子犬

子犬がドッグフードを吐く!繰り返す原因や3つの対処法とは?

子犬がしょっちゅうドッグフード
を吐いてしまう。

飼い主さんとしては、非常に心配ですよね。

元気がある場合でも、何か病気に
かかっている可能性はあるのでしょうか。

また、ドッグフードを吐いてしまう場合、
病院に連れて行くべきか悩んでしまう
方も多いと思います。

病気ではないとしたら、どのような
原因が考えられるのでしょう。

また、対処法があれば是非
知りたいですよね。

この記事では、子犬がドッグフードを
何度も吐いてしまう原因や対処法
についてまとめました。







子犬がドッグフードを吐く5つの原因

子犬がドッグフードを吐いてしまうのは、
いったい何が原因なのでしょう。

ここでは、子犬が吐く原因を紹介します。

1.消化器管がまだ未発達

子犬は消化器官がまだ未発達
なため、硬いドッグフードや
消化の悪いドッグフードを
食べると、消化が追い付かずに
吐いてしまうことがあります。

この場合は、吐いた物を再び
食べることがあり、元気がある
ことも特徴です。

消化器官がまだ未発達な子犬には、
消化の良い新鮮な肉を豊富に配合し、
消化に適さない穀物や人口添加物
不使用のドッグフードがおすすめです。

また、人肌程度のお湯で柔らかく
ふやかして与えることも効果的です。

2.早食い・一度にたくさんの量を食べ過ぎた

犬は元来、人間のように食べ物を
咀嚼して食べるという習性はありません。

主食となる肉を犬歯で引き裂き、
丸のみをします。

そのため、噛まないでフードを
飲み込んでしまうことは珍しく
ありません。

しかし、ガツガツと早食いしたり、
一度にたくさんの量を食べると、
フードが喉に詰まり吐き出して
しまうことがあります。

一度に与える量を減らし、食事回数を
増やしてみることや、早食い防止の
食器を使用してみることをおすすめします。

3.アレルギー反応

人間にも特定の食材にアレルギーを
持つ人がいるように、犬にも
食物アレルギーが存在します。

犬の食物アレルギーは、チキンやラム肉
などの動物性タンパク質、卵、乳製品、
大豆、小麦、トウモロコシなどに
多く見られます。

症状としては痒みや発疹など
アトピー性皮膚炎に良く似て
いますが、下痢や嘔吐が見られる
ことが特徴です。

どの食材に対してアレルギーが
あるのかは、個体によって異なります。

動物病院で検査を受けることで、
アレルゲンを特定することができます。


Sponsored Links





4.異物がのどに詰まっている

子犬は好奇心旺盛で、なんでも
口に入れて確認しようとします。

そのため、異物を誤飲、誤食して
しまうことも少なくありません。

異物が食道や胃に入っていると、
それを体内から排出しようと吐く
場合があります。

異物の誤飲、誤食は胃や腸を傷つけたり、
腸閉塞を引き起こす可能性があり
大変危険です。

食事の時間以外でも吐く動作が
見られたり、異物を飲み込んだ
可能性がある場合には、様子を見ずに
速やかに動物病院を受診してください。

5.口腔内やのど・食道の炎症や病気

吐いた後もぐったりとしていたり、
嘔吐物に血液が混じっている、
緑色のものを吐く場合には、
病気の可能性があります。

また、口内炎や食道炎など、フードが
通る場所に炎症が起こっている場合、
うまく食べることができずに吐いて
しまうことがあります。

吐いた物を良く観察し、血液などが
混ざっている場合には、動物病院を
受診するようにしてください。

子犬がドッグフードを吐く場合の対処法

子犬がドッグフードを繰り返し
吐いてしまうと、必要な栄養を
摂ることができないほか、
脱水症状などのリスクが高まります。

子犬が吐かずにフードを食べる
ようにするには、どのような方法が
あるのでしょう。

ここでは、子犬がドッグフードを
吐いてしまう際の対処法を紹介します。

1.病気やトラブルのテックをする

ドッグフードを吐いてしまう場合、
一番気を付けたいのが病気や
誤飲などのトラブルです。

子犬は免疫力が低く、自力で病気を
治すことは容易ではありません。

また、誤飲・誤食は腸閉塞や胃腸を
傷つけてしまう恐れがあります。

吐く以外にも、元気がない、下痢をする
などの症状が見られた場合には、
動物病院を受診して病気や
体調異常の有無を確認しましょう。

2.早食いをしないように工夫する

私たち人間にも同じことが言えますが、
早食いをすると喉にフードが詰まって
しまい、吐き出してしあうことが
