1. TOP
  2. 3.ドッグフード
  3. ドッグフードランキング
  4. 【小粒】子犬用のドッグフードおすすめランキング!
Sponsored Links

【小粒】子犬用のドッグフードおすすめランキング!

    初めて犬を家族に迎えるとき、
    まず行きつく悩みはフードのことですよね。

    どんな特徴のあるものを選べば良いのか
    また、愛犬はどんな味が好きなのか?

    売っている種類が多いフードは
    考え出すときりがなく、
    選択肢も増えるばかり・・・

    そこで、この記事では
    おすすめの子犬用ドッグフード
    ランキングでTOP10までご紹介します。

    子犬用フードの上手な選び方
    ポイントも併せてお伝えしますので
    最後まで要チェックですよ!

    Sponsored Links

    仔犬用のドッグフードおすすめランキングTOP10をご紹介

    それでは、早速ですがまずは
    おすすめランキングから見てみましょう。

    子犬専用のドッグフードや
    成犬になっても引き続き食べられる物も!?

    犬にとっての毎日の食事であるフードは
    健康に生きていくうえでとても重要なので
    適当に選んでしまわずに、しっかり考えて
    より良い物を食べさせてあげましょうね。

    第1位:ナチュロル


    出典https://reason-why.jp/naturol/se/

    第1位のナチュロルは
    子犬からシニア期に入っても食べられる
    全犬種、オールライフステージ対応
    穀類不使用でグルテンフリー、
    100%無添加でお肉55%以上配合
    最高級プレミアムフードです。

    ナチュロルの公式サイトをチェック

     

    この後もいくつか、全年齢対応の
    フードが登場します!

    第2位:カナガン


    出典https://www.canagandogfood.co.jp/

    第2位のカナガンも、ナチュロル同様
    全年齢対応のプレミアムフードです。

    穀類不使用、原材料はすべて
    人も食べられるほど高品質なものです。

    ネットでしか購入できませんが、
    愛犬の健康を願う飼い主さんから
    根強い人気のドッグフードなんですよ。

    カナガンの公式サイトをチェック

     

    食べやすい小粒タイプなので
    小型犬や子犬でも安心して食べられますね。

    Sponsored Links

    第3位:モグワン


    出典https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

    続いて第3位はモグワンです。

    モグワンも上位2種類と同じで
    子犬からシニア犬まで
    続けて食べることができます。

    原材料はすべて人が食べても安心
    ヒューマングレードのものを採用。
    犬にとって重要な動物性タンパク質が
    50%以上の高タンパク
    穀物不使用のシンプルレシピフードです。

    モグワンの公式サイトをチェック

     

    ちなみに、2位のカナガンのスタッフが
    さらなる食いつきを求めて開発した
    スペシャルフードなんですよ。

    第4位:アランズ


    出典https://www.naturaldogfood.co.jp/

    第4位はアレルギーにも対応の
    アランズナチュラルドッグフードです。

    犬がアレルギーを発症しやすい
    小麦やトウモロコシ、乳製品、
    牛肉や豚肉は不使用です。

    さらに人工添加物や香料、着色料、
    合成の保存料や参加防止剤無添加。
    人も食べられる品質の
    ラム肉を約55%使用しています。

    野生の犬が本来必要とする食事を再現、
    つまり、犬が必要とする栄養が
    このフードには詰まっているんです。

    アランズの公式サイトをチェック

     

    消化システムの負担を抑えて
    健康な愛犬の生活をサポートしてくれます。

    第5位:ネルソンズ


    出典https://www.nelsonsdogfood.jp/

    第5位のネルソンズは、
    これまでの4種類とは少し違って
    7か月の子犬から7歳まで対応です。

    穀類不使用で愛犬に必要なものだけを使用、
    ネルソンズも、もちろん人も食べられる
    原材料だけで出来ています。

    元気ケア成分やお腹スッキリケア、
    さらに美容ケア成分まで配合。
    身体の健康だけでなく、
    毛並みなど見た目の美しさにまで
    配慮されているんですよ。

    ネルソンズの公式サイトをチェック

     

    ワンランク上の美味しさが自慢の
    こだわりレシピです!

