1. TOP
  2. 犬の食べ物!アレルギーに気をつけたい野菜10選【完全版】

犬の食べ物!アレルギーに気をつけたい野菜10選【完全版】

ごはん
  840 Views

ダイエット中の犬のおやつ、
困りますよねぇ!

きらきらお目めで
「ぼくもおやつ食べたいなー」
「なんかちょ~だい♡」
なんて見つめられたら・・・(>_<)

ダイエット中だろうがなんだろうが、
なにか食べさせてあげたくなります。

でも肥満は万病のもとです!

飼い主が心を鬼にしてがんばらないと、
愛犬の健康を守ることができません。

そこでオススメなのが、”野菜”です。

野菜なら低カロリーで脂肪分も少ないので、
ダイエット中でもおやつとして
食べさせてあげることができます。

ただし!
野菜の中にはアレルギーや中毒
注意が必要なものもあり、
しっかり安全を確認することが大切です。

そこで今回は、
危険な食べ物の”野菜編”をお送りします。

  • 犬の健康に効果的な野菜のベストな与え方
  • 中毒やアレルギーに注意が必要な野菜の
    安全な与え方
  • 犬には絶対禁止の野菜

についてまとめました。

野菜はダイエットだけでなく、
他の健康維持にも効果があります。

一緒に安全な野菜を学んで、
愛犬のおやつタイムを
野菜で彩ってあげましょう♡

Sponsored Links

犬の健康に効果的な野菜のベストな与え方

558641d5b6ec9fa3984ddf4f9f31ebb8_s

野菜はただ切って与えるだけでも
犬の健康によい効果があります。

が!

与え方や選び方を工夫して、

  • 効果的な野菜を選ぶ
  • ひと手間加える

ことで、ダイエットや健康維持効果が
ぐーんとアップするんです♡

ダイエット効果のある野菜

健康的なダイエットに大切なのは、
低カロリー高たんぱく”です。

こう聞いてぱっと思いつくのは
”赤身のお肉”ですが、
お肉はお値段も高いですし
焼いたり切ったり手間もかかりますよね(汗)

でも安心してください!

条件にぴったり合う野菜の加工食材が
昔から日本にあるのです。

そう、豆腐です☆

豆腐はご存知の通り低カロリーですし、
「畑の肉」と言われるほど高たんぱく。

その上お安く、
生のままささっと与えられるので
手間もかかりません。

 

いつも生の豆腐というのも飽きちゃうので、
少し工夫してあげるのもおすすめです。

詳しくは、
犬も豆腐でダイエット!正しい与え方と手作りメニューを紹介
をご覧ください☆

健康維持に効果のある野菜

豆腐の原料である大豆は、
納豆に姿を変えても優秀です。

犬に納豆を与えれば、

  • 肝臓をきれいに
  • 血液をきれい&さらさらに
  • 腸内環境改善

という効果が期待できるんです(*´ω`*)

 

またさつまいも
犬にオススメの野菜です。

食物繊維やビタミンが豊富なので、

  • 整腸作用
  • 免疫力アップ
  • むくみの解消

などが期待できますよー!

生のさつまいもは消化がしにくいので、
ふかしたりペースト状にしてあげると
安心ですよ♪

詳しくは、
犬の納豆の効果!肝臓に良いってホント?適切な量と与え方とは20

犬はさつまいもを皮ごと食べても大丈夫?正しい与え方とは?
をご覧ください☆

Sponsored Links

中毒やアレルギーなどに注意が必要な野菜の安全な与え方

920e4c65fea95eaa0d77c7b7fcf892fe_s

さて。
野菜を与える時に気になるのは、
やっぱり安全性ですよね!

中毒やアレルギーの危険がある野菜は、
私たち飼い主が避けてあげましょう。

アレルギーに注意が必要な野菜

まずはアレルギーが出やすい野菜から
みていきましょう。

食べ物アレルギーは
全犬の40%が持っているといわれており、
ある日突然発症することもあります。

野菜の中でも特に、

  1. トマト
  2. きゅうり(ウリ科)
  3. 大豆(豆腐・納豆など)
  4. にんじん
  5. 小麦
  6. 山芋
  7. じゃがいも
  8. なすび
  9. セロリ
  10. ピーマン

アレルギーが出やすいといわれています。
(これ以外の野菜でも、
アレルギーが出る場合もあります。)

これらの野菜を初めて与える時は
ちょこっとだけにして、
異常がないか様子をみてあげましょう。

※きゅうりアレルギーの子は、
同じウリ科のメロン・スイカなどでも
アレルギーがでることが多いです。

詳しくは、
犬もトマトを食べる?その効果と注意点&簡単レシピを紹介!

