1. TOP
  2. 犬についたマダニの取り方!酢が有効ってホント?

犬についたマダニの取り方!酢が有効ってホント?

病気
  19,579 Views
2016y01m19d_030313987

 

マダニ。
普段の体調は2~3㎜ほどですが、人や犬の皮膚にくっついて血を吸うことで、最大で100倍~200倍位の大きさにまでなるそうで、虫が大嫌いな私は聞いただけでぞわぞわっと鳥肌が立ってきちゃいます(汗)

さらに普通のダニと違い、噛まれることで病原体を移されて重篤な症状になることもありえるという、なんとも恐ろしいやつなんですね~マダニって…。

虫は大っ嫌いだけど、もし愛犬がマダニに噛まれてしまったら飼い主の自分が対処しなければいけないわけですから、きちんと対処法は知っておくべきですよね!

愛犬がマダニに噛まれた場合は、まず病院へ行くのが一番ですが病院が休みだったり、時間外だったりすることだってありえます。

そんな時に覚えておきたいマダニの取り方を紹介していくので、ぜひチェックしてくださいね♪

Sponsored Links

除去が困難…マダニの取り方を紹介!

犬にマダニがついているのを見つけたら、動物病院で除去してもらうか自分でとるかのどちらかの方法で対処することになります。

マダニは犬の皮膚にしっかりと噛みついているので、無理やりマダニを取ると噛みついた口だけが犬の皮膚に残り、化膿したり炎症を起こす可能性もあります。
自分で除去する場合は十分に気を付けて行ってくださいね。

動画のようにピンセットで取る方法もありますが、慣れていないひとにはおすすめできないので自分で簡単にできるマダニの取り方を紹介していきたいとます!

酢を使ったマダニの取り方

2016y01m19d_031507779

自分でマダニを取る場合はを使って除去します。
酢をコットンなどに染み込ませたものをダニに軽く当てます。
しばらく待つと自然にマダニが口を離すのでそれまでは無理につぶしたり、引っ張ったりしないでくださいね。

取れたマダニをぷちっと潰してしまいたくなるかもしれませんが、卵をまき散らす可能性があるのでやめましょう。

ガムテープでくるむなどして捨ててしまいましょう。

エタノールを使っても代用することができますよ~。

薬を使って除去する場合

薬を使う場合は動物病院で処方されるフロントラインがおススメです。
首の後ろに薬を垂らします。
毛が長いワンコは毛をかき分けて皮膚に垂らすようにしてくださいね!

薬をつけてから48時間以内にマダニは死んでしまいます。

ぽろっと取れる場合もあれば皮膚にくっついたままの場合もありますが、マダニが死んでる場合はつっつくとぽろっと取れてしまいます。

Sponsored Links

マダニ発生の時期や予防法は?

マダニの除去方法をご紹介しましたが、マダニから愛犬を守るためには予防が一番重要です。
マダニは草や葉っぱの陰に潜んでいるので、マダニのいそうな草むらにはできるだけ近づかないようにしましょう。

散歩から帰ってきたらブラッシングをするようにしてマダニがついていないか確認するような習慣にしておくことも大切です。

マダニがまだ噛みついていない状態であればブラッシングによって取ることができる場合もあります。

マダニ予防のお薬もありますが市販のものは医薬部外品で効果も弱いものが多いです。
動物病院で処方される医薬品なら予防効果も高いし、シャンプーをしても1ヶ月くらい効果が持続します。

マダニが発生する時期は?

マダニは気温が温かくなるとともに活動が活発になります。
毎年気温が高くなる5月から9月にマダニの繁殖が活発になりますが予防するならマダニが増える時期より少し早目の4月から予防を始めるといいでしょう。

こんな症状は感染症のサインかも?

マダニが恐ろしいのは噛まれることでマダニが持っていた病原体に感染してしまう可能性があることです。
マダニによって移される可能性のある感染症とその症状をまとめました。

・バベシア症
貧血や発熱、黄疸、重症化すると死亡することもあります。

・ライム病
食欲減退、発熱、痙攣、関節炎。

・エールリヒア症
発熱、貧血、食欲減退。

このような感染症にかからないためにもしっかりマダニ予防してあげましょう。

犬の感染症予防、予防接種に関するこちらの記事もチェック!
→犬の予防接種!毎年必要なの?

まとめ

マダニは予防と、早期発見が重要です!
普段から犬の様子を注意深く観察するようにして、いつもと様子が違ったり、異変があれば病院に連れて行ってあげましょう。
こちらの記事も一緒にご覧ください♪

愛犬の健康管理に関する記事はこちら♪
→犬の目やにの取り方!多い時は病気のサイン?

飼い犬の無駄吠えにお悩みなら…
→犬の無駄吠えはしつけでなおる!酢が有効ってホント?

賛否両論!犬用マイクロチップって?
→犬のマイクロチップ埋め込み!デメリットはある?

愛犬の気になるしぐさの理由を知りたいなら
→犬のくしゃみ!嬉しいとわざとする理由とは?

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

2016y01m19d_030313987

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

結婚と同時に飼い始めた我が家のシーズー犬(♂)も6歳になりました。

子供が産まれると愛犬中心だった生活スタイルも変わりつつあり、小さな子供とワンコとの共同生活は大変なことも沢山ありますが、それ以上に毎日癒しをもらってます♪

子犬の頃から皮膚トラブルを始め、何かと病院にお世話になることが多かった我が家のワンコ。

その経験も活かしながら、ペットと楽しく暮らすために参考になる記事を書いていきたいと思います^^

コメントを残す

*

CAPTCHA