1. TOP
  2. 5.病気
  3. 犬が水をよく飲む!抗生物質が原因かも?

犬が水をよく飲む!抗生物質が原因かも?

 2016/02/17 5.病気
 

    暑い訳でもないのに、やたらと愛犬が
    水を飲む」そんなことありませんか?

    原因が何か分からないと、
    もしかして何かの病気の症状なのかも
    しれないと、心配になりますよね。

    実は、犬が水をたくさん飲む原因には、
    抗生物質の服用”が考えられるんです。

    「抗生物質と言ったら、病気の治療に
    使われる薬なのに?」と思うかも
    しれませんが、抗生物質にも副作用が
    あるんです

    もちろん、原因は抗生物質だけではなくて、
    病気や老化による原因もあります。

    そこで今回は、抗生物質の副作用を中心に、
    犬が水をたくさん飲む原因について
    ご紹介したいと思います。

    愛犬が水をたくさん飲む原因を一緒に
    探ってみましょう!

     




     

    抗生物質の投薬で副作用が起こる?

     

    medications-257336_640

     

    抗生物質の副作用①下痢

    抗生物質の副作用として、
    犬が下痢をすることがあります。

    抗生物質は細菌を殺す作用があり、
    体に良いとされる善玉菌を減らしたり、
    腸を冷やす副作用があります

    そのため、腸内環境が悪くなり、
    犬は下痢をしてしまうという訳なんです。

    抗生物質を飲ませると下痢をする犬は、
    獣医さんに相談して乳酸菌を与えたり、
    お腹を温めるようにしてあげましょう!

    こちらにヨーグルトの与える
    種類・量を紹介しているので
    与える前にチェックしてくださいね。

    ⇒犬にヨーグルトを与える効果とは?種類や量・注意点も解説

    抗生物質の副作用②吐く

    抗生物質の副作用で、犬が吐くことが
    あります。愛犬の体質に合わない抗生物質
    服用した場合に、現れることが多いです。

    抗生物質の服用後に愛犬が吐くなら、
    抗生物質が体質に合っていない
    可能性が考えられます。

    獣医さんに相談して薬の種類を
    変えてもらいましょう

    抗生物質の副作用③その他の症状

    その他の症状として、アレルギー反応
    起こして体が痒くなったり、重篤な場合は
    アナフィラキシーショック(呼吸困難や
    意識障害など)を引き起こし、
    命に危険があることもあります

    愛犬に初めて抗生物質を飲ませるときは、
    異常がないか様子を見るようにしましょう。

     


     

    そもそも抗生物質ってどんなもの?いつ使うの?

     

    puppy-919213_640

     

    抗生物質には、細菌や寄生虫を殺す作用が
    ある薬です。そのため、細菌や寄生虫が
    原因で下痢や感染症を起こすときの治療
    抗生物質が処方されることが多いです。

    抗生物質について詳しく調べてみると、
    意外な発見がありました!

    抗生物質は、てっきり人工的に
    合成されたものだと思っていましたが、
    実は”微生物が作った化学物質
    だったんです!

    世界で初めて発見されたあの抗生物質
    ペニシリンは、なんと青カビから
    作られたものだったんです(ー_ー)!!

    驚きですね…!だからという訳では
    ありませんが、犬の体質に合う合わないが
    生じて、副作用が出ることもあるんですね。

    抗生物質の中には、子犬や老犬に与えては
    いけないものもあるので、愛犬の健康を
    管理する上では、抗生物質の知識も
    多少なりとも必要になってきます

    動物病院で薬を処方されるときは、
    どんな薬なのかを理解した上で
    愛犬に服用させましょう!

    ここで、愛犬に錠剤を飲ませるのに
    苦労している人に必見の動画です!

    この動画では、愛犬にストレスなく
    薬を飲ませる簡単な方法
    紹介しています。

    ぜひ、ご覧ください♪

     

     

    抗生物質以外で水をよく飲む原因は?病気の可能性も

    dog-1123175_640

    犬に必要な水分量は?