    Sponsored Links

    第6位:NOWフレッシュ


    出典http://www.green-dog.com/shop/

    第6位はNOWフレッシュ、
    キッチンでつくった食事のように新鮮
    こだわりのドッグフードです。

    今までご紹介したフードと違い、
    子犬専用があるシリーズです。
    全犬種とスモールブリードのパピ―用があり
    スモールブリードは小型犬用です。

    安心の穀物不使用で、
    高品質なタンパク質
    最高の成長を導いてくれます。

    NOWフレッシュの公式サイトをチェック

     

    このNOWフレッシュを含めて
    ここから先は、子犬専用のフードです!

    第7位:オリジン


    出典http://www.orijen.net/

    第7位はオリジンです。

    生物学的に適正なペットフード
    をコンセプトに、
    多数の受賞歴のある自社キッチンで
    最初から最後まで製造しています。

    オリジンの子犬用フードは
    パピ―とパピ―ラージがあり
    どちらも、野生時代からの
    自然のままの犬の食事を再現しています。

    オリジンの公式サイトをチェック

     

    原材料はすべて人も食べられるレベルで
    地元産の新鮮なものを使用しています。

    第8位:ナチュラルハーベスト


    出典https://www.amazon.co.jp/

    第8位はナチュラルハーベストの子犬用、
    プライムフォーミュラ
    マイリトルダーリンです。

    穀物不使用で、素材の持つ自然な栄養素
    余すところなく取り入れています。

    少量で多くの栄養
    摂取しないといけない子犬のために
    ひと粒に多くの食材を
    ぎっしり詰め込んでいます。

    ナチュラルハーベストの公式サイトをチェック

     

    原材料や配合の質の良さもさることながら
    マイリトルダーリンという名前が
    とても素敵ですよね。

    Sponsored Links

    第9位:アーテミス


    出典https://www.amazon.co.jp/

    第9位のアーテミスは、成犬シリーズの中に

    育ち盛りの子犬にぴったりな栄養バランスの
    パピ―用小粒タイプがあります。

    人が口にできるレベルの原材料で
    複数のたんぱく源をベストバランスで配合。
    有害な物質は完全に除去しているんです。

    アーテミスの公式サイトをチェック

     

    栄養の吸収効率を上げる
    独自の製法で作られているんですって。

    第10位:アカナ


    出典http://www.green-dog.com/shop/

    第10位のアカナは、7位のオリジンの
    コストを少し抑えた、
    お財布に優しいシリーズです。

    ですので、原材料の新鮮さや
    自社キッチンですべての製造工程は
    オリジンと同じように高レベル
    安心・安全のフードなんです。

    アカナの中の「ヘリテージ」に

    • 小型犬用
    • 中型犬用
    • 大型犬用

    の3種類の子犬用があります。

    アカナの公式サイトをチェック

     

    狩りをしてきた獲物丸ごとの栄養素が
    完全に再現されています。

    仔犬のドッグフードの上手な選び方とは?

