1. TOP
  2. 犬が鼻血とくしゃみを同時に出した!考えられる原因は?

犬が鼻血とくしゃみを同時に出した!考えられる原因は?

病気
  1,483 Views
87f57ec045013d8059bc327cb40d51cd_s

ed6cf6279f821ded53dc134a76519b54_s

クシュン!クシュン!
と愛犬がくしゃみ。
「どうしたの?風邪でも引いたの?」
と愛犬の顔を見てビックリ!

「は、は、鼻血が~!!
犬に鼻血なんて聞いたことがない!
これって何か病気なの?!」
と焦っているあなた。

鼻血、それは何かの病気のサイン
かも知れません。

ここでは、犬が鼻血を出した時に
考えられる原因を探っていきたい
思います。

Sponsored Links

犬がくしゃみと鼻血を同時に出した!これって病気?原因は何?

犬や動物は理由もなく鼻血を出すことは
ほとんどありません。

犬が鼻血を出す原因は、
を強くぶつけた(打った)、
鼻炎、腫瘍
など

鼻に何らかの異常がある場合や、
中毒や感染症、
免疫不全などの
血が止まりにくい
疾患に罹っ
ているといった原因が
考えられます。

 

歯槽膿漏の可能性

犬の唾液は弱アルカリ性で虫歯菌
の出す酸を
中和するので、
犬が虫歯になることは
めった
にありません。

ですが、アルカリ性の唾液は
ご飯やおやつな
どの
食べカスと混ざると
とても石灰化しやす
く、
歯石ができやすくなるといった
悪い特徴
も持っています。

歯石を放っておくと、歯肉炎、歯槽膿漏
へと
進行していき、
やがては顎の骨まで溶けてし
まいます。

上顎の場合鼻に近いので、
鼻の骨まで溶ける
と炎症が鼻腔内部
まで広がり、くしゃみをし
た拍子に
鼻血が出るといった症状が
みられる
場合があります。

口が臭い、歯が抜ける、よだれが出る、
顔が
腫れる、膿が出る
といった症状
もある場合は
歯槽膿漏を疑います。

Sponsored Links

腫瘍の可能性

鼻に腫瘍が出来ている場合初期症状は、
鼻水、くしゃみといった風邪や鼻炎
のような症状
ですが、
進行すると腫瘍の患部からの出血
より鼻血が出るといった症状
も見られるよう
になります。

さらに進行すると膿のような鼻汁がでる、
が腫れる、眼球が飛び出す、
顔の周りの骨が
溶ける、
顔が歪むといった症状も
見られるよ
うになります。

治療法は手術での患部の切除、
悪性の場合は
抗がん剤などの化学治療も
必要な場合があり
ます。

また、鼻は脳にも近いので
腫瘍が脳に転移す
ることもあります。
鼻の腫瘍は発見しづらく、治療も難しい
ので鼻血と上にあるような症
状が
見られたら精密検査を受けましょう。

条虫症の可能性

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

条虫症の可能性はほとんどありません。
条虫
症(サナダムシ)の主な症状は、
下痢をする
血便が出る、吐く、
体重が減る、お尻を痒が

といった症状ですので違います。

条虫症はフィラリアと混同される方も
多い
すが、この場合フィラリアによる
喀血(かけ
つ)の血が鼻から出た
ということは考えられ
ます。

 

興奮していて鼻血が出たという事も

犬は興奮したぐらいでは鼻血は出ません。

奮していて鼻血が出た場合、
鼻を強く打った

鼻に何らかの疾患がある
血小板の異常に
より血が
止まりにくくなったといった原因が

考えられます。

老犬になると鼻血が出やすくなる?

犬が年をとったからと言って
鼻血が出やすく
はなりません。

犬も年をとると、歯槽膿漏や癌
といった疾患や、
足がふらつき顔をぶつける

といった事が増えます。

それらが原因による可能性が高いです。

大量の血が止まらない!止め方はある?

少量の出血の場合は安静にして様子を
見ます
が、
大量の出血が止まらない場合は
止め方はありません。

鼻に詰め物をしたりすると
奥に入ってとれな
くなり
窒息の危険もあります。
鼻をつまむ、
首筋をトントンといった
人間の対処法も効き
ません。

鼻血が止まらない!
といった場合は特に何も
せずに、
急いで動物病院に連れて行きましょ
う。

siberian-husky-7379_640

まとめ

犬が鼻血を出す。
それは異常事態です。
見た
目ではわかりにくい疾患が隠れている
かもし
れません。

そういったサインを見逃さないためにも
「鼻
血くらい自分でなんとかしよう」
と自己判断
せずに、
気になったらなるべく早く動物病院で
診察を受けましょう。

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

87f57ec045013d8059bc327cb40d51cd_s

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ピヨ

ピヨ

幼い頃から動物好きで、今も犬4匹、猫10匹、熱帯魚、キジバト、カエルと共に
とある地方の田舎で暮らしております。

特技は、猫の捕獲です。

いろいろな動物を、保護して育てた経験があります。

DIYやお裁縫も得意なので、
楽しみながら作れるグッズなんかも
時々紹介できたらいいな♪と思っています。

多少、不思議ちゃんカラーですが、
動物に対しての熱さは、
他の人には負けないと思っています(笑)

まだまだ未熟ですが、このサイトで
皆さんと一緒に犬について
勉強していきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

CAPTCHA