あります。

犬は私たちと違い、よく噛んで食べる
という習性がないため、特に
早食いをしてしまいがちです。

早食いの防止には、一度に与える量を
減らして給餌回数を増やしてみる
ことや、早食い防止用の食器を
利用してみましょう。

3.一度にたくさんのドッグフードをあげすぎない

子犬は消化器官が未発達なため、
成犬のように一度に多くの量を
消化しきることができません。

そのため、一度に多くの量を与えて
しまうと、消化が追い付かずに
吐いてしまうことがあります。

子犬の場合は1日の給餌量を成長に
合わせ、3~5回に分けて少量ずつ
与えることが一般的です。

吐いてしまう場合には、一度に
与える量が多すぎる場合があります。

このような場合には、1日の給餌回数
を増やしてみることをおすすめします。


Sponsored Links





消化不良で吐く場合は消化吸収の良いドッグフードへの切り替えを!

子犬がドッグフードを吐いてしまう
原因として多いのが、消化が
追い付かないことです。

子犬が消化不良を起こさないためには、
一度に大量に食べさせないことも
もちろんですが、消化吸収の良い
フードを与えることが大切です。

そこでおすすめしたいドッグフードが
このこのごはんです。

このこのごはんは、人間でも食べることの
できる高品質かつ厳選された食材を
使用しています。

消化に悪いトウモロコシや小麦、
人口添加物の使用は一切なく、
栄養素には野菜などの天然素材を
使用しています。

また、犬が化を得意とするお肉を
ふんだんに使用しているため、
消化吸収に優れています。

このこのごはんの購入を
検討している方は、公式サイトが
おすすめです。

⇒このこのごはんの公式サイトで詳細を確認する

このこのごはんは、子犬からシニアまで
生涯を通して与え続けることができる
良質なドッグフードとなっています。

また、購入の際には割引制度が
利用できるお得な定期購入コースも
ありますよ。

子犬に必要な栄養やおすすめの
ドッグフードを詳しく知りたい方は、
こちらの記事がおすすめです。

⇒子犬のドッグフードの選び方!おすすめの栄養と5つの選ぶ基準とは?

この記事では、子犬に必要な栄養素や、
おすすめのドッグフードをランキング形式で
紹介しています。

まとめ

子犬がドッグフードを吐いてしまう際には、
消化が追い付かない、早食い、誤飲や誤食、
アレルギーなど、様々な原因が
考えられます。

明らかに元気がない場合には、
病気の可能性もありますので
動物病院を受診すると安心です。

子犬に与えるドッグフードは、
新鮮な肉を豊富に使用している
内容のものが、消化吸収に
優れているためおすすめです。

この機会に、ドッグフードの品質を
見直してみてはいかがでしょうか。

子犬のドッグフード選びに困っている方は、
こちらの記事がおすすめです。

⇒子犬のドッグフードはコレがおすすめ!人気のTOP5を一挙大公開!

この記事では、子犬に是非与えたい
おすすめのドッグフードを、ランキング形式
で紹介しています。







【関連する人気記事】

あわせて読みたい

人間と同じようにわんちゃんにも
アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
そんな愛犬の

  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥、湿疹
  • 肌荒れ

などで悩みを抱えている飼い主さんに
おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
「AVANCE(アヴァンス)」
です。

AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

など排泄後の肛門周囲ケア等にも
幅広く応えてくれます。

世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
特許成分「RG92」を配合しており
特別な保湿力があります。

化学薬品を一切使用していないので
安心して利用できます。



ABOUT ME
原京子
高校生の時からジャンガリアンとゴールデン計10匹と暮らしました。仕事も動物病院や動物園をはじめ、動物業界を中心に活動してきました。この経験を活かしみなさまによりよいハムスター生活の手助けができればと考えております。大好きなのはハムのクロワッサン(横になって眠っている姿)です!