1. TOP
  2. 老犬の口臭がひどい!急にニオイが強くなった原因と解決法!

老犬の口臭がひどい!急にニオイが強くなった原因と解決法!

病気
  25 Views

老犬になると口臭がきつくなることがあります。

犬はいつもと変わらず近くにきてくれるのは
嬉しいけれど、口臭がひどいと
さりげなく顔をそむけてしまったりして…。

このニオイは一体どこからくるのでしょう?

もともと口が臭かったのなら体質なのかな?
とも思えますが、
年をとり、急にひどくなった場合は少し心配。

もし口臭の裏に病気が潜んでいるのだと
したら、早めに対処してあげたいですね。

というわけで今回の記事では、
老犬の口臭の原因と改善策などをご紹介
していきます。

ちなみに我が家の犬もひどい口臭でしたが、
今は驚くほどに無臭です。
本文では、そんな我が家の口臭犬(?)の体験談
交えてお伝えしていこうと思います。

Sponsored Links

老犬の口臭が急にキツくなった!その原因とは?

bernese-mountain-dog-1935025_640

人間も口臭がきつくなると、
虫歯だったり歯周病だったり、
胃腸が悪かったりと、
ひとくちに口臭と言っても様々な原因が
あるように
犬の口臭も同じようにいくつかの原因が
考えられます。

この章では、特に老犬の口臭の原因として
多いものをご紹介します。

歯周病

老犬に限らず、犬の口臭の原因として
最も多いのが歯周病

歯磨きを習慣化していない犬は歯石が
付着し、次第に歯茎が炎症を起こして
しまいます。

歯周病・歯肉炎は口臭だけでなく、

  • クシャミが増える
  • 歯が抜ける
  • 鼻血が出る
  • 痛みにより食欲がなくなる
  • 頬に穴が空く

などの症状も出てくるそうです。

犬の口臭が気になり、
歯石がついているな、歯茎が赤いなと
思ったら、早めに獣医師の診察を受けましょう。

腸内環境の悪化

老犬は腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の
バランスが乱れ、腸内環境が悪化したり、
消化能力が低下しやすくなります。

人間でも同じですが、胃腸が悪くなると
口臭の原因になります。

また、病気などで全身の状態が悪い時も
口臭が出てくることもありますので
何にせよまずは獣医師への相談を第一
してください。

Sponsored Links

犬の口臭を抑える対策とは?

dog-1930972_640

口臭が気になったらまずは診察を受け、
原因を確かめましょう。

原因が分かったら次は口臭の改善です。

この章では犬の口臭を抑える対策をいくつか
ご紹介します。

病院での治療だけでなく、
飼い主さんができる対策もありますので
参考になさってください。

ハンドスケーリング

歯石や口の中の汚れが口臭の原因だった
場合、
歯石を取り、その後も新しい歯石がつかない
ように歯磨きの習慣をつける必要があります。

ハンドスケーリングとは、麻酔をかけずに
歯石を除去する方法です。

我が家の犬は毎日歯磨きをしていても
歯石がつきやすく、
動物病院でハンドスケーリングをして
もらっていました。

ハンドスケーリングは麻酔をかけずに
行うので持病や高齢などの理由で
麻酔をかけられない犬も受けられますが、
歯石を完全には取りきれません

歯石を予防するには何よりも毎日の
歯磨きが大切。

子犬の頃から週間づけていないと
嫌がる場合が多いのですが、
今からでも少しずつ慣れさせていきましょう。

麻酔下でのスケーリング

ハンドスケーリングでは完全に歯石を
取り除くことができないと書きましたが、
麻酔下でのスケーリングは本当にきれいに
歯石をとることができます。

かかりつけの獣医さんの話では、
「スケーリングにより歯の表面に細かい傷が
つくので歯石は以前よりもつきやすくなる
とのことでした。

また、麻酔のリスクもありますので
術前に血液検査を受ける必要もあります。

持病があったり、高齢の犬の場合は
麻酔のリスクの方が高いので受けられない
ことが多いと思います。

我が家の犬はこれまでに2回受けました。

2回目に受けた10歳の時、
麻酔をかけた処置はこれで最後というつもりで
「グラグラしている歯を希望を持って残す
のではなく、抜いてしまう」
という方針で受けた結果、100%歯抜けに
なってしまいました^^;

ですが歯茎の炎症は見事におさまり、
あんなにひどかった口臭が一切なくなりました!

正直この子はうんちも臭いので
口が臭いのは体質だろうと思っていた節が
あるのですが、原因は歯周病だったようです。

麻酔下でのスケーリングは術前検査や
管理などで丸1日預け、費用は3万円くらい
でした。

フードの見直し

老犬の口臭で、

  • 歯石に問題がないOR歯石除去しても
    口臭が改善しない
  • 健康診断の結果大きな疾患が
    見つからない

このような場合は老化による腸内環境の
悪化が原因かもしれません。

7歳を超えた犬は、老犬の消化能力に
合わせたシニア用のフードや、
より上質なフードに変更するなど
食餌に気を付けてあげましょう。

また、フードを変えた途端に口臭がひどく
なった時は、元のフードに戻したり
他のフードに変更した方が良いかもしれません。

Sponsored Links

老犬の口臭治療にリスクはある?

dog-1917524_640

これまでに口臭の原因、対処法をご紹介
してきました。

これらの対処法は健康な若い犬ならば
それほど問題なく行えることですが、
老犬にとっては負担がかかることもあります。

具体的にどのようなリスクがあるのか、
以下に説明します。

麻酔のリスク

高齢犬の場合、よほどのことがない限り
麻酔はかけたくないですよね。

他の病気にかかった時でも、
麻酔をかけた処置を行うかどうかは
リスクと効果をかなり慎重に検討します。

我が家も10歳の時に「最後の麻酔」という
ことで麻酔下でのスケーリングを受けましたが、
それでも不安はありました。

スケーリングのストレス

ハンドスケーリングの場合、
麻酔のリスクはありませんが、
かなりしっかりと保定をされ、病院が苦手な
犬にとっては相当なストレスです。

我が家の犬も1匹は受けられたのですが、
もう1匹は処置の間、緊張して息を止めて
しまうので、ハンドスケーリングは難しいと
言われました。

フードの変更が原因の下痢

腸内環境を整えるために
フードをより上質なものに変えるのは
とても良い事ですが、
消化能力の衰えた老犬はフードの変更が
負担になり、かえって胃腸の調子が悪く
なってしまうこともあるので注意が必要です。

フードの変更後はお腹の調子が悪くなるのは
若い犬でもよくあることですが、
老犬にとっては下痢などの症状が体力を奪い、
体調を崩してしまうこともあります。

Sponsored Links

老犬に負担のない口臭対策とは?

four-dogs-1919152_640

それでは老犬に負担のない口臭対策とは
一体どのような方法があるでしょうか。

まず、歯石や歯周病の場合
動物病院での治療を最優先にし、
獣医師の指示のもとで適切な処置を受ける
ことをおすすめします。

特に大きな疾患がなく、歯周病もない場合
腸内環境を整えてあげることが大切。

とはいえ上に挙げたようにフードの変更は
老犬にとって負担がかかることもあるので、
今まで通りのフードにサプリを加えるのが
体への負担もなく、
栄養素を補えておすすめです。

老犬のために作られた犬康食・ワンには、
免疫をサポートする霊芝の他、
有胞子性乳酸菌(プロバイオテクス)配合。

この乳酸菌が生きたまま腸に届き、
腸内環境をサポートしてくれます。

犬康食・ワンの公式サイトで詳細を確認する

口臭の原因となる腸内環境だけでなく
毛並みが悪い、疲れやすい、白髪が増えた
などの老化の症状もサポートしてくれます。

初回は割引価格&送料無料なので
まずは気軽に試してみましょう。

我が家の犬は口臭はないのですが、
最近めっきり老けてきたので犬康食・ワン
飲ませはじめたところです^^

まとめ

toothbrush-1842248_640

今回は老犬の口臭の原因や対処法について
お伝えしました。

若い時はちょっとしたトラブルでもあまり
深く考えずに対処できていましたが、
犬が年老いてくると対処法ひとつにしても
身体に負担はないかな?
と心配になってしまいますね。

健康に年を重ねるためにも
口臭に気付いたら適切なケアをして
あげましょう。

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

dog-1888233_640

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

動物の母

動物の母

犬猫鳥その他の生き物+2児と暮らしています。
年老いてきた犬は動物病院にかかる機会も多く、
元気に長生きをさせるために勉強の日々。
これまでの経験談などがお役に立てば幸いです。