1. TOP
  2. ドッグフードのストッカーは真空が最適!おすすめ商品10選!
Sponsored Links

ドッグフードのストッカーは真空が最適!おすすめ商品10選!

    愛犬家の皆さん、ドッグフードの保存
    どのようにしていますか?

    フードにジッパーがついていない物も
    ありますので、小分けして冷蔵庫
    入れたり、密封や真空のストッカー
    使ってる方が殆どだと思います。

    その他に湿気剤や酸化防止剤を入れたり
    とけっこう気を使うし手間もかかります。

    そこで人気の真空ドッグフードストッカー
    について下記の通りまとめてみました。

    • 真空ストッカーがいいって本当?
    • 長持ちさせる保存のコツ
    • ドッグフードストッカーおすすめ10選
      ※真空、大型、遮光性別

    これからの季節に役立つフードストッカー
    が見つかるといいですね!

    Sponsored Links

    ドッグフードを長持ちさせるには真空ストッカーがいいって本当?

    ドッグフードを長持ちさせるコツ
    「湿気」と「酸化」を防ぐ!
    に尽きますね。

    ドッグフードは容量が多い程お買い得
    なので、出来れば少しでもお得に買って
    ストックしておきたいものです。

    そうなると「湿気」「酸化」を防ぎ
    新鮮さを保てる保存容器が必須となります。

    両方をしっかり防ぐという意味では真空
    フードストッカーでの保存が最も理想的
    と言えるでしょう。

    ドッグフードを長持ちさせたい!保存のコツはある?

    そこでドッグフードを長持ちさせる
    保存のコツについて確認しましょう。

    ◎ドライタイプ

    【未開封時】

    長期保存に適しているので賞味期限も
    長いですが、冷暗所愛犬の目に
    触れない場所での保存が理想です。

    【開封時】

    開封して空気に触れるとすぐに酸化
    が進みます、1ヶ月以内に食べきれる
    サイズが理想的です。

    でもお得なサイズで食べきれない時
    は袋ごと密封保存が出来るストッカー
    真空容器などに小分けしておきます。

    Sponsored Links

    ◎ウェットタイプ

    【未開封時】

    ドライタイプに比べ賞味期限も短め
    です、缶詰タイプ夏場以外は冷暗所
    に保存しましょう。

    【開封時】

    開封後はその日の内に食べきるのが
    基本ですが、特に夏場は必ず冷蔵庫
    で保存します。

    食べきれない時小分け出来る密封
    容器などに入れて保存しますが、犬用
    とわかるように区別しておきましょう。

    特に夏場の保存は注意が必要です。
    高温多湿はカビや虫の予防対策
    必須となります。

    そんな夏の酸化・カビ・虫を予防する
    秘策については以下の記事を参考に
    して下さいね。

    ドッグフードの保存方法!夏の酸化・カビ・虫を予防する秘策

    ドッグフードストッカーおすすめ10選!

