1. TOP
  2. 犬を抱っこすると怒る?噛みつく前に正しい仕方を伝授!

犬を抱っこすると怒る?噛みつく前に正しい仕方を伝授!

 2016/03/06 日常
  2,343 Views
N825_wankoperori-thumb-815xauto-14795

 

可愛いワンちゃんとの触れ合いの中でも、
抱っこというスキンシップは
日々のケアをする上でも
とても大事なことです。

どうせなら、お互いの癒しタイムとして
抱っこをすることが
出来たらいいですよね?

理想は飼い主さんだけが
癒されるのではなく、
ワンちゃんも安心して、
身を委ねることが
出来るようなものにしたいのです。

しかし、そんな抱っこでも
間違えた抱き方をしてしまうことで
抱っこ嫌いになる子もいます。
中には拒むあまり
噛みつくことも・・・!

そうならないためにも、
飼い主さんが抱っこ上手になって、
ワンちゃんを安心させて
あげましょう!

ここでは、
正しい抱っこの仕方について
お話していきますね!

Sponsored Links

やり方次第で簡単!正しい抱っこの仕方とは?

N825_wankowodakujyosei_TP_V1

ワンちゃんにとって、
抱っこをされることは
ストレスを感じるものの1つです。

普段は地に四足がついているのに、
足が宙に浮いていること、
高い位置にいることで緊張を感じます。

抱っこは信頼関係があってこそ、
リラックス効果を発揮するものですよ。

それでは、改めて
今の抱っこを見直し、
もっと抱っこ上手になりましょう!

ワンちゃんの大きさによって
抱っこの仕方が違うので、
ここからは大きさ別
紹介していきたいと思います。

小型犬の抱っこの仕方

まずどちらかの腕を、ワンちゃんの
脇の下に通し、上半身を
包み込むようにして支えます。
反対の腕でお尻を支えて、
体を密着させましょう。

この時、ワンちゃんの様子を確認して、
落ち着いているようでしたら
ゆっくりと持ち上げましょうね!

最初は膝の上に乗せながら
順を踏むと安定感があるので
是非トライしてみて下さい。

ワンちゃんを縦にして、
お尻の方だけで体重を支えるような
抱き方は、腰に負担がかかるので
控えましょう

 

Sponsored Links

 

特にダックスフンドは胴が長く、
縦抱きは腰の負担になります。
椎間板ヘルニアの予防としても
抱き方には気を遣って下さいね!

e0825f9db9726e05151a1d5d4a967af0

抱き方は、お尻と言うよりは、
胴全体を支えるように注意しましょう。

またチワワなどの超小型犬や子犬は、
どちらかの手で、ワンちゃんの両前足に
親指と小指で引っかけるようにします。
他の指は胸全体を包み込むように
抱っこをしましょう!

72627a446d49a269c0ac6ef9a399f09b

そして、腕全体でワンちゃんの体を
支えるというイメージです。
暴れるとスルっと落ちてしまう
危険性もありますので、
片方の手でワンちゃんの顔の辺りを
軽く自分の胸に密着させましょう。

苦しくならないように、
力加減をして下さいね!

中型犬の抱っこの仕方

まず中型犬では、
飼い主さんは立て膝の状態になります。
この時ワンちゃんは
飼い主さんに対して横向きに
立たせましょう。

ワンちゃんが落ち着いているかを確認し、
ワンちゃんの両前足付け根部分の内側と、
両後ろ足付け根部分の内側手を通し、
腕でゆっくり持ち上げましょう。

持ち上げたら、自分の胸の方に
だき寄せ、なるべく密着させて
安定させましょう

Sponsored Links

大型犬の抱っこの仕方

golden-retriever-642012__180

大型犬になると、あまり抱っこを
する機会はありませんが、
病院で診察をするときなど、
抱っこで診察台に乗せる場面も
出てくるかもしれません。

いざとなったときの為に、
落ち着いた場所で抱き方の練習を
しておきましょうね!

まず、飼い主さんは立て膝になり、
飼い主さんに対してワンちゃんは
横向きで立たせて下さい。

頭の方にある腕を、ワンちゃんの顔の下に
ぐるりと回しておきましょう。

片方の手を、ワンちゃんの体の上から
側の胸の方へ回し入れ、
お腹辺りに手を添えて下さい。

この時に、落ち着かせるよう
声をかけながら
撫でてあげても良いですよ。

そして、落ち着いている様子でしたら、
ワンちゃんの前足の方の膝を立てて、
その上にワンちゃんの前足を
乗せて下さい。

抱き抱える前の体勢でも
落ち着いていたら、
お腹の辺りに添えていた手を
お尻の方へ持って行きます。

後ろ足と前足の付け根を内側へ寄せて
包み込むようなイメージ
ゆっくりと抱き抱えましょう。
自分の胸の方へ密着、
少し乗せるようにして
自分の腰をしっかりと持ち上げましょう。

o0800060012167883453

この抱き方を子羊抱き
呼ばれていますよ。

是非慣らしとして、
練習をしておきましょう!

Sponsored Links

注意が必要な抱っことは?

530798490_0d3d445f6f_o

ここで、注意が必要な抱っこも
紹介していきます!
出来れば控えたい抱っこなので
参考程度にご覧ください。

仰向け抱っこ

これは体の作りからして、
人間の赤ちゃんのような
仰向け抱っこは、ワンちゃんの
内臓に負担を与えてしまいます。

特に食後は食べたものが
逆流しやすく、嘔吐の危険性もあります。
なるべく仰向け抱っこは避けて下さい。

肩に足をかける抱っこ

これは、ワンちゃんが飼い主さんの
肩に前足をかけていると、
飼い主さんはワンちゃんの目線を
把握し切れませんよね。

急に興奮の対象を見つけたら・・・?

ワンちゃんが興奮して、
肩を踏み台にして、力も入れやすいので
飛び降りてしまう可能性があります。

怪我をさせないためにも、
ワンちゃんの目線には
目を向けられるように注意しましょう。

前足だけで持ち上げないで!

これはよく知られていることかも
しれませんね。

ワンちゃんは鎖骨という骨がないため
前足を横には開けない仕組みに
なっているのです。

ですので、
洋服を着せる時にも注意が必要ですが、

抱っこの際にも、前足だけを引っ張ったり、
持ち上げたりすると脱臼を引き起こす
可能性もあります。

ワンちゃんの体の構造をよく理解して
負担の少ない抱き方を
心掛けて下さいね!

子どもも抱っこ上手になれる?

child-1031047__180

子どもは力も弱く、
そして力の加減もまだ上手く
出来ないかもしれません。

最初は大人が補助をしてあげて、
ワンちゃんが子どもの抱っこを
嫌いにならないように、
子どもには丁寧に抱き方を
教える必要がありますよ。

しっかり教えてあげれば、
子どもも上手に抱っこが
出来るようになります!
抱っこの仕方まとめとして
動画をご覧ください。

注意点なども説明していますよ~!

 

 

まとめ

thumb5

抱っこの仕方をもう一度見直すことで、
更にワンちゃんとの絆を
深めることに繋がればと思っています!

抱っこタイムは、
最高のリラックスタイムになることが
一番の理想ですよね。

抱き方の説明では、
足りない部分もあるかもしれませんが、
コレと言った決まりはないので、
ポイントだけでも押さえておきましょう!

ポイントのまとめ!
  • 体をなるべく自分に密着させ
    安定感を重視
  • 特にに負担をかけないように
    注意する
  • ワンちゃんが落ち着いているのを
    確認し、ゆっくりと持ち上げる
  • 仰向け、前足だけ持つ、
    肩に足をかける抱き方は
    控えましょう

 

自分のやりやすい方法があれば、
ポイントさえ押さえていれば
問題ありませんよ!

正しい抱っこの仕方を意識して、
是非ワンちゃんとのスキンシップ
楽しんで下さい^^

 

 

抱っこを嫌がる原因とは・・・?
犬が抱っこをしようとすると逃げる!嫌がる原因は?へ移動

 

 

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

N825_wankoperori-thumb-815xauto-14795

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

伊藤 千帆

伊藤 千帆

現在1児の母として、子育て奮闘中でございます!

実家にはシーズーの男の子。
そして今は可愛い子どもと愛猫と
のほほんと楽しく過ごしています。
いつも子どもには「何でそんなに可愛いの~♪」と頬にスリスリ…
けっこう親バカなんです(笑)

幼い頃から動物が大好き!!
そんな好きが高じて、ドッグトレーナー専攻で専門を卒業し、その後はペット用品店に勤務していました。

その経験を活かし、常に誰かの悩みや気持ちと向き合いたいという想いで執筆致します!
ワンちゃんのいろいろな情報を発信することで、1つでも幸せが増えますように^^