犬はきゅうりにアレルギー反応を起こす?どんな症状が出るの?
をご覧ください☆

誤飲に注意が必要な野菜

毒性やアレルゲンにはならなくても、
誤飲に注意が必要なものもあります。

その代表例は、とうもろこしの芯です。

とうもろこしの芯は
まさに食物繊維の束そのもの。

犬には消化が難しく、
場合によっては腸に詰まって、
腸閉塞を起こすこともあります(>_<)

詳しくは、
犬がとうもろこしの芯を食べたら腸閉塞になる?嘔吐が始まった時の対処法

をご覧ください☆

消化不良に注意が必要な野菜

とうもろこしの芯ほどではなくても、
犬には消化しにくいため
消化不良に注意が必要な野菜もあります。

代表例としては、

  • にんじんなどの根菜類
  • キャベツ

などですね。

こうした
食物繊維が豊富なイメージがある野菜は、
消化しやすいように
細かく切ったりすりおろしたりして
食べさせてあげましょう♡

詳しくは、
犬はにんじんを生で食べても平気?正しい与え方と注意点とは
犬にキャベツを与える時の量とは?食べ過ぎるとどうなるの?

をご覧ください☆

 

✐キャベツだけだと不満・・・?
キャベツは小さく切って炒めてあげると、
犬にも消化しやすくて安心です。
この動画みたいに、
人間用と一緒に作ると楽ですね♪
  
でもこの黒柴ちゃん、
お肉入ってないのが
ちょっと不満みたいです(笑)
Sponsored Links

犬には絶対に禁止!与えてはいけない野菜

fdfb75dd5cd0f706923d5a36489f7e18_s

犬には絶対に与えてはいけない、
おそろしい野菜もあります。

それは、玉ねぎ(ねぎ類)です!

玉ねぎの成分が犬の赤血球が溶かし、
溶血性貧血になってしまうのです。

玉ねぎなどのねぎ類は、
犬には命が危険なほどの猛毒なのです。
絶対に与えてはいけません。

詳しくは、
犬が玉ねぎを食べてしまった!応急処置の方法と受診の目安とは?

をご覧ください☆

Sponsored Links

まとめ

schafer-dog-662701_640

いかがでしたか?

野菜はダイエットや健康維持など、
犬によい効果があるオススメの食材です。

特に、

  • 豆腐
  • 納豆
  • さつまいも

は犬の健康に効果的なので、
積極的に食べさせてあげましょう♪

しかし、注意が必要な野菜もあります

野菜の中でも特に、

  1. トマト
  2. きゅうり(ウリ科)
  3. 大豆(豆腐・納豆など)
  4. にんじん
  5. 小麦
  6. 山芋
  7. じゃがいも
  8. なすび
  9. セロリ
  10. ピーマン

アレルギーが出やすいといわれています。

また、アレルギー以外にも、

  • 誤飲に注意⇒とうもろこしの芯
  • 消化不良に注意⇒にんじん・キャベツ
  • 絶対禁止!⇒玉ねぎ(ねぎ類)

などに注意が必要です。

これらは犬の健康を害し、
場合によっては
死に至らしめる危険さえあります

気を付けてあげてくださいね(‘◇’)ゞ

Sponsored Links



今ならペット保険が月700円から入れる♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪



Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

安田

安田

記事を読んでくださってありがとうございます!

小さい頃から大の動物好きで、
今は5才になる雑種犬と暮らしています。
犬を飼うって、本当に楽しいです♪
でも、私のしつけは正しいのかな?とか、
病気になったらどうしよう・・・とか、
不安もたくさんあります。

犬を飼う楽しさや不安を吹き飛ばせるような情報を
みなさんにお届けできたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA