1. TOP
  2. 3.ドッグフード
  3. ドッグフードランキング
  4. 獣医師おすすめのドッグフード10選【厳選】
Sponsored Links

獣医師おすすめのドッグフード10選【厳選】

    いつも愛犬の健康診断をしてくれたり
    調子の悪いときに見てくれる獣医さん。

    そんな獣医さんがおすすめしてくれる
    犬にとって最高のドッグフードをたべさせたい!

    そう思ったことがある人も少なくないはず。

    では、獣医師おすすめのドッグフードには
    いったいどんなものがあるのでしょう?

    実は、獣医師といってもドッグフードについて
    研究している人はそう多くはなく
    獣医師が勧めるからといって必ずしも
    犬にとって良いドッグフードだとは限りません。

    ですが、犬とフードの関係について
    すごく研究している獣医さんもいて
    そんな獣医さんが大絶賛するようなフードも
    たくさんあるんです!

    そこで、この記事では
    獣医師がおすすめする本当に良いドッグフード
    10種類厳選しました。

    他にも、獣医師が危険だと思う成分
    獣医師が勧めるドッグフードを選ぶときの

    • 穀物
    • 副産物
    • 動物性油脂

    といったポイントについて解説!

    犬の身体に詳しい獣医師の
    正しいドッグフード選びの基準を知って
    愛犬にとってより良い食事を見つけましょう。

    Sponsored Links

    獣医師のおすすめドッグフード!厳選10選をご紹介!

    まず大切なのは、市販の商品の
    獣医師推奨」や「獣医師監修」といった
    うたい文句だけに惑わされないこと。

    しっかりと成分や原材料などの内容を確認
    本当に愛犬に合った物を探してください。

    ここでは、獣医師が絶賛するほど
    質の良いドッグフードだけを集めました。

    ドッグフード選びのポイントを見る前に
    どんな特徴のものがあるのか確認しましょう。

    1.ナチュロル


    出典https://reason-why.jp/naturol/se/

    ナチュロルは、国産で食いつき抜群の
    グレイン&グルテンフリーフードです。

    安定・持続型ビタミンCを高濃度で配合し
    全てヒューマングレードの食材で作られました。

    100%無添加で、新鮮生肉を55%以上使用した
    高消化&腸内サポートが特徴で
    飼い主さんの満足度は96%なんです。

    ナチュロルの公式サイトをチェック

     

    独自の低温フレッシュ製法で
    乳酸菌効果&酵素のパワーをのがしません。

    2.カナガン


    出典https://www.canagandogfood.co.jp/

    88%の飼い主さんが定期コースを選んだ、
    グレインフリーフードのカナガンは
    人工添加物不使用で高たんぱく低炭水化物という
    犬が求める栄養バランスを実現しています。

    理想的な配合なので消化しやすく、
    公式サイトでは獣医師がおすすめする理由
    詳しく確認することができますよ。

    カナガンの公式サイトをチェック

     

    人も食べられる新鮮で高品質な原材料、
    2回の品質チェックをおこなうことで
    徹底的に安心・安全を追求しています。

    3.Forza10


    出典http://www.forza10japan.com/

    Forza10は獣医師が今までのフードに疑問を感じ
    40人以上の獣医師の専門的・技術的な知識や
    ノウハウと500以上の症例をもとに
    22年の歳月をかけて完成したフードです。

    食物アレルギーもアレルゲンが何かだけでなく
    残留化学物質や農薬、遺伝子組み換えなど
    あらゆるリスクを最大限避けられるよう
    農地や漁場にもこだわっているんです。

    Forza10の公式サイトをチェック

     

    デイリーフードのエブリデイビオだけでなく
    療法食シリーズやグレインフリーもありますよ。

    Sponsored Links

    4.モグワン


    出典https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

    モグワンは試食会で97.8%の犬が食べた
    嗜好性の高いグレインフリーフードです。

    84%の獣医師が犬に食べさせたいと回答した、
    動物性たんぱく質50%以上配合・100%無添加
    愛犬の食いつきと健康を考えた
    今までとは全然違うドッグフードなんです。

    全てヒューマングレードの原材料で
    厳選した野菜・フルーツもたっぷりです。

    モグワンの公式サイトをチェック

     

    素材にこだわったシンプルなレシピは
    ドライフードでも良質な食材を・・・
    そんな思いが込められています。

    5.ファインペッツ極


    出典https://www.finepets.jp/

    ファインペッツ極は肉類原材料90%、
    消化吸収率はなんと87%を維持した
    究極のグレインフリードッグフードです。

    食後の血糖値の乱降下が起こりにくいため
    糖尿病の犬も安心して食べることができます。

    ファインペッツの公式サイトをチェック

     

