未分類

ドッグフードの寄付!被災地・ボランティアへの送り方&注意点

被災地のニュースをテレビや
ネットニュースで見たときに、
ペット同伴で避難をしている人を
見かけたことがありませんか?

人間には、炊き出しや
寄付品がありますが、
避難してきた犬達には
それがほとんどありません。

被災地では飼い主と共に
避難してきた犬もいれば、
迷子になっている犬もいます。

犬達が毎回食事を
十分に取れるかどうかは、
被災直後では難しい状況です。

また、寄付して欲しいものや
詳しい寄付の方法が分からず、
結局そのまま何も出来ず。
という方もいるのではないでしょうか?

今回はドッグフードの正しい
寄付方法やボランティア団体に
ついて情報をまとめました。

何を寄付したら良いのか
悩んでいる方や、
ドッグフード以外にも
寄付できるものがあれば
協力したいと思っている方は
この記事を参考にしてみて下さい。







被災地やボランティアに余ったドッグフードを寄付する方法は?

飼い犬が食べなくなったドッグフードや
買い置きしておいたドッグフードを、
被災地のペットに寄付をしたいと
思ったことはありませんか?

犬を飼っていなくても、
寄付品によって協力出来る
ことも多くあります。

犬を飼っていないからと
諦めてしまうのはまだ早いです。

家で余っているものを、
寄付品として送ることも出来ます。

今回は、

  • 開封後でもいい?
  • ドッグフード以外にも
    寄付出来るものはある?
  • 寄付の際の正しい送り方とは?

こちらの3項目について、
まとめています。

 

開封後でもいい?

フードの種類、消費期限、
在庫量などから
判断する団体もあります。

まずは、寄付をしたい団体に
直接問い合わせて、
判断をして貰いましょう。

問い合わせをする際には
・フードの種類(成仔の別)
・量
を分かる範囲で
伝えるようにしましょう。

ドッグフード以外にも寄付出来るものはある?

犬のトイレ用に使える物

  • ペットシーツ
  • 新聞紙
    (チラシを抜いたもの)
  • タオル
  • ゴミ袋

その他

  • 首輪
  • リード
  • ハーネス

ドッグフード以外

  • 犬用粉ミルク
  • ドッグフード入れ
    (深めのもの)

首輪などが外れて避難してきた
ペットや、まだ赤ちゃんのペットが
いることもあります。

また、犬のトイレに使用出来るものは、
出来る限り寄付をして
あげたいものですね。

新聞紙は必ず、チラシを抜いたもののみ
送るようにしましょう。

そうでないと、古紙として
処理されてしまう
可能性があるからです。

ご自宅のペット用品を、
今一度確認をしてみて下さい。

寄付出来るものが
出てくるかもしれません。

寄付の際の正しい送り方とは?

梱包時に、ひとつの段ボールに
一種類のものを入れる
ようにしましょう。

つまり、ドッグフードを入れた
段ボールには、他の寄付品を入れない
ようにするということです。

梱包を終えた段ボールには、
大きな字で何を梱包したのか
書いておきましょう。

これは被災地での寄付品の
仕分け作業を、少しでも
軽減させるためです。


Sponsored Links





ドッグフードの寄付はこちらへ

寄付を受け入れている
団体を紹介します。

まずは、いずれかの団体に連絡を
とってみることが大切です。

寄付の受入れをしているボランティア団体

NPO法人「犬と猫のためのライフボート」
URL http://www.lifeboatjapan.org/
電話 04-7190-1919
住所 非公開
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
※年中無休
NGなドッグフード 野菜入りのもの

日本ドッグホーム協会
URL http://www.doghome.jp/
電話 054-360-1345
住所 〒424-0302
静岡県静岡市清水区小河内925-1

被災地へ送りたい場合

公益財団法人日本動物愛護協会
URL http://www.jspca.or.jp
電話 03-3478-1886
受付 10:00~12:00、13:00~17:00
平日(年末年始を除く)
FAX 03-3478-1887
災害時に案内がサイトに
掲載されるので、確認をしましょう。

一般財団法人ペット災害対策推進協会
URL http://doubutsukyuen.org/
住所 〒160-0016
東京都新宿区信濃町8-1
メール support@doubutsukyuen.org
災害時に、ペットの救護や支援を
強化するための機関です。


Sponsored Links





偽ボランティア団体に要注意!

東日本大震災以降、
偽のペットボランティア団体
増えてきています。

あなたの善意の寄付が
無意味にならないように、
ボランティア団体について
きちんと調べましょう。

調べる際のポイントについて、
いくつかご紹介したいと思います。


団体のホームページに
記載されている住所が、
架空の住所だった

この場合の多くは、
偽ボランティア団体で
あることが多いです。

また、住所は存在していても
別の会社のビルであったりする
こともあります。

こういった場合も注意を
する必要があります。

 

物資の寄付ではなく金銭の寄付を
しつこく要求される
物資の寄付を拒否する場合も、
偽ボランティア団体である
可能性があります。

問い合わせ時に違和感が
あった場合は、そのボランティア団体を
避けるようにしましょう。

 

活動内容や実績が
明確に記載されていない

ボランティア団体で活動内容や
実績を詳細に掲載していない場合は、
注意した方がよいでしょう。

実際に物資を寄付しても、
きちんと被災地に届けられているか
不安になりますよね。

問い合わせ前に
ボランティア団体のサイトや
口コミなどを調べるように
しましょう。

 







【関連する人気記事】

あわせて読みたい

ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

ABOUT ME
わんちゃんとドッグフード編集部
わんちゃんとドッグフード編集部
犬の食に関する情報を提供している わんちゃんとドッグフード編集部です。 犬好きの私たち20~40代の男女4人チームです。 ドッグフードはどれがいいのか? 安く買える方法はあるのか? また食べてはいけない食材など わんちゃんを飼っているからこそわかる 犬の食べ物について、飼い主の皆様に情報をお届けします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA