1. TOP
  2. 犬のキャリーバッグは手作りできる?作り方の手順を紹介!

犬のキャリーバッグは手作りできる?作り方の手順を紹介!

 2016/11/25 手作り DIY
  163 Views
img_48101
ピヨ
フンフン♪はてはてフフ~ン♪
北斗
あ、ピヨさん!鼻歌なんか歌ってご機嫌だね!今日は何を作ってるの?
ピヨ
やあ、北斗!トイプードルの翔ちゃんのママからオシャレなキャリーバッグが欲しいってリクエストが来たの。
ハンドメイドは世界に一つな所がいいんだって。腕が鳴るわ~♪
北斗
そうなんだー!翔ちゃんのママいいこと言うね!
ピヨ
どうせなら、個性的なものがいいと思って。古着のジーンズをリメイクしようと思ってるのよ。
ピヨ
という訳で、今回はエコで、それでいてちょっとオシャレなジーンズのキャリーバッグを作ります♪

犬のキャリーバッグを手作りしよう!作り方を紹介

犬のキャリーバッグって、意外に
他の人が持っているものと
かぶることが多いですよね。
そんな時って、お互いに気まずい雰囲気…
になったりします。

他の人と同じものはイヤ!と
いう方は、それならば思い切って
キャリーバッグを手作りするのは
いかがですか?

今回も、特別な型紙などは
必要ありません。
チョキチョキ切って、ミシンでダダダーっと
縫うだけですよ♪

それでは、始めましょうか。

準備する材料は?

  • メンズもののストレートジーンズ
    リーバイス503・33インチを使いました
  • 裏布 20cm×1mくらい
  • MDF板 1枚 20cm×40cm
  • 底鋲 (手芸店に売っています) 4個
  • 犬用リード 1本

写真に写っているDカンとナスカンは
今回は使いませんでした。

犬用キャリーバッグの作り方手順

img_47001

また下10cmくらいのところに線を引き
ジーンズをその線に沿ってカットします。

img_47111

img_47121

このように、カットできましたか?

次に股の部分をリッパーでほどきます。

img_47241

リッパーはよく切れるので、
切り裂いてしまわないように
慎重にほどきましょう。

 

img_47291

ほどけました。

Sponsored Links

ズボンの部分を用意します。

img_47321

外側の糸をほどいて開きます。

img_47331

裏返してMDF板を置き、型を取ります。

img_47381

 

1.5cmの縫い代をつけます。
カットします。
これがバッグの底になります。

img_47391

 

 

このように配置して、待ち針を打ちます。

ピヨ
ここがポイント!

それぞれの辺の中央に印をつけ
ジーンズの前と後ろの股のセンターに
待ち針を打ってから外側に向かって
待ち針を打つときれいに仕上がります♪

img_47441

出来上り線の外側5mmの所に
しつけをします。

img_47461

全体にしつけができました。

しつけが出来たら裏返してちゃんと
そこが正しい位置にあるかチェックし
余分な生地はカットしましょう♪

img_47541

ちゃんと底がついているか、
裏返してチェックしましょう!

img_47491

こうなっていたら、正解です!

img_47521

しつけ通りに底をミシンで縫います。
印より5㎜外側を縫いましょうね♪

img_47571

縫い終わったら、
端にジグザグミシンをかけ、始末します。

img_47591

 

ちょっと汚くなりましたが、
出来ました。

img_47601

表にひっくり返しておきましょう♪
バッグの本体が出来ました♬

img_47651

 

先ほど開いたズボンの残りをつかって
8㎝幅の帯を二本切ります。

長さはお好みにしてください。
私は70cmにしました。

img_47671

待ち針を、前後それぞれの中央から
左右に10cmあげて待ち針を打ってみます。

ジーンズの形そのままのデザインにしたので
前が少し下がっています。
なので、後ろの紐より前の紐の方が
少し長くなりますね。

持った時違和感がないように
調節しましょう♪

img_47701

上が後ろ(お尻側)の紐です。
少し短くなっていますね。

img_47711

裏布を8㎝幅にカットし、
それぞれの紐の長さに合わせます。

img_47721

 

中表にして、待ち針を打ちます。

img_47741

 

端から1cmのところを縫います。
15cmくらいの返し口を残して
縫いましょう。

img_47771

 

こんな感じに開けていてくださいね♪

img_47801

 

ひっくり返すときに角が出やすいように
端をカットします。

img_47901

 

ひっくり返してアイロンで押さえます。

img_47821

 

返し口は綴じましょう。

img_47841

 

端から1cmの所にステッチをします。

img_47861

 

出来ました♪

img_47891

 

 

先程試してみたように、
中央から10cm左右に開けて紐を配置し
ミシンで縫い付けます。

ピヨ
ここがポイント!

ミシンで縫い付けるときは上側を縫い
下は残しておきましょう。
ミシンが強い場合は大丈夫ですが、
家庭用のミシンは弱い物が多いので
デニム生地が何重にも重なると
針が折れる場合があります。
気を付けてくださいね♪

 

img_47931

 

紐の端は固いのでミシンを
かけませんでした。
まつってくださいね♪

img_47941

Sponsored Links

 

最後に飛び出し防止の、短いリードを
バッグに取り付けます。
約25cmくらいにリードをカットします。

img_47961

 

しっかりと3か所くらい縫い付けましょう。

img_47991

 

バッグの底にこのように、底鋲をつけます。

img_48051

 

本来ならば板を動かないように挟んで
留めるのですが、
犬が粗相をした場合洗えなくなるので、
今回は挟みません。

板の厚み分が空くので、
デニムを3つ折りくらいにして挟みます。

img_48091

 

こんな感じに補強してくださいね♪

img_48061

 

手作りキャリーバッグの完成!

バッグが出来ました♪

前です。

img_48111

 

後ろはこんな感じです。

img_48131

どうでしょうか?

 

愛犬を入れてみた感想は?

img_48181

ピヨ
北斗~!できたよ~!!
北斗
いいじゃない!これなら翔ちゃんのママも喜ぶよ。早く届けよう!
ピヨ
そうね!喜んでくれるといいわね。
皆さんも、いらないジーンズがあったら作ってみてくださいね♪
古着屋さんでも安く手に入ることがありますよ。

キャリーバッグはどんな時に使うものなの?

dog-1199846_640

キャリーバッグとは犬の移動の時に
使うものです。

公共交通機関などでは、盲導犬や介助犬
などを除き、犬はペットキャリーに入れて
運ぶのが義務づけられています。

キャリーバッグに入れておけば、
犬も居場所が与えられ
知らない所でもリラックスできます
不用意に動き回ることがないので
ケガや事故などの防止にもつながります。

犬の外出時はペットシーツや
マナーパンツ、水やうんちバッグなど
結構持っていくものがあるので
ポケットのいっぱいついた機能的なものが
いいですね。

まとめ

dog-1043992_640

いかがでしたか?

ジーンズは初めからポケットがたくさん
ついていますし、生地も丈夫です。

ダメージ加工のものは味わいがあって
いいのですが、穴が開いてしまわないように
ほどほどのものにしてくださいね。

ワッペンやアップリケなど付けても
かわいいと思いますよ。

皆さんのアイデアで、もっと素敵な
オリジナルのキャリーバッグ
仕上げてくださいね♪

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

img_48101

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ピヨ

ピヨ

幼い頃から動物好きで、今も犬4匹、猫10匹、熱帯魚、キジバト、カエルと共に
とある地方の田舎で暮らしております。

特技は、猫の捕獲です。

いろいろな動物を、保護して育てた経験があります。

DIYやお裁縫も得意なので、
楽しみながら作れるグッズなんかも
時々紹介できたらいいな♪と思っています。

多少、不思議ちゃんカラーですが、
動物に対しての熱さは、
他の人には負けないと思っています(笑)

まだまだ未熟ですが、このサイトで
皆さんと一緒に犬について
勉強していきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。