1. TOP
  2. 1.健康
  3. 老化・老犬
  4. 犬が寿命を迎える直前の症状とは?

犬が寿命を迎える直前の症状とは?

 2016/01/07 老化・老犬
 

    犬を飼っていると、必ずいつかは
    「愛犬が寿命を迎える」という瞬間に
    直面しなければいけません。

    想像するだけでも悲しい事ですが、寿命を
    全うする瞬間を現実として受け入れなけ
    ればならない時が必ず訪れるのです。

    なるべくなら、老衰で安らかに眠るように
    逝って欲しい…
    誰もがそう願うでしょう。

    そして愛犬の最期を看取ってあげたい
    思いますよね。

    そのためにも、
    犬が寿命を迎える直前に現れる症状
    についてお話ししようと思います。




    寿命を迎える前兆のサインを紹介

    dog-916099_640

    下痢や嘔吐を繰り返す

    犬が寿命を迎える前兆サインの一つに、
    下痢や嘔吐を繰り返すことがあります。

    食欲の低下で胃の内容物も少ないため、
    下痢や嘔吐の量も少量である場合
    ほとんどでしょう。

    ウチの愛犬も、亡くなる2週間位前から
    少量の下痢や嘔吐を繰り返していました。

    ごはんを食べない、水を飲まない

    犬は寿命を迎える時期が近づくと
    食べない、飲まない」状態にまで
    悪化してしまいます。

    老犬の場合、脱水症状が起こりやすく
    なるので、少しでも口に出来る消化の
    良いものを与えたり、水分補給を
    しっかり行うことが大切です。

    自力で水が飲めなくなった犬への
    水の与え方を知りたい方は、是非こちらの
    動画も参考にして下さい。

    自力で立てない

    犬が散歩に行くのを嫌がったり、日中横に
    なっている時間が増えるようになると、

    突然足をびっこ引くように歩き出します

    次第に、体力や筋力が落ち自分の体を
    支えることが難しくなります。それでも
    犬は必死に立ち上がろうと頑張ります。

    咳を繰り返す

    犬によっては、寿命を迎える前に咳が続く
    症状が見られる場合があります。

    咳は、気管支などに炎症があったり、
    心臓の疾患を患っている犬に見られます。

    そして咳は犬の体力をさらに消耗させ
    るので、愛犬が咳をしている場合には、
    動物病院で診てもらいましょう。

    もし咳をする場合は病気の可能性があります。

    こちらに調べてまとめているので
    参考にしてください。

    ⇒犬がむせるような咳をする!原因はもしかしたら病気かも?

     


    犬の平均寿命はどれくらい?

    dogs-447067_640

    性別で平均寿命は違うの?

    一般的に動物の寿命は体の大きさに比例
    すると言われています。

    しかし犬の場合は、その逆で構造や代謝
    の問題などから体の大きい犬の方が寿命
    が短い
    とされているようです。

    では、性別では平均寿命に差はある
    のでしょうか?
    実は犬の性別毎の平均寿命には、
    あまり差は無い
    言われています。

    むしろ性別よりも避妊去勢手術の有無
    寿命に差が出ているようです。

    避妊去勢手術をした犬の方が、
    平均寿命が高いことが分かっています。

    こちらにミックス犬の
    寿命の長さを調べています。

    参考にチェックしてくださいね。

    ⇒犬のミックスはどれくらい寿命が短いの?遺伝子が関係していた!

    室内飼育と屋外飼育の平均寿命に差はあるの?

