1. TOP
  2. 犬の避妊手術!術後の対応で気を付ける8つのこと!

犬の避妊手術!術後の対応で気を付ける8つのこと!

 2016/01/21 手術
  104,452 Views

 

避妊手術も無事に終わり、
一安心~・・・
と思うのも束の間!

いざワンちゃんを迎えに行くと、
術後の痛々しい姿に
初めての飼い主さんなら
少し戸惑いますよね。

避妊手術って、お腹を開くんですから
傷口も大きいし不安になります。

そんな時のために、
術後の対応で気をつける8つのこと
についてまとめました!

  • 術後着でのサポート
  • 散歩の開始
  • シャンプーの開始
  • 抜糸のタイミング
  • 性格の変化
  • 術後の排便
  • 術後の食欲
  • 肥満

について詳しく解説していきますね。

Sponsored Links

術後着でのサポートは必要?

術後は傷口の経過を観察することが
とても大事です。
ワンちゃんが傷口を舐めて
化膿しないように、
傷口が開かないようにと、
一番気を使うところですよね。

術後のケアとして、
術後着や、または代用として
男の子用のマナーベルトを
使用することがほとんどです。

中でも術後着は洋服として
体にフィットし、
傷口全体を
覆うことが出来るので、
飼い主側としては安心できますよね。

病院によっては、
サポーターのようなもので作った術後着や
市販の術後服を用意してくれるようです。
【参考:平成八事動物病院ブログ

服を着慣れている子であれば
エリザベスカラーよりは
過ごしやすそうですよ!

術後着は使用するのが無難ですが、
異常に嫌がって
ストレスになってしまう子などは
他の対策で傷口を保護するなり、

傷口を舐めないようであれば
飼い主が注意して
見張るくらいの対応でも
大丈夫だと思います。

術後の傷口の経過観察はとても重要です!

✅コラム:犬の術後着を手作りする方法を紹介♪

術後着って
普段使うものではないし、
買うにはちょっと高いかな…
という方には
手作り術後着をおすすめします!

作り方は簡単なもので、
大きなタオルなどを用意し
脚を通すために
4つ穴を空けましょう。

そして、背中で結べるように
切り込みを入れるのが
簡単な手作り術後着だと思います。

こうすることで、自分オリジナルの
かわいらしい術後着を
作ってあげられるかもしれませんね♪

↓参考の画像として載せておきます!

120517_1409

f15eeb7020f502dc7bf6e84637e55110

 

Sponsored Links

避妊手術後の散歩はいつから?

dog-733832__180

散歩の開始の判断も病院によって
異なってきます。

だいたい3日~1週間の安静を
求める獣医師が多そうですね。

抜糸までの2週間は散歩を控えるよう
指導する病院もあれば、
歩く程度なら翌日からOK
なんて病院もあります。

ただ激しい運動だけはしないでください
というのは絶対ですよ!

 

散歩大好きワンちゃんにとっては
この期間はストレスが
溜まってしまいますよね。

ですので、お部屋の中で遊んだり
外の空気に触れさせるなどの対応で
乗り切りましょう。

また、散歩に出るときは
傷口が直接地面や草などに触れないように、
術後着などで保護することを忘れずに!

 

傷口からバイ菌が入って
化膿するなどのトラブルは
避けたいですよね。

術後のケアなどは、病院によって
違ってきますので
獣医師の指導に従ってなるべく
安静に過ごしてくださいね。

術後のシャンプーは何日後からできる?

puppy-1022421__180

術後のシャンプーって、
傷口からバイ菌が入らないか
心配になりますよね。

平均にして、術後は2週間~3週間
日にちを開けてシャンプーする方が
ほとんどのようです!

傷口に問題がなければ、
10日ほどで軽くシャンプーすることは
可能という病院もあります。

やはり、傷口の回復を待って
状態が良ければ・・という感じですね。

抜糸が必要な場合は、
抜糸後2~3日後からシャンプーを
しても大丈夫なんだそう。

糸が通っていた穴が、塞がるのに
2~3日かかるため、
そのような期間が必要みたいです。

病院によって、術後の処置も違うので
シャンプーについても指示を
仰いでもらいましょう!

シャンプーをする時は、
傷口に刺激を与えないよう
あまりこすったりはしないでくださいね。

またトリミングに出すときには
状態を説明して
気を付けてもらいましょう。

【参考:獣医師が書くブログ

Sponsored Links

避妊手術後の抜糸のタイミングは?

boxer-887889__180

抜糸のタイミングとして、
ほとんどが術後10日~14日
の間に行うようです。

早くても1週間後に抜糸という
病院もあります。

抜糸のタイミングについても
病院によって違うので、
術後の処置については獣医師から
しっかり話を聞いておきましょう!

今では抜糸の必要がない糸で
縫合する病院もありますからね。

手術も無事に終わり、傷口の経過も
順調であれば決められた日程で
抜糸をしてもらいましょう。

抜糸については、痛みもなく
5分~10分程で終わる
簡単な処置のようなので
安心してくださいね。

YouTubeで抜糸時の様子がアップされていました~!
痛む様子は全くないですね。

 

決められた日程で抜糸をしておかないと、
術後の膨れ上がった皮膚に糸が食い込んで、
抜糸がしにくくなることも
あるみたいですよ。

なので、なるべく獣医師から
伝えられている日程で
抜糸を済ませましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links

ライター紹介 ライター一覧

伊藤 千帆

伊藤 千帆

現在1児の母として、子育て奮闘中でございます!

実家にはシーズーの男の子。
そして今は可愛い子どもと愛猫と
のほほんと楽しく過ごしています。
いつも子どもには「何でそんなに可愛いの~♪」と頬にスリスリ…
けっこう親バカなんです(笑)

幼い頃から動物が大好き!!
そんな好きが高じて、ドッグトレーナー専攻で専門を卒業し、その後はペット用品店に勤務していました。

その経験を活かし、常に誰かの悩みや気持ちと向き合いたいという想いで執筆致します!
ワンちゃんのいろいろな情報を発信することで、1つでも幸せが増えますように^^