    保存方法やストッカーを使うのが
    良いとわかったけど、どんな物を
    選べばいいの?という方へ

    おすすめのドッグフードストッカーを
    紹介しますね。

    真空ストッカーのおすすめ

    ドッグフードの真空ストッカーは
    価格も高くなるので長く使えて
    容量の大きい物がお得で便利です。

    ①グッドスマイルインターナショナル真空キャニスター5L

    出典:http://www.rakuten.co.jp/

    ワンプッシュで24時間真空状態
    フードを酸化から守り、いつでも
    新鮮な状態で保存出来ます。
    ※電池使用の為、交換費用がかかります。

    商品詳細ページへ移動

    ②ドギーマン真空フードストッカー3.6L

    出典:http://www.rakuten.co.jp/

    付属のポンプで空気を抜くだけで
    真空状態が保てます計量カップ付
    ドッグフード約1~1.2kg入ります

    商品詳細ページへ移動

    ③加藤産業 真空保存庫 VL-2B

    出典:https://www.amazon.co.jp/

    排気口に別売りのポンプを押しつけ
    空気を抜くだけで強力な密封力を発揮
    して新鮮さを保ちます。

    商品詳細ページへ移動 

    ④真空フードストッカー フーディー3.7L

    出典:http://www.rakuten.co.jp/

    別売りのポンプで真空状態にロック
    そのまま3ヶ月も保存可能
    1.8kgのドックフードが入ります。

    商品詳細ページへ移動 

    Sponsored Links

    大型(10kg以上)ストッカーのおすすめ

    多頭飼いや大型犬など大容量フード
    を保存したい方の大型ストッカー。

    ⑤アイリスオーヤマ フードストッカー10kg

    出典:http://www.rakuten.co.jp/

    袋のままドライフードを保存出来ます。
    幅が広く入れやすく、しっかり密封出来ます。
    除湿剤がセット出来るカバー付

    商品詳細ページへ移動 

    ⑥グリーンフードコンテナM 15kg/27kg

    出典:http://www.rakuten.co.jp/

    蓋のパッキンでしっかり密封、湿気や虫を
    防ぎます、大容量でフードの出し入れも
    簡単スプーンが収納できるのも便利

    商品詳細ページへ移動 

    ⑦リッチェル フードキーパー10kg

    h出典:ttps://www.amazon.co.jp/

    臭いもれや湿気を防ぐパッキン付き
    ドライフード10kgまるごと入ります
    すくいやすいカップ付き

    商品詳細ページへ移動 

    ⑧【Stefanplast】フィードビントム46L

    出典:https://www.amazon.co.jp/

    高純度のプラスチック製で軽く
    しっかりロックが出来るので湿気や
    虫を防ぎフードが16kgも入ります。

    商品詳細ページへ移動

    Sponsored Links

    遮光性のあるストッカーのおすすめ

    フードは熱や光に弱く日光が当たる
    場所だと痛みも激しいので、遮光性の
    あるタイプを選びたいですね。

    ⑨ガンマ ドライフードストッカー4.5kg

    出典:https://www.amazon.co.jp/

    犬がこじあけにくいスクリュー式の蓋
    容器が軽く持ち運びしやすい。
    気密性が高く酸化や虫を防ぎます

    商品詳細ページへ移動 

    ⑩バケツ型米びつトッタン5kg

    h出典:ttp://www.rakuten.co.jp/

    トタン製の米びつなので光を通さず、
    2重の蓋で湿気をブロック、持ち運び
    やすくフードストッカーとしても最適

    商品詳細ページへ移動 

    色々なドッグフードストッカーを紹介して
    きましたが、基本は湿気と酸化に強い事
    価格以上の良い品が見つかるといいですね!

    まとめ

    いかかでしたか?
    ドッグフードは格安なのでまとめ買い
    する方も多いと思います。

    容量も大きいサイズの方が断然お得だけど
     1ヶ月では食べきれないので断念してるわ
    って方もいるのではないでしょうか。

    常に新鮮さを保てる真空ストッカーで
    容量多めに保存出来るのなら、今より
    節約になるかもしれません。

    これから湿気や虫が心配な季節です。
    賢く選んで愛犬の「美味しい顔」
    いつも満喫出来るといいですね!

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    結花

    結花

    子供の頃は漁師の家で育ったので、運搬用の犬種もわからない大きな犬と番犬用のスピッツがいてよく遊んだ事を覚えています。

    高校生の頃からはずっと猫が家にいる生活を送って来て、現在も2匹の愛猫(マンチカン)と暮らしています。

    動物病院でよく見かけるワンちゃんの仕草や行動を見るのも大好きです。

    犬の記事を書くようになってから特に興味を持ちよ~く観察したり、犬を飼っている友達に色々聞いたりしてますが、猫との違いが意外と多く興味深々で毎日ワンちゃんの不思議との出会いを楽しみながら書いています。

    少しでもワンちゃんを愛する皆さんのお役に立てれば嬉しいです。