1. TOP
  2. 犬の室内向けゲージの場所!設置方法&注意点を解説!
Sponsored Links

犬の室内向けゲージの場所!設置方法&注意点を解説!

    犬と同じ空間で生活することは飼い主さんと
    たくさんのコミュニケーションが取れ、
    愛犬の成長を促してくれます♪

    いつもは室内フリーの状態でも、
    お留守番の時などはやはり安全を考えて
    ゲージを用意しておきたい
    もの。

    犬は家全体を縄張りと思う子が多いのですが、
    その縄張りは群れ(家族)のものだと
    考えています。

    そこで、ゲージを設置してあげることで
    愛犬専用のお部屋を作ってあげると
    喜んでくれますよ^^♪

    しかし、ゲージを設置するにあたって
    いくつか注意しておきたいポイント
    あります!

    今回は室内ゲージについて

    • 設置場所に気を付けよう!
    • 設置場所の良い例!
    • トイレはどこに置く?いくつ必要?

    についてご紹介しますね♪

    現在ゲージを使用している方も、
    設置場所が正しいかどうか見直して
    いただけたら、と思います^^

    Sponsored Links

    犬の室内ゲージの配置場所はどこが最適?

    まずゲージを購入するにあたって設置
    場所を大まかに決めておくと大きさなど
    も決めやすくなります♪

    犬のゲージを置く最適な場所の5つの
    ポイントは以下のことが挙げられます。

    1. 日当たりがいい場所(窓際はNG)
    2. リビングなど家族が多く訪れる場所
    3. 風通しがいい場所
    4. フローリングの上(掃除が楽)
    5. テレビやオーディオ機器から離れた場所

    犬は暑さにも寒さにも弱い生き物です。
    なので日当たりがいいと言っても、明るい
    場所で風通しのいい場所が過ごしやすい
    場所になります。

    特に夏の場合は、窓際は高温になるので
    熱中症の危険からおすすめできません。

    また、風通しのいい場所でもエアコンの
    風が直に当たる場所も避けなければ、
    低体温症になってしまうので注意しましょう。

    床の素材ですが、畳の上はどうしても
    痛んでしまう点と、粗相をした場合に
    染みこんでしまうのでおすすめできません。

    なるべくはフローリングの上に設置した
    方が掃除も楽になりますよ♪

    どうしても畳しかスペースが確保できない
    場合は、防水・消臭のペット用のマット
    下に引くようにしましょう。

    テレビやオーディオ機器の周辺は、犬に
    とってストレスになることがあります。

    犬は人間よりも遙かに耳がいいので、
    騒音に感じてしまうんです。

    なので、できるだけテレビやオーディオ機器
    から離してあげた方が良いと言えます!

    Sponsored Links

    ゲージのタイプはどんなものがある?軽い?重い?

    犬のゲージを室内に置くにあたって
    皆さんはどのようなポイントが気になる
    でしょうか?

    インテリアに合う見た目でしょうか?
    それとも頑丈さでしょうか?

    私は愛犬の大きさや性格に合わせてゲージ
    を選ぶのが一番いい方法だと思います♪

    一昔のゲージはステンレスタイプの頑丈で
    重いものが主流でしたが、今は木製や
    プラスチック、網目で出来ているものも販売
    されていて、女性一人でもラクラクと設置
    できるものが増えています♪

    まずは愛犬に合ったゲージを選んであげ
    ることが大切です。

    コンビネーションサークル わんこ向け屋根付きセット

     

    引用:Amazon

    スタンダードなタイプのゲージです♪
    屋根が付いているので、上部からの
    脱走防止になります。

    また、下受けが付いているので、水洗いが
    できて清潔に保つことが可能です。

    リッチェル ペット用 木製3WAYサークル

    引用:Amazon

    こちらは木製のサークルで、お部屋の
    インテリア
    にも馴染みやすい
    ですね♪

    噛んでしまっても多少のことでは壊れ
    ないので安心して使うことができます。

    Fortemペットハウス犬猫ハウス 

    引用:Amazon

    こちらは防水性の布で出来ている
    ゲージです。
    旅行などに持っていくにも軽く、
    コンパクトにたためるので、1つ
    持っておくととても便利です♪

    手作りでDIYゲージ!

    引用:https://mofmo.jp/article/580

    100均で販売されているを使ってDIYで
    作ることも可能ですよ♪

    ちなみに我が家ではキッチンに市販
    タイプを置きリビングにDIYのゲージ
    置いています♪

    それぞれの部屋に置いてあげても、愛犬の
    くつろぎスペースになっていいですよ♪

    購入しすぎた網は、玄関の脱走防止
    柵として使っています♪

    犬のゲージの手作りはこちらの記事を参考に♪
    ⇒犬のケージを手作り!100均を駆使してDIYは可能か!?

