1. TOP
  2. 犬の口輪はどれくらいストレス?それ以上の効果はあるの?

犬の口輪はどれくらいストレス?それ以上の効果はあるの?

 2016/02/08 しつけ
  10,066 Views
2016y01m26d_230646405

犬のしつけに使用される口輪
無駄吠えや噛み癖の対策に効果があるといわれてますが、口輪をつけたその姿をみて
「可哀想!」
と思う人も少なくないはず。

実際につけられている犬はストレスを感じていないんでしょうか?
そもそも口輪によるしつけってどのくらい効果があるのもなんでしょうか?

犬のしつけに口輪を使おうかどうか迷ってる飼い主さん必見ですよ♪

Sponsored Links

かわいそう?口輪による愛犬への負担

2016y01m26d_230519568

犬の口輪を見ると「かわいそう」と思うのは自分に置き換えたら、うるさいからと口にガムテープでも貼られる様なものだと感じるからでしょうか?

確かに人間であれば子供や赤ちゃんがいくらうるさいからって口をふさぐことは無いし、もしそんなことをしてたら虐待で捕まってしまうかもしれません。

それでは犬にとって口輪は負担になっていないんでしょうか?

犬の口輪はストレスになる?

口輪を使うにあたって一番気になるのは、犬にとってストレスにならないのかどうかという事ではないでしょうか?

いままで自由に吠えていた犬にとって口輪は少なからずストレスはあるでしょう。

口輪反対派の意見を聞くと
「しつけもしていないのに口輪で無駄吠えを直そうなんてひどい!」
「犬が可愛そう虐待だ!」
という意見が多いですね。

確かに「犬がうるさいから口輪をする」ではかわいそうですが、それはそもそも口輪の使い方を間違えてるし、口輪をしてる犬を見て
「かわいそう」
「虐待だ」
と決めつけてしまうのも問題です。

それでは口輪の使い方について考えてみましょう。

口輪の効果や必要性とは?

2016y01m26d_230557624

勘違いしてる人が多いですが口輪は無駄吠え噛み癖を直す道具ではありません。
無駄吠え、噛み癖を直そうと思ったらきちんとしつけをする必要があります。

では、口輪の効果や必要性ってなんでしょうか?

犬の口輪は強制的に口を開きにくくすることで一時的に無駄吠えや噛みつきを防止するものです。

「しつけさえきちんとすれば口輪なんて必要ない」
という人もいますが、犬の性格によってはしつけが思うように進まなかったり、しつけの途中という事もあるでしょう。

また、老化による痴呆の症状で吠えたり噛みついたりする場合は、もはやしつけがどうとかいう問題でもないですよね。

そんな時でも周りに迷惑をかけずに散歩をしたりでかけるために一時的に使うための道具というわけです。

犬の無駄吠えを直すには?

犬の無駄吠えを直すには、犬が吠えて要求することに応えない事です。

吠えている間は知らんぷり。
吠えるのをやめたタイミングでご褒美としておやつを与えます。

最初はなかなか思うようにいかないと思いますが、根気強く続けましょう。

犬の無駄吠え対策はこちらの記事でも紹介してます。
→犬が遊びながら唸る!その理由は?

犬が噛む時の対処法は?

犬が噛むというのは飼い主との主従関係が逆転している場合がほとんどです。

まず、犬が噛んだ時は強い態度で
「ダメ!」「痛い!」
と伝え遊びなどスキンシップを中止します。

主従関係を築くためにはリーダウォークが効果的です。

リードを短めに持ち、犬は飼い主の横で並んで歩かせるようにします。
飼い主より前に出たり、リードを引っ張った時は歩くのをやめ反対方向へ歩き出します。

これを続けることで犬が飼い主の様子をうかがいながら歩くようになります。

主導権は常に飼い主にあるという事を覚えさせるわけです。

最初は室内で練習してもいいですね。

Sponsored Links

口輪を嫌がるわんちゃん向け!付け方の簡単なコツ

2016y01m26d_230721421

犬が口輪をつけるのを嫌がるときに簡単につけるコツを紹介しますね。

いきなり口歯をつけるのではなく、まずは口輪に慣らす必要があります。
口輪のにおいをかがせたりして口輪がどんなものかを確認させます。

次に口輪のなかに犬が好きなお菓子を入れてみましょう。
口輪に顔を入れておやつを取ることで口輪が怖いものではないんだという事を学習させます。

こちらの動画で口輪のつけ方を紹介してるので参考にしてください!

まとめ

犬の口輪についておはなししてきましたがいかがでしたか?

口輪は無駄吠えを直すためのものではなく、一時的に吠えたり噛んだりできないようにするための道具です。
無駄吠え、噛み癖には別にきちんとしたしつけをしてあげましょう。

参考になれば幸いです^^

 
こちらの記事もおすすめです。

犬の寿命に関する記事はこちら♪
→犬のミックスはどれくらい寿命が短いの?遺伝子が関係していた!

愛犬の気になるしぐさに関する記事はこちら!
→犬がなめるのには意味がある!手をなめる時は?

うちの子もしかして痴呆かも…?と思ったら…。
→犬の痴呆にサプリが有効?症状や治療法もくわしく紹介!

犬の予防接種についてはこちらをチェック♪
→犬の注射!ノミダニ予防薬やフィラリア予防って必要?

Sponsored Links



愛犬の保険は入ってる?今はペット保険が月700円台〜♪

愛犬の健康、心配ですよね?実際に保険会社が調査した結果、
ペットが5歳になるまでに手術費用を請求する確率が80%というデータが出ています
※手術費用の平均はなんと151800円!

けどペット保険ってどんなサービスがあるのかよく分からない!
というのが現状じゃないでしょうか。

・保険料が高くつきそう
・使わないともったいない
・どの保険がうちの愛犬に合うのかわからない

などの悩みありますよね?

そんなあなたにはペット保険の資料一括請求がおすすめです。


・かんたん入力で各保険会社の違いがスグにわかる。
・自分の愛犬の健康状態に合ったプランが探せる。
・複数の保険会社間のサービスを比較できる

など、ネットで申し込むだけで、愛犬にピッタリな保険がわかります。


月々700円台から入れるペット保険の資料を無料請求する♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

わんちゃんといっしょの注目記事を受け取ろう

2016y01m26d_230646405

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

わんちゃんといっしょの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

あしの

あしの

結婚と同時に飼い始めた我が家のシーズー犬(♂)も6歳になりました。

子供が産まれると愛犬中心だった生活スタイルも変わりつつあり、小さな子供とワンコとの共同生活は大変なことも沢山ありますが、それ以上に毎日癒しをもらってます♪

子犬の頃から皮膚トラブルを始め、何かと病院にお世話になることが多かった我が家のワンコ。

その経験も活かしながら、ペットと楽しく暮らすために参考になる記事を書いていきたいと思います^^

コメントを残す

*

CAPTCHA