    愛犬が水をいつもよりたくさん
    飲んでいる場合、どうすれば水を
    飲み過ぎているかを判断することが
    出来るのでしょうか?

    そもそも犬は、1日にどのくらいの量の水を
    飲むのでしょうか?

    まずは、愛犬に必要な水分量がどの位
    必要なのかを計算してみましょう。

    愛犬の1日に必要な水分量を計算するには…

    ①愛犬の1日に必要なカロリー=1日に必要な水分量

    愛犬の1日に必要な水分量を知る
    方法として、一般的に多く
    用いられている計算式です。

    例えば、愛犬に必要なカロリーが
    1日に500kcalだとしたら、500mlの
    水分摂取が必要だということですね。

    ②132×体重(kg)の0.75乗

    この計算式は、愛犬の体重から
    1日に必要な水分量を計算することが
    できます。

    愛犬の体重が5kgの場合、495mlの
    水分摂取が必要だということです。

     

     

    ③体重(kg)×50~70(ml)

    この計算式は、水分量が少なめ
    計算されます。

    愛犬の体重が5kgの場合、250~350ml
    愛犬に必要な水分量が出てきます。

    計算式を考えた人の考え方の違いによって、
    それぞれ出される水分摂取量にも
    差が出てきます

    なので、5kgの体重の犬が1日に必要な
    水分摂取量は、250~495mlの間であれば
    OK!と考えましょう。

    ただ、注意が必要なのは愛犬に与える
    フードに含まれる水分量
    差し引かなければならない点です。

    愛犬に与えるフードがドライフードで
    あれば、含まれる水分量がほぼ0%なので
    問題はありません。

    手作り食や缶詰のように水分を含むフード
    与えている場合は、その分の水分量を
    差し引いて考える必要がありますね

    フードに関するおすすめの記事は…

    ⇒犬の餌の時間に決まりはある?回数の目安を紹介!

    ⇒犬の餌の量はどのくらいが良いの?計算の仕方を紹介!

    水を多く飲む症状がある病気は?

    愛犬の1日の水分摂取量を理解した上で、
    抗生物質が原因で無い場合は、
    病気を疑いましょう。

    では、犬が水を多く飲む症状には、
    どんな病気の疑いがあるんでしょうか?

    病気その1 糖尿病

    糖尿病は、ごはんを食べて上がった
    血糖値(血液中の糖分)を下げる
    インスリンの分泌の異常によって、
    引き起こされる病気です。

    症状には、多飲多尿や嘔吐、下痢、
    意識障害などがあります。

    糖尿病の症状は
    こちらの記事を参考にしてくださいね。

    ⇒犬の糖尿病の症状とは?末期の余命はどれくらい?

    病気その2 慢性腎不全

    慢性腎不全は老犬に多く、長い時間を
    かけて腎臓の機能が低下していく病気です。

    症状には、多飲多尿や食欲不振、
    体重の減少、嘔吐、下痢などがあります。

    Sponsored Links

     

    病気その3 膀胱炎や尿石症

    膀胱炎は、オシッコを我慢するなどして
    膀胱に炎症が起きる病気です。

    尿石症はオシッコが作られて体外に
    排出されるまでに辿る尿路(腎臓→尿管
    →膀胱→尿道)に結晶や結石ができる
    病気です。
    両方の病気を同時に患う
    ケースも多いです。

    症状には、どちらにもオシッコの
    回数が多い、オシッコの量が少ない、
    血尿などがあります。

    病気その4 尿崩症

    尿崩症は、体内の水分を調整するホルモンの
    異常で引き起こされる病気です。

    症状には、多飲多尿や脱水症状があります。
    子宮蓄膿症が原因で、尿崩症になることも
    あります

    病気その5 クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

    クッシング症候群は、脳や副腎(腎臓の
    そばにある左右一対の臓器)にあるガンや
    ステロイド剤の長期投与などが原因で、
    副腎皮質ホルモンがたくさん分泌され、
    引き起こされる病気です。

    症状は、多飲多尿や食欲増進、左右対称に
    見られる脱毛、筋力の低下などがあります。

    こちらにクッシング症候群について
    より詳しくまとめているので
    参考にしてくださいね。

    ⇒犬のクッシング症候群の末期症状!余命・治療しないとどうなる?

