1. TOP
  2. 犬の靴を脱げないようにしたい!みんながやってる工夫とは?
Sponsored Links

犬の靴を脱げないようにしたい!みんながやってる工夫とは?

    犬用の靴』ってご存知ですか?

    「犬に靴!?」
    「犬は裸足でいいんじゃないの……?」
    とも思うかもしれませんが、
    犬の靴は最近ある理由で
    とても人気になっているんですよ。

    お持ちの方も
    多いのではないでしょうか??

    1足は持っておいた方がいいと、
    私も思っております、はい。

    ただ、結構脱げやすいんですよねー

    犬自身も脱ぎたいのか、
    気づいたらぽーいぽーいっと脱いで
    知らんぷりしてたりします”(-“”-)”

    なにか脱げないようにする工夫
    ないのでしょうか?

    靴愛用中の飼い主さんがやっている
    コツやアイデアを調べてみました♪

    Sponsored Links

    犬の靴を脱げないようにするにはどうすればいい?

    2d22ccb7820897ba8cf1a8c20d122053_s

    安心で便利な犬の靴ですが、
    すぐに脱げる!!
    という大きくて致命的な難点があります。

    その克服のためには、
    ちょっとした工夫が必要です。

    足のサイズを正しく測定して購入する

    まずは、
    サイズを正しく測定してから
    購入することが大切です。

    靴が小さいと犬が脱ぎたがりますし、
    大きいと自然に脱げてしまいます

    正確な足をサイズを知るには、

    • 足首の太さ
    • 足裏の幅
    • 足裏の長さ

    の3つを測りましょう。

    2人かがりで、
    1人が犬を抱っこして足を固定し、
    もう1人が測るとスムーズです♪

     

    ✐慣れるまでは大変!?
    便利な犬の靴ですが、
    ぴったりサイズを選んでも
    最初は犬には不快みたいです。
         
    初めて靴を履いた犬は
    不思議な歩き方をします。  
         
    笑っちゃかわいそうですが、
    ひょうきんでかわいいです(*^^*)

    ブーツタイプの靴は脱げにくい

    犬の靴は、
    足首まであるブーツタイプが主流です。

    足首にマジックテープを巻いて
    しっかりと固定
    するので、

    脱げにくいのです。

     

    まれに足の甲までしかない
    スリッポンタイプもあるみたいですが、
    これは靴に慣れたプロわんちゃん用ですね。

    初めて靴を履く犬やまだ慣れていない犬は、
    脱げにくいブーツタイプを選びましょう。

    Sponsored Links

    飼い主の知恵!靴が脱げないようにするアイディアとは?

    8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

    しっかりサイズを測って
    ブーツタイプの靴を選んでも、
    まだ脱げやすいのが犬の靴です

    追加で一工夫加えて、
    脱げないようにしましょう!

    飼い主の知恵その1 足首の固定を増やす

    ブーツタイプにはたいてい、
    足首に固定具が1本ついています。

    100円均一などでマジックテープを買い、
    足首の固定具として追加しましょう。

    縫ってもいいですし、
    ボンドなどでくっつけてもOKです。

    飼い主の知恵その2 靴の中に滑り止めを付ける

    靴の中に滑り止め剤を付ける
    靴の中で足が遊ばなくなり、
    脱げにくくなります。

    衣類用の滑り止め剤は
    手芸店などで購入できます♪

    Sponsored Links

    そもそも犬に靴は必要?どんな時に履かせるの?

    cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

    ここまで犬の靴について
    語ってきましたが、
    そもそも犬に靴って
    ホントに必要なの~~??
    ってお思いの方、
    いらっしゃると思います。

    ですよね(笑)犬ですもの!

    犬には立派な肉球がありますから、
    本来は裸足が一番なのだと思います。

    でも、
    現代を生きる犬にとっては
    裸足よりも靴を履いた方が
    安全な場面もあるのです。

    たとえば、真夏の暑いアスファルト。
    たとえば、災害時に飛び散ったガラス片。
    たとえば、つるつる滑るフローリング。

    こうした場所を裸足で歩くと、
    大怪我をしかねませんよね。

    犬の靴は、

    • 暑い日の肉球の保護
    • 滑りそうな場所での滑り止め
    • 災害時のがれき対策

    として必要なのです。

    まとめ

    1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

    いかがでしたか??

    犬の靴は脱げやすいものですが、

    • サイズを正しく測って購入する
    • ブーツタイプを選ぶ

    と、脱げにくくなります。

    また、
    足首の固定具
    を増やしたり
    滑り止め剤を付けてあげるのも
    効果的です。

     

    犬の靴は、
    怪我の防止や災害対策として役立ちます。

    普段は裸足の犬でも、
    万が一に備えて1足は
    用意しておいてあげるといいと思います。

    普段から履き慣らしておくと
    さらに安心ですよ♪

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    安田

    安田

    記事を読んでくださってありがとうございます!

    小さい頃から大の動物好きで、
    今は5才になる雑種犬と暮らしています。
    犬を飼うって、本当に楽しいです♪
    でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
    病気になったらどうしよう・・・とか、
    不安もたくさんあります。

    犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
    みなさんにお届けできたらと思っています。
    どうぞよろしくお願いします。

      コメントを残す

      *

      CAPTCHA