    室内飼育の犬の方が、屋外飼育の犬よりも
    寿命が長い傾向にあるんです。

    その理由として気温や気候の変動、衛生面
    においても室内飼育の方が、屋外飼育よりも
    リスクが低くなる為だと言えるでしょう。

    老犬がなりやすい病気

    beagle-693864_640

    老犬になると、どんなに元気な犬にも
    体の変化が訪れ、様々な症状や病気を
    発症することがあります。

    中でも老犬がなりやすい病気として、
    以下のような病気があります。

    • 認知症
    • 椎間板ヘルニア
    • 骨粗鬆症
    • 腎不全
    • 悪性リンパ腫
    • 歯周病 など

    性別毎に多い病気としては、
    去勢していないオス犬は、前立腺肥大
    避妊していないメス犬は、子宮内膜炎、
    子宮蓄膿症
    が多いと言われています。

    老犬になると運動不足や代謝が落ちる
    事から、肥満になりやすくなります。

    肥満は、様々な病気を引き起こす
    大きな要因
    の一つです。

    愛犬が肥満にならないためにも適切な
    食事量と適度な運動
    を心がけましょう!

    こちらに老犬におすすめのドッグフードを
    紹介しています。

    ⇒低脂肪のドッグフード!シニアおすすめランキングTOP5【口コミ】

    こちらは犬の関節に良いサプリを
    紹介しているので
    まずは老犬の足腰に良いものを
    与えてみてはいかがでしょうか。

    ⇒犬の関節に良いサプリを徹底比較!おすすめ3選

    ⇒老犬の足に良いサプリメントランキング&自宅ケアのポイント

    ぜひ参考にしてください。

    安楽死という選択

    schweizer-sennenhund-108590_640

    安楽死について、どのようなイメージを
    持っているでしょうか?

    「そんな残酷な事は出来ない」
    「飼い主としての責任放棄ではないのか」
    「犬にも最期まで生きる権利がある」

    色々な意見があると思います。

    私も愛犬が元気だった頃は、同じような
    事を考えていました。

    でも、愛犬の死が近くまで迫っている
    と感じるようになってからは、
    「安楽死=愛犬を苦痛から救うこと」
    という考え方もあると知りました。

    人間なら遺志を残す事で、家族の選択も
    早期に出来るかもしれません。

    でも愛犬は遺志を残す事が出来ません。
    安楽死という選択は全て飼い主に
    委ねられています。

    ここで安楽死を選択した「一人の女性が
    安楽死を迎える愛犬と共に過ごした最後
    の一日」の実話を綴った動画を紹介します。

    賛否両論あると思いますが、こんな選択も
    あるのだと心のどこかに留めておいて
    いただければと思います。

    愛犬が苦痛の中で生き続ける事を
    「望む」か「望まない」のかは
    飼い主の気持ちと一致するのだと
    私は思っています。

    それは互いに相手を思う強い愛情から
    生まれる感情に他ならないのですから
    その選択に「間違い」など無いのです。

    なので「安楽死」という選択は
    いっしょに生きてきた家族だからこそ
    許される「共の苦しみ」だと感じます。

    幸い老衰で安らかに逝ったとしても
    愛犬の死は、とても辛く悲しい事
    です。

    それでも愛犬の最期に立ち会える
    という事が双方にとって何より幸せ
    な事だと信じています。

    だからこそ、いつか訪れる愛犬の死に
    目を逸らさず、正面から向き合う事の
    大切さを知ることが出来たんです。

    あなたには、安楽死という選択もある
    事を知っておいて欲しい。
    あなたの愛犬とあなた自身のために。

    Sponsored Links

    まとめ

    dog-1007598_640

    いかがでしたか?
    最後に
    今回お話した内容をもう一度
    振り返ってみましょう。

    • 犬が寿命を迎える直前の症状
    • 犬の平均寿命は、体の大きさや
      避妊去勢の有無、環境に影響する
    • 老犬は肥満に注意し、なりやすい
      病気を知っておく
    • 安楽死は「愛犬の命を奪う」では
      なく「愛犬を苦痛から救う」という
      考え方がある
    • 愛犬の死に正面から向き合うこと
      の大切さ
    • 安楽死という選択もある事を知る

    例え愛犬の寿命が短かかったとしても、
    「幸せな犬生だった」と思ってくれる
    そんな日々を送り、互いが後悔しないよう
    幸せな瞬間を過ごして行きたいですね。


    ペットの『臭い』が気になる人必見!

    ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
    気になりませんか?

    ※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
    解決しません。

    そんなあなたには消臭・除菌ができる
    『カンファペット』がオススメです。

    カンファペットなら、

    ・カーテンやソファの消臭ができる
    ・ペットの体臭対策に使える
    ・車に乗せた後の消臭に
    ・お尻のお手入れにも
    ・目や口に入っても安全

    などペットがいるお家に最適です。
    また除菌効果もあるので、
    飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。




    ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!
    人間と同じようにわんちゃんにも
    アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
    そんな愛犬の

    • 脱毛
    • かゆみ
    • フケ
    • 乾燥、湿疹
    • 肌荒れ

    などで悩みを抱えている飼い主さんに
    おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
    「AVANCE(アヴァンス)」
    です。

    AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

  • など排泄後の肛門周囲ケア等にも
    幅広く応えてくれます。

    世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
    特許成分「RG92」を配合しており
    特別な保湿力があります。

    化学薬品を一切使用していないので
    安心して利用できます。

    ⇒AVANCE(アヴァンス)の詳細を確認する


    【関連する人気記事】


    Sponsored Links


    ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

    ペットの体調が悪いと心配ですよね?

    ・涙やけが治らない
    ・食糞が治らない
    ・毛並みがボサボサ
    ・お腹がゆるい
    ・食欲不振
    ・皮膚がガサガサ

    などの悩みを抱えていても

    『何をしたらいいか分からない!』となる
    飼い主さんも多いのではないでしょうか。

    そんなあなたには
    犬用サプリの 『aikona(あいこな)』がおすすめ です。

    aikona(あいこな)なら、
    ・涙やけを改善してくれる
    ・食糞対策に使える
    ・腸内環境を整えてくれる
    ・毛艶・毛並みがよくなる
    ・無農薬栽培で安全に食べれる
    ・満足度91%で期待できる

    など多くの悩みに応えてくれます。

    またどんな犬種に与えても大丈夫なので
    大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

    ⇒aikona(あいこな)の詳細を確認する♪


    \ SNSでシェアしよう! /

    わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア


    \ アンケートお願いするワン♪/
    ↑↑《アンケートに協力下さいね♪》↑↑

    ライター紹介 ライター一覧

    中村 あゆみ

    中村 あゆみ

    私が初めて犬に出会ったのは、10代の頃でした。
    シェットランドシープドッグ(通称シェルティ)の女の子です。
    この子と出会って、私は命の重さや犬の素晴らしさを知りました。


    今は亡きこの子に恩返しという訳ではありませんが、
    」多くの人に犬の素晴らしさを知って欲しい!命の大切さを伝えたい!
    そんな想いで、ホリスティックケアカウンセラーの資格を取得しました。

    カウンセラーとしての知識や経験を生かして、
    みなさんと愛犬のHAPPY LIFEに役に立てる記事を
    書いていきたいと思います♪

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 犬がピーナッツを食べてしまった!アレルギーや消化不良になるって本当?

      • 犬に酵素は効果あるの?その驚くべき力と正しい与え方を解説

      • 犬もパンを食べる?与える時の注意点とメリット・デメリットとは?

      • 犬の食欲不振を改善するためにするべき5つのポイントを紹介!

      関連記事

      • 老犬が散歩で歩かない…無理なく健康を維持する5つの方法!

      • 犬の老化が分かる症状TOP3とは?

      • 犬が認知症で寝ない!対処法と疲れすぎない介護のポイント

      • 犬の老化防止!アンチエイジングのための10の秘策を紹介!

      • 老犬の痙攣が止まらない!泡を吹くときの対処法とは?

      • 耳が遠い?老犬の難聴の見極め方と日常生活の注意点を解説!