    老犬が水を多く飲んだら要注意!

    老犬になると、内臓機能の低下や運動量が
    減ってくることから、食欲や水分摂取量も
    徐々に減ってくるので、脱水症状
    気をつけなければならないですね。

    でも、その一方で水をたくさん
    飲むようになる犬もいるんです。

    それは、慢性腎不全など老犬に
    多く見られる病気が原因で症状が出ている
    可能性が高いからです。

    愛犬の水分摂取量が急に増えたり
    減ったりするのは、愛犬の老化のサイン
    一つと言えます。

    愛犬の老化のサインを知るには…

    ⇒犬の老化が分かる症状TOP3とは?

    ⇒犬の足の震えは老化が原因?どう対処する?

    まとめ

    いかがでしたか?
    犬を飼うとなると、犬のことだけでなく
    抗生物質や病気の症状など幅広い知識
    必要になってきます。

    でも、それは愛犬の健康管理をする上で
    大切な飼い主の責任でもあります。

    自分で病気を予防することが出来ない
    愛犬に代わって、飼い主さんが
    愛犬を守りましょう!

     

    今回のまとめ

    ▼抗生物質の副作用には下痢や嘔吐の他、
    命の危険がある症状が出る場合がある

    ▼抗生物質は微生物が作る化学物質で、
    細菌や寄生虫を殺す作用がある

    ▼愛犬に処方される薬について
    理解した上で、愛犬に服用させる

    ▼愛犬の1日に必要な水分量を
    理解しておく

    ▼犬が水を多く飲む原因には、抗生物質や
    病気、老化が考えられる

     

     


    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
    人間と同じようにわんちゃんにも
    アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
    そんな愛犬の

    • 脱毛
    • かゆみ
    • フケ
    • 乾燥、湿疹
    • 肌荒れ

    などで悩みを抱えている飼い主さんに
    おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
    「AVANCE(アヴァンス)」
    です。

    AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。

    ⇒AVANCE(アヴァンス)の詳細を確認する


    【関連する人気記事】

     


    Sponsored Links


    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    中村 あゆみ

    中村 あゆみ

    私が初めて犬に出会ったのは、10代の頃でした。
    シェットランドシープドッグ(通称シェルティ)の女の子です。
    この子と出会って、私は命の重さや犬の素晴らしさを知りました。


    今は亡きこの子に恩返しという訳ではありませんが、
    」多くの人に犬の素晴らしさを知って欲しい!命の大切さを伝えたい!
    そんな想いで、ホリスティックケアカウンセラーの資格を取得しました。

    カウンセラーとしての知識や経験を生かして、
    みなさんと愛犬のHAPPY LIFEに役に立てる記事を
    書いていきたいと思います♪

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬がピーナッツを食べてしまった!アレルギーや消化不良になるって本当?

      • 犬に酵素は効果あるの?その驚くべき力と正しい与え方を解説

      • 犬もパンを食べる?与える時の注意点とメリット・デメリットとは?

      • 犬の食欲不振を改善するためにするべき5つのポイントを紹介!

      関連記事

      • 犬の糖尿病の症状とは?末期の余命はどれくらい?

      • 犬のワクチンの回数!本当に摂取は必要なの?

      • 犬がぐったりして嘔吐もしている!どう対処するべき!?

      • 犬の脳炎が回復することはある?完治と後遺症の可能性とは

      • 犬の脱臼にグルコサミンが有効?予防法や治し方を紹介!

      • 犬の気管虚脱!対処法は?効くツボがあるってホント?