1. TOP
  2. 犬のアレルギーは克服できる?主な症状と家庭でできる改善策
Sponsored Links

犬のアレルギーは克服できる?主な症状と家庭でできる改善策

 2017/03/30 アレルギー
  286 Views

アレルギー…
名前を聞くだけでもなんだか
いやーな気持ちになるものですが、
犬にもアレルギーはあるのでしょうか?

もしもあるのならば
言葉でコミュニケーションを取れない分
飼い主さんがしっかりと
気づいてあげなければいけませんね。

今回は

  • 犬にもアレルギーはあるのか?
  • 犬に現れる主なアレルギー症状
  • 飼い主さんがとれるアレルギーの改善策

などをご紹介していきます。

早く気づいてあげられれば、それだけ
愛犬の負担を軽くすることができます。

いつもの元気な姿に早く戻ってもらう
ために詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

犬にもアレルギーってあるの?

結論から言えばYES
犬にもアレルギーはあります。

一説によれば約40%の犬が
既に食物アレルギーを持っている
または、その可能性を持っていると
言われています。

犬には食べさせてはいけない
といわれているものが
いくつかありますよね。

これらとはまた別に、
ドッグフードに使われているものが
アレルゲンだったりすることも。

また、食物アレルギー以外にも
代表的なものとしてアトピー性皮膚炎や
ノミに対するアレルギーなどがあるようです。

Sponsored Links

犬に現れる主なアレルギー症状とは?

では犬に現れるアレルギーの症状とは
どのようなものがあるのでしょうか。

早期に発見して
適切な対処をするためにも、
症状をきちんと把握しておきましょう。

1.皮膚疾患

犬のアレルギーとして
代表的なものになります。

アトピー性の皮膚炎食物アレルギー
という2つの種類があり、
治療の際には、まずどちらが
皮膚疾患の原因になっているのか
調べるところからはじめます。

症状が出る場所によって
犬の行動も変わるので、
しきりに痒そうなそぶりを見せたり
毛が大量に抜け落ちているのを見つけたら、
皮膚疾患の可能性があります。

2.嘔吐・下痢

こちらもアレルギーの症状としては
メジャーなものですね。

体内に入ってきたアレルゲンを
対外に排出しようとすることによって
起こる症状になります。

フードの中にアレルゲンが入っていた場合、
何度も嘔吐や下痢を繰り返すことになるので、
体力の消耗が怖い症状です。

3.涙やけ

特に小型犬に多く見られる「涙やけ
これもアレルギーによる症状の一つです。

犬の涙が良く出るけれど、
そのうち止まるだろうと放っておいたら
目の下が茶色く、ただれたように
なってくる
症状です。

見ているだけでも
なんだかとても痛そうですよね。

4.抜け毛

皮膚疾患に伴う症状の一つとして
抜け毛があります。

皮膚にアレルギー症状が出ることにより、
痒くて不必要に掻いてしまうことから
抜け毛が多くなる場合と、何もしていなくても
抜け毛が多くなってしまう場合とあるようです。

いつも寝ている愛犬のベッドに大量の
毛が抜けていた!
なんてことも。

5.足の指や肉球をかじる

こちらもアレルギーによる皮膚疾患から
かゆみが出ることによって
足の指や肉球などを
執拗にかじったりなめたりする
症状が出るようです。

足の指だけではなく
他の場所もかゆそうにしている場合、
アレルギーによるものだと考えられますが、
この症状は
アレルギーだけが原因ではありません。

ストレスなどによる「転移行動
と呼ばれるものの可能性もあるので、
この症状が見られたら
早めに病院を受診させましょう。

Sponsored Links

飼い主ができる犬のアレルギー改善策を紹介

ここまでアレルギーが出た場合の
犬に現れる症状を見てきました。

痒そうにしていたり、
辛そうにしているのは
見ているだけでも
かわいそうになってきますよね。

少しでも緩和させるために、
飼い主さんは何ができるのでしょうか。

順を追ってみていきましょう。

まずは動物病院で検査を受ける

そもそもアレルギーは
根治することのできる病気ではありません。

症状が現れないようアレルゲンを除去し、
以降近づけないようにするしかないので、
まずは何に反応しているのか
というところから調べなければいけません。

なので、アレルギーではないか
と考えられる症状が見られたときは、
まず病院で検査を受けましょう

アレルゲンの特定には
時間がかかったり
費用がかかったりしますが、
まずは今出ている症状を緩和するための
ケアの方法を教えてくれます。

Sponsored Links

フードを変更する

犬は基本的に肉食です。

しかし一部のフードには
犬のアレルゲンになりえる
穀物」や「添加物」が含まれています。

病院でも指示されることと考えますが、
自宅でもできる対処法として、
フードを変更してみましょう。

アレルゲンフリーのものや
いっそ手作りのフードに
移行してみるのもいいかもしれません。

サプリメントを使用する

人間でもアレルギーを軽減するために
乳酸菌のサプリメント
服用している方が多くいますよね。

犬も同じように
腸内環境の改善を図ることで
アレルギーを軽減できることがあります。

また、子犬や老犬など
体力が万全ではない犬の場合、
アレルギーに対する処置そのものに
耐えられない場合もあります。

そんなときも
やはりサプリメントの力を借りましょう。

おすすめは「あいこな(aikona)」

多くの愛犬家さんが、
このサプリメントで愛犬の不調が改善した
と絶賛されています。

あいこな(aikona)公式サイトはこちら

どのようなものなのか
じっくり検討してみてくださいね。

シャンプーを変更する

皮膚疾患を起こしている、
皮膚にアレルギー症状が出ている
こんな犬の皮膚はバリア機能が著しく低下し、
とてもデリケートな肌になっています。

犬のシャンプーは皆さん基本的に
低刺激なものを選んでいるとは思いますが、
それでもまだ刺激が強い場合があります。

アレルギーをしっかりと把握し、
肌に合ったシャンプーで清潔に
してあげることはアレルギー治療の
大切な一環でもあります。

アレルギー症状がひどいと感じたら、
シャンプーの銘柄変更を検討してみましょう。

まとめ

今回は犬のアレルギーに関して
ご紹介してきました。

痒そうだったり元気が無かったり、
見ているだけでもかわいそうになってくる
犬のアレルギー。

根治治療の方法が無いといっても、
症状を押さえ込む
あるいは軽減させることは可能です。

適切な対処、日々の積み重ねで
少しでも良くなるよう
一つの参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links



今ならペット保険が月700円から入れる♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪





Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

わんちゃんといっしょ運営事務局

わんちゃんといっしょ運営事務局

はじめまして。
わんちゃんとっしょを管理しているNIGOと申します。

このサイトは、わんちゃんに関する色んなお悩みや不安を解消して頂くためのキュレーションメディアです。

わんちゃんのお悩みやリアルタイムな情報など、わんちゃんを飼われている飼い主様へのお役立ち情報をわかりやすく記事にしています。

悩みや疑問を解決して、わんちゃんと楽しい日々を過ごしましょ☆