中心に活動してきました。この経験を活かしみなさまによりよいハムスター生活の手助けができればと考えております。大好きなのはハムのクロワッサン(横になって眠っている姿)です!

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬の皮膚病の症状リスト!皮膚の状態でどの病気か見分けられる!?

      • 犬の皮膚病の膿皮症とは!発症しやすい年齢があるって本当!?

      • 犬の皮膚病でかさぶたができる!色が違う理由とは?

      • ポメラニアンの餌おすすめランキング!成犬・子犬に合う選び方とは?

      関連記事

      • 犬が脳震盪を起こした!後遺症が残ったり死の可能性は?

      • 犬の殺処分!その理由は?ゼロにできる可能性はあるの?

      • 犬もみかんを食べれる?消化不良をおこさない正しい与え方!

      • 犬の歯磨きをしたことないのは問題?しないとどうなるの?

      • 犬の予防接種!毎年必要なの?

      • 犬のフィラリアの薬の種類は?値段や副作用についても紹介!