    原材料には、粗悪な物質や中国産は一切使用せず
    新鮮なものだけで作られているんですよ。

    6.フィッシュ4ドッグ


    出典http://addiction-japan.com/

    フィッシュ4ドッグはサーモンや白身魚ベースの
    オメガ3脂肪酸豊富なお魚由来のフードです。

    穀物アレルギーに配慮し
    低GI食材のポテトとエンドウを使用、
    満腹感を持続させるだけでなく
    抗炎症作用や疲労回復の効果もあります。

    フィッシュ4ドッグの公式サイトをチェック

     

    皮膚や被毛の状態改善や
    体重管理、心臓病のリスク軽減など
    様々な効果を実感できます。

    7.ピッコロ


    出典https://www.piccolodogfood.jp/cart

    ピッコロはシニア犬に必要な栄養素たっぷり、
    シニア犬の健康をサポートしてくれる
    シニア犬専用のグレインフリーフードです。

    有害な添加物などは一切不使用で
    厳選された野菜やハーブをたっぷり配合、
    食物繊維を含むリンゴも使用し
    体に負担をかけずスッキリな毎日を目指します。

    ピッコロの公式サイトをチェック

     

    香り良くおいしさ抜群、消化にも良いので
    楽しい毎日の食事でしっかり健康管理できます。

    Sponsored Links

    8.ネルソンズ


    出典https://www.nelsonsdogfood.jp/

    ネルソンズは犬に必要なものだけ使用し作られた
    ワンランク上の美味しさのグレインフリー
    犬の健康を考えたこだわりレシピ。

    徹底したヒューマングレードの原材料で
    粗悪なものは一切使用していません。

    元気ケアにグルコサミンとコンドロイチン、
    美容ケアに海藻やサーモンオイルを、
    お腹すっきりケアにオリゴ糖を配合しています。

    ネルソンズの公式サイトをチェック

     

    ホリスティックケアカウンセラーや
    ペット栄養管理士さんが相談に乗ってくれるので
    検討中に気になることは聞いてみてくださいね。

    9.K9ナチュラル


    出典https://www.k9natural.jp/

    K9ナチュラルは新鮮で高品質な素材だけ。

    安全性や品質に厳しいニュージーランド産で
    その厳しい審査を受けて人用の基準をクリアした
    肉や魚だけを使用し作られています。

    穀類不使用でたんぱく質源である肉は90%、
    いつでも新鮮な状態で食べることのできる
    珍しいフリーズドライタイプのフードです。

    K9ナチュラルの公式サイトをチェック

     

    フリーズドライなので、与える時に与える分だけ
    水やぬるま湯でふやかすんですよ。

    10.犬心


    出典http://dog-to.com/

    犬心は糖と脂をコントロールする国内生産で
    人も食べられる安全な素材を使用したフード。

    同時ケアが重要な、命に関わる

    1. クッシング症候群
    2. 膵炎
    3. 甲状腺機能低下症
    4. 高脂血症
    5. 糖尿病
    6. メタボ、肥満
    7. 脂質代謝異常症

    に対する特別療法食です。

    獣医師や5つの大学との連携、
    栄養学の専門家や犬300匹の協力のもと
    開発されたドッグフードで
    リピート率は95%にも上ります。

    犬心の公式サイトをチェック

     

    人も食べられる“自然のチカラ”と
    臨床栄養学で誕生しました!

    Sponsored Links

    獣医師が危険!と判断するドッグフードの成分や添加物とは?

    ドッグフードによくある成分で、
    獣医師が特に危険!と判断するものは
    主に以下の通りです。

    • 肉類
      4Dミートと呼ばれる動物性油脂、骨粉、
      肉粉、ミール、肉類副産物、エキス、
    • パウダーなどどんな肉の何か不明なもの

    • 肉類と同じく魚粉やエキス、パウダー、
      ミール、など詳細のわからないもの
    • ビートパルプ
    • 小麦、小麦粉
    • トウモロコシ
    • 大豆
    • 塩、塩化ナトリウム
    • 砂糖
    • ホミニーフィード

    などなど、挙げ始めるとキリがありませんね。

    肉類や魚、ビートパルプ、大豆などに関しては
    国産のものは特に危険なんです。

    外国ではドッグフードに
    粗悪な素材を使用してはいけない
    という決まりがある国もあるので
    一概にすべてが100%悪いとは言いきれません。

    心配な時はドッグフードの公式サイトや
    通販サイトなどを確認して
    安全性を確かめるようにしましょうね。

    また、塩や砂糖は食いつきを良くするために
    味付けとして使用されます。

    犬には不要で摂りすぎになるだけでなく、
    内臓への負担や病気が心配です。

    塩は、多く摂ると
    水をよく飲むようになることから
    結石の療法食(phサポートなど)に
    使用されることもよくあります。

    確かに、結石ができてしまう前に
    おしっこをたくさん出すのは良いことですが
    塩が腎臓に与える影響の方が気になりますね。

    これらの成分のことを含めて、
    次の章では選び方のポイントを見てみましょう。

    獣医師がすすめるドッグフード選びのポイントとは?