    ランキングでそれぞれのフードを
    詳しくご覧いただいたところで
    ここからは子犬用のドッグフードの
    上手な選び方を解説します。

    もし、今回ご紹介した以外のフードも
    見たいときにはぜひ参考にしてくださいね。

    1.高たんぱくなものを選ぶ

    犬の成長は人と比べると
    とても早いですよね。

    その急激な成犬期への成長のためには
    身体をつくるたんぱく質が必要不可欠です。

    そもそも肉食動物である犬にとって
    動物性たんぱく質メインの食事は重要で
    成長期の犬はさらに多くのたんぱく質を
    必要とするのです。

    理想的なたんぱく質の比率は30%以上で、
    肉類が50%以上配合されているものを
    選ぶと良いですよ。

    また、本来犬が大量に摂取することのない
    炭水化物や糖質も控えられているもの
    選んであげてください。

    ですが、たんぱく質の割合ばかりを
    気にすることも良くありません。

    たんぱく質には動物性と植物性があり、
    植物性のものは犬にとって
    分解することが苦手な物質です。

    高たんぱくなのに
    穀類や炭水化物ばかりのものには
    注意が必要です。

    Sponsored Links

    2.穀物不使用のを選ぶ

    先ほどのランキングでわかるように
    犬にとって質の良いフードには
    穀物不使用のものが多いんです。

    これは、犬が穀類を消化するのが
    苦手だからなんです。

    犬は、穀類を消化するための酵素を持たず
    胃腸などの内臓に負担をかけてしまいます。

    子犬は、まだ身体が発達途中で
    成犬よりも消化機能が弱いんです。
    成長している段階では、
    より良質な栄養素を摂取できるフード
    選んであげましょう。

    また、犬が穀類をうまく消化できない、
    ということはアレルギーを引き起こしやすい
    ということにもつながります。

    アレルギー体質の子は特に注意して、
    リスクを避けてくださいね。

    3.高脂質なものを選ぶ

    子犬にとっての食事で必要なのは
    できるだけ多くのカロリー
    摂取できることです。

    始めにお伝えした高たんぱくが重要、
    ということと同じように
    脂質も身体のあらゆる部位の成長
    欠かすことができません。

    内臓や筋肉、脳や皮膚・被毛、
    血液・血管などなど、たんぱく質と脂質は
    身体をつくるのに大切な栄養素です。

    丈夫な骨や歯を作るのに大切な
    カルシウムやマグネシウム、
    リンの比率も重要なんですよ。

    そして、犬は昔オオカミだったころから
    内臓機能はほとんど変わっていないといわれ

    みんなが同じものを、
    運動量や年齢・環境に合わせて
    食べる量を調節し、食事をしていた
    野生時代の食事の摂り方が大切なんです。

    このお話には、
    幼稚園児から老人まで同じように食べさせるのか?
    という批判もつきものです。

    ですが、幼稚園児と高齢者は同じ物を食べますよね?
    咀嚼が難しくなれば、柔らかいものを
    食べるようになりますが、
    同じものを使って調理しているはずです。

    犬も、歳をとればフードをふやかして柔らかくしたり
    食べる料を減らすことで
    年齢に合わせていけば良いと思いませんか?

    みんな、愛犬のためを思って真剣に考えているので
    賛否両論あるのは仕方ないんです。

    だからこそ、飼い主であるあなたが
    愛犬の様子をしっかり観察して
    本当に合う物を探してあげましょう。

    Sponsored Links

    まとめ

    人も同じで、大きく成長する時期には
    たくさんの栄養を摂取しなければいけません。
    さらに、健康を妨げるような危険なものを
    口にしないように見極めることも大切ですね。

     

    ここでは子犬専用の製品があるものを中心に
    お伝えしてきましたが、このランキングの他にも
    子犬を含めた全年齢対応の良質なフードを特集しています!

    大切な愛犬に、より良い食事を選ぶためにも
    ぜひお読みになって多くのフードを知ってくださいね。

    ⇒ドッグフードおすすめランキング2018!口コミを徹底比較【厳選10選】へ移動する

    ですが、どんな良いフードも
    すべての犬に合うわけではありません。

    良いと評判のフードでも、
    愛犬には合わないかもしれないことを
    頭の片隅でも覚えておいてくださいね。

    では、少し難しいお話しになってしまったので
    最後に子犬の可愛い動画をご紹介しますね。

    癒し効果絶大ですよ!

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪




    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    あらき あや

    あらき あや

    生き物全般が大好きなアラサー主婦です。

    生まれた時から柴犬と一緒に暮らし始めるという、犬好きのサラブレッドのような人生の始まりを迎えて早30年。今では10歳のミニチュアダックスの男の子と、7歳のミックス(白きじ猫)の男の子と暮らしています。


    愛犬も愛猫もこれまでに様々な病気や体調不良を経験し、つらい思いをすることもありました。

    これからはずっと健康でいられるよう、大切な犬と猫のためにペットに関することを毎日勉強することを決意したのです。

    そして今、たくさんの知識を得ることができました。


    私の持っているこの知識で幸せな愛犬がたくさん増えますように♪