    Sponsored Links

    室内ゲージの設置方法を紹介!

    引用:https://www.peppynet.com/library/archive/old/html/12s_02_02

    では室内にゲージを置く方法を紹介して
    いきますね♪

    上記に書いたゲージを置く最適な場所の
    確保をしたら、実際に置いてみましょう。

    ゲージは家の中に複数個所作ってあげる
    ことが理想なので、寝室や人が出入りする
    部屋にも設置してあげてください。

    トイレはどうする?ゲージの外にも必要?

    ゲージの設置ができたら、次は愛犬が
    過ごしやすいように生活品を入れてあげ
    ましょう♪

    ゲージの中には

    • クレートやキャリーバックなどの寝床
    • 水(給水器が便利)
    • お気に入りのおもちゃ
    • トイレ

    を入れてあげてくださいね!

    寝床をキャリーバックにするのは、地震
    などの急な展開にもすぐ対応できますし、
    キャリーバックに慣れさせるためにも
    おすすめです。

    水はこぼしてはいけないので、給水器
    を使うと便利です。

    トイレですが、ゲージで愛犬を寝かす
    ようにしつけをするのであれば必須です。

    またお留守番の時にも必須になるので
    準備しておくといいですね!

    トイレはゲージ外にも置くかどうかですが
    我が家の場合は、置いています!

    トイレは複数個あれば粗相を防ぐこと
    もできますし、ゲージでは寝床とトイレが
    近い場合、用を足さない場合もあるから
    です。

    愛犬が住みやすいおうにしてあげると
    いいですね♪

    Sponsored Links

    犬の室内ゲージを設置する時の注意点!

    では、ゲージを設置するときの注意点ですが
    犬がゲージに慣れるまでは、飼い主さんの
    においが付いたものを入れてあげたり、
    犬が安心できる場所ということを教えて
    あげて欲しいということです。

    イタズラをしたときにしつけと称してゲージ
    に閉じ込めてしまう方もいますが、これでは
    犬にとって嫌な場所という認識をしてしまい
    ます。

    なので、初めはゲージのドアをオープンに
    して出入りが自由にできるようにして
    危険がないことを教えてあげることも
    大切なことです。

    おやつをゲージ内で与えるようにすると
    犬にとって良いことがある場所だと
    認識し、ゲージに入ることを嫌がることも
    ないと思います♪

    ゲージはしつけの訓練にも活用できます
    し、災害などの避難所生活では犬は
    ゲージに入れられることが多いので、この
    ような生活を送らなければいけない上でも
    慣れさせておくといいですね!

    まとめ

    今回は犬用のゲージについてご紹介
    しましたが、いかがでしたでしょうか?

    これから新しく犬を飼う方も、現在飼って
    いる方も参考にしていただければと
    思います♪

    人と犬がお互いより良く生活ができると
    良いですね♪

    Sponsored Links



    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。







    Sponsored Links

    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    今ならペット保険が月700円から入れる♪
    愛犬の健康、心配ですよね?

    実際に保険会社が調査した結果、
    ペットが5歳になるまで手術費用を請求する
    確率が80%というデータが出ています。

    ※手術費用の平均はなんと151800円!

    けどペット保険って、
    『どんなサービスあるのか分からない!』
    というのが現状じゃないでしょうか。

    ・保険料が高くつきそう
    ・使わないともったいない
    ・どの保険が愛犬に合うのかわからない

    などの悩みありますよね?

    そんなあなたには、
    ペット保険の資料一括請求がおすすめです。

    ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。
    ・愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
    ・複数の保険会社間のサービスを比較できる

    など、ネットで申し込むだけで、
    愛犬にピッタリな保険がわかります。

    ⇒ペット保険の資料を無料で請求する♪



    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    長谷川まみ

    長谷川まみ

    現在、ポメとポメチー+猫を飼っているアラサー女子です。

    子供の頃から動物が好きで、特に犬は常に傍にいる生活を送ってきました!
    最近の日課は、愛犬を連れて色々なドッグランやドッグカフェを回ることです。
    現在はペットショップスタッフのお仕事の傍ら、こちらでワンコの記事を書かせていただいてます。動物看護士、繁殖指導員、小動物販売士の資格を所有しており、皆様と愛犬がより良い生活が過ごせるように分かりやすくアドバイスしていきます!

    よろしくお願いします♪