    それでは、ここからは
    愛犬にとってどんなドッグフードが良いのか?
    その選び方のポイントを見ていきましょう。

    穀物や4Dなど、犬にとって好ましくない成分
    簡単にご説明しますね。

    Sponsored Links

    1.穀物不使用のもの

    ドッグフードを選ぶなら、
    穀物不使用のものが良いですね。

    グレインというのは穀物のことなので
    グレインフリーのものも同じです。

    もともと肉食動物である犬は
    歯の構造や穀物を消化する酵素を持たないので
    消化が苦手でアレルギーになりやすいのです。

    すでに穀物アレルギーの愛犬はもちろん、
    今はアレルギーでなくても穀物不使用のものが
    安心して食べることができますよ。

    2.4Dや副産物が不使用なもの

    ドッグフードは4Dや副産物に
    注意して選ぶようにしましょう。

    4Dとは、4Dミートといって
    4つのDがつく肉類原材料のことです。

    4つのDとは

    1. DEAD「死亡した」
    2. DISEASED「病気だった」
    3. DYING「死にかけの」
    4. DISABLED「障害のあった」

    を意味します。

    つまりがんなどの病気や事故で、
    安楽死で死んだ動物など
    人の食卓には決して並べることのできないような
    肉をすりつぶして混ぜられた原材料のこと。

    タダ同然で仕入れてきたこのような肉を
    コスト削減のために使用していることもあるので
    ドッグフードを選ぶ際は注意が必要なんです。

    4Dミートは前の章でもお伝えしたように
    メーカーにより名前が異なるので要注意です。

    また、ドッグフードによく使われる肉副産物は
    本来は粗悪なもののことを指しません。

    ですが、ドッグフードの粗悪なものでは
    糞尿や爪、くちばし、羽根などといった
    食べられないようなものを含んでいることも。

    これらはここまで詳細に消費者に
    知らせる義務はないので注意してくださいね。

    3.動物性油脂が不使用なもの

    動物性油脂は、主に嗜好性を高めるため
    ドッグフードに使用されます。

    つまり食いつきを良くするため
    ドライフードに振りかけているのです。

    また、粒の形を整えるためなど
    犬には必要のない使われ方をしています。

    4Dミートや副産物と同様、
    どんな肉なのかわからないものから
    薬剤を使用し抽出されている
    可能性が高いんです。

    動物性油脂といえば、私たちの間では
    石鹸やろうそくなどの燃料として
    よく知られています。

    全てが粗悪だとは言いきれませんが、
    少なくとも内容が明記されていないものは
    大切な愛犬に与えるべきではありませんね。

    まとめ

    獣医師のおすすめするドッグフード、
    特徴は理解できたでしょうか?

    基本的に、犬に危険なものや
    わけのわからないものを与えたくない
    という目線で選んでいれば
    心配な原材料も何か気付けると思います。

    大切なことは、不明なものがあれば
    公式サイトなどでしっかり確認すること。

    詳しく調べてもわからない場合は
    公表できないような内容だ
    と判断しても良いかもしれません・・・

    良質なものがあるのに、
    わざわざ不安なものを選ぶ必要ないですもんね。

    また、ここでもご紹介した
    無添加や穀物不使用のフード
    比較した記事もあるので参考にしてくださいね。

    ⇒ドッグフードの無添加&穀物不使用!3商品を比較してみた!に移動する

     

    では、さっきお伝えした4Dミートや副産物を
    解説してくれている動画をご紹介します。

    他にもドッグフードに必要のない成分などを
    詳しく教えてくれているので参考になりますよ。

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    あらき あや

    あらき あや

    生き物全般が大好きなアラサー主婦です。
    生まれた時から柴犬と一緒に暮らし始めるという、犬好きのサラブレッドのような人生の始まりを迎えて早30年。今では10歳のミニチュアダックスの男の子と、7歳のミックス(白きじ猫)の男の子と暮らしています。

    愛犬も愛猫もこれまでに様々な病気や体調不良を経験し、つらい思いをすることもありました。
    これからはずっと健康でいられるよう、大切な犬と猫のためにペットに関することを毎日勉強することを決意したのです。
    そして今、たくさんの知識を得ることができました。

    私の持っているこの知識で幸せな愛犬がたくさん増えますように♪