1. TOP
  2. 犬の目やにの取り方!多い時は病気のサイン?

犬の目やにの取り方!多い時は病気のサイン?

 2016/02/15 病気
  11,964 Views
2016y01m19d_033522488

言葉を話せない犬だから、愛犬の健康管理には気を配ってあげたいものですが、明らかに調子が悪い、吐いたり、下痢をしたりなんて症状があれば犬の異変に気が付いて病院へ連れて行ってあげることもできますよね?

ところが結構見逃してしまいがちなのが「目やに」など目のトラブルなんです。
どんな目やにが正常でどんな目やにが異常なのか目やにの色によっても見分けることができるんですよ。

目やにの色によってどんな病気が隠れているのかまとめたので、
「いつもの目やにと違うな~」
と感じた時の参考にしてください。

愛犬の目やにの取り方も一緒にチェックしてくださいね。

犬の嘔吐餓鬼になる方はこちら!
→犬が嘔吐!白い泡のサインとは?

Sponsored Links

犬の目やにの取り方は?

・犬の目やにの取り方。
水やぬるま湯を含ませたコットンでやさしく拭き取ってあげます。
ゴシゴシこすらずに、固くなってる目やにはコットンをしばらく当ててふやかして取るといいですよ♪

2016y01m19d_033747726

犬の目の周りをケアするのにいろいろなグッズが売られていますがおすすめはホウ酸水です。
薬局で購入できますが犬用のグッズを買うよりも安上がりなんですよ~。
粉末のホウ酸3g150mlのお湯で溶かして、濃度2%のホウ酸水を作ります。
(ホウ酸は溶けにくいのでお湯を使ってくださいね)

こちらの動画で愛犬の目やにの取り方を紹介していますのでチェックしてみてください♪

Sponsored Links

こんな場合は病気の可能性も!

2016y01m19d_033528988

犬の目やにの取り方を紹介しましたが、ただ「目やにが多いなぁ」
なんて思ってたら実は病気が隠れていた…という事もありえます。
ここでは注意したい犬の目やにについておはなししていこうと思います。

犬の目やにが多い、急に増えた!

犬の目やにが急に増えたり、多いと感じるときは傷ができていたり、炎症が起こっていることが考えられます。

そんな時に自己流でケアしていると症状を悪化させてしまうこともありえるので、すぐに病院を受診しましょう。

…とはいっても
「どこまでが正常で、どこからが異常なのか判断できないよ~」
という場合もあるでしょう。

病院に連れて行くべき目やにの症状とはどんなものでしょうか?

目やに、目が充血している。

2016y01m19d_033554561

目やにに加えて目が充血している場合に考えられる病気をまとめました。

・結膜炎
ウイルスやアレルギー、目に入った異物などが原因で結膜に炎症が起こっている状態。

・ドライアイ
犬も人間と同じように涙で目の表面を保護しています。
涙が少ないために目が乾いて炎症が起きるのがドライアイです。

・ぶどう膜炎
眼球に傷が出来たり、細菌やウイルスが原因で「ぶどう膜」に炎症が起こり目が充血します。

犬の目やにが多かったり充血している場合はこのような病気の可能性があるので、病院を受診してくださいね。

色によって原因が違う

2016y01m19d_033628987

目やにの色によっても原因や対処法は変わってきます。
目やにの色別の症状をまとめたので参考にしてください。

目やにの色が黄色や緑は要注意!

目やにの色が白っぽかったり、黒っぽかったりする場合は、特に緊急性のない普通の目やにである事が多いです。

注意したいのは目やにが黄色や緑色だった場合です。

黄色い目やには細菌やウイルスが原因で膿になっている状態です。
結膜炎角膜円の可能性があります。

緑色の目やには細菌やウイルスが死んだ物が混ざってる状態です。

このように黄色や緑の目やにが出ている場合は、犬自身もかゆみや痛みを感じている事があります。
すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

まとめ

愛犬の目やにに関する情報をご紹介しました
がいかがでしたか?

目やにはできるだけ毎日ケアしてあげましょう。
目やにの量がいつもより多いとか、色が違うと思ったら病気が隠れている可能性があるので病院を受診しましょう。
こちらの記事も一緒にご覧ください♪

飼い犬の無駄吠えにお悩みなら…
→犬の無駄吠えはしつけでなおる!酢が有効ってホント?

賛否両論!犬用マイクロチップって?
→犬のマイクロチップ埋め込み!デメリットはある?

愛犬の健康管理に関する記事はこちら♪
→犬についたマダニの取り方!酢が有効ってホント?

愛犬の気になるしぐさの理由を知りたいなら
→犬のくしゃみ!嬉しいとわざとする理由とは?

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

2016y01m19d_033522488

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

結婚と同時に飼い始めた我が家のシーズー犬(♂)も6歳になりました。

子供が産まれると愛犬中心だった生活スタイルも変わりつつあり、小さな子供とワンコとの共同生活は大変なことも沢山ありますが、それ以上に毎日癒しをもらってます♪

子犬の頃から皮膚トラブルを始め、何かと病院にお世話になることが多かった我が家のワンコ。

その経験も活かしながら、ペットと楽しく暮らすために参考になる記事を書いていきたいと思います^^

コメントを残す

